2020/08/03~09 料理

8月3日-夜

肉豆腐、かぼちゃのスープ.トースト
妻作 肉豆腐、かぼちゃのスープ.トースト.う~ん、イエロー!

8月4日-夜

冷やし中華
妻作 冷やし中華中華.黄色分はかぼちゃを使用

8月5日-夜

オムハヤシ
オムハヤシ.オムを作っている際中なかなかひっくり返らず苦戦

8月7日-夜

ズッキーニ・ナスのカレーライス
ズッキーニ・ナスのカレーライス.ナスは水ナスを使用.水ナスはとても調理が楽である.

8月8日

朝(パンケーキ)

セルクル新作(左)
今まで使ってきた五角形のセルクル(右側)は、膨らんだパンケーキ生地よりも高さが
低かったので、新たに、オーブントースターに干渉しない程度に背を高くした五角形の
セルクルを作った.

パンケーキは失敗…

イワシのどんぶり、レインボーサラダ
イワシのどんぶり、妻作 レインボーサラダ.
レインボーサラダに使ったアボカドは外見完熟したかに見えたが中はまだ固かった.

カツオのパスタ&焼きナスのヨーグルト乗せ
妻作 カツオのパスタ&焼きナスのヨーグルト乗せ.青のりでもいいけど、オカヒジキが良い
アクセント

8月9日

モンティクリスト、コンソメスープ、サラダ
モンティクリスト、コンソメスープ、サラダ(一部レインボーサラダ流用).
食パンは既に完成されている所からスタートするので、安定した仕上がり^^;

なすとえびの中華風のご飯
妻作 なすとえびの中華風のご飯.夏らしい色どり.スープが赤いのはビーツ使用による(おしるこ
にあらず)

2020/08/07~09 メダカ卵~稚魚をスチロールコップで飼育中

メダカが沢山卵を産むようになった.本格的な繁殖の試みは来年するとして、
どこまで資材を節約してメダカ稚魚を育成できるか、卵を2粒取り出して試してみた.

8月7日-約1週間で孵化

8月8日-2匹目孵化

次に生まれた方は黒っぽい
拡大した様子を撮っていなかったが、次に生まれた方は黒っぽい.
スチロールコップの壁に向かって盛んに泳ごうとするので、目隠しの為黒い紙を巻いた.
また、もう一つのスチロールコップを使って、引越の要領で水替えを実施.

8月9日

ベビー用餌をすり潰して更に細かくして与える
与えている餌はベビー用だが、それでも生まれたての稚魚の口には大きい粒が多いようである.
そこで、スプーンと耳かきでこの餌をすり潰して与えてみた(2匹しかいないので与える量は
耳かき10分の1杯位か).食いつきは良さそうである.

2020/07/27~08/01 料理

7月27日

モンティクリスト
再びモンティクリスト.お仕事の日の朝でも結構お手軽にできて良い.

餅焼き+納豆の定食
妻作、餅焼き+納豆の定食.青のりが香り、アクセントをプラスしている.

7月29日

アユの塩焼き定食
妻作、アユの塩焼き定食.天然?養殖?美味いものは無関係に美味い.

7月30日

アスパラのパスタ・豆乳スープ
妻作、アスパラのパスタ・豆乳スープ.疲れた体に染み渡る、良いカロリー補給.

7月31日

デミグラスソースオムライス
久しぶりにデミグラスソースオムライス.デミグラスソース、個人的には1人前を2人で
分けるのがちょうどいい感じかな.

8月1日

朝-パンケーキ

生地がヒーターに触れそうな位に膨らむ
今回のチョイ足しは黄身側の生地にマヨネーズとヨーグルト.メレンゲ側にはレモン汁を
3滴添加.あと、黄身側は粉類を入れる前によく泡立てた.これらが功を奏したのか、焼いている
最中、生地がヒーターに触れそうな位に膨らむ事態が発生.
パンケーキの一部が焦げる
オーブントースターの扉を開ける際、連動してパンケーキの載る台が少し上方へ動いたせいで
ヒーターに触れたか、パンケーキの一部が焦げてしまった.少ししぼむのを待った方がいいの
かな.カットした感じは今までにない位ふわふわしている…
盛り付け
盛り付け
厚みは2cmを軽く超えている
断面、いままでは油に浸ったような濃い黄色の領域があったが、今回はなし.厚みは2cmを
軽く超えている.焼き上がりの取り扱いはともかく、今までになく上出来かな.

こんもりサラダ+味噌漬け豚焼きのご飯
妻作、こんもりサラダ+味噌漬け豚焼きのご飯.asahamaはサラダのトッピングに某暴君
を加えるのが好みである.

2020/08/02 コクワガタ雌再び姿を現す

約1.5か月ぶり

地上に姿を現したので確保
産卵用ケースの地上に姿を現していたのですかさず確保.産卵に勤しんだのだろう、
符節に欠損が見られる.
新鮮な昆虫ゼリーを食べたかったらしい
新鮮な昆虫ゼリーを食べたかったようだ.近日、住んでいたであろう山に放してやろう.
そこでまた卵を産むかも知れない.

(2020/8/9 追記)山に放した.

2020/07/29~08/02 オナガミズアオ営繭

7月29日

7月30日、31日

30日の夜に2頭が、そして31日にも新たに2頭が「あがり」を迎えた.
ガットパージし、ワンダリングを始めるのを見計らって営繭用ケースに移すのだが、
そのタイミングがほぼ例外なしに未明である(ついでに言うと夏型成虫の交尾時間帯
も未明である).このままではasahamaの睡眠負債がたまって仕方がない.
交尾関連の作業はとりあえず仕方ないとして、営繭時の作業は横着できる工夫を
しないといけないかな…

8月1日

最後の個体
幼虫最後の個体.日中はまだ盛んに葉を食べていたが…
食事はもう満足
(18時台)「食事はもう満足」という雰囲気で佇むようになった.
4対の疣足の片側が宙を掴んでいる
よく見ると、4対の疣足の片側が宙を掴んでいる.いつも律儀に両側で挟んでいる
訳じゃないのね.リラックスしてる?

8月2日

最後の個体も営繭に
未明に、最後の個体も営繭に入った.「今回」(今年とは言っていない)のミズアオ幼虫
飼育はこれで完了.

多分、お盆休み末に羽化が始まると見た.