「植物」カテゴリーアーカイブ

2022/06/16 玉ねぎ近況

黄玉ねぎも開花

(泉州中高黄)花粉は黄色

赤玉の極みの花の状況

大きい花序は手のひらに収まらない大きさである.雄蕊の枯れが目立ってきた.とりあえず見に行くたびになでて授粉を行う.ハエらしき昆虫が訪花する様子も見られた.

倒伏進む

薹が立った株以外はほぼ全て倒伏したが、まだ葉は枯れてきていない.もう少し待とうかな?

2022/06/02 タンポポのアザミウマについて

正体は?

葉が衰退しだしたタンポポの葉にて.小さすぎてこれ以上大きく写せない.成虫は腹部を弓なりに曲げる事が多く、幼虫は透き通った白で内部が黒く、腹端には黒い滴を付けている事がある.近くを通りがかるアリ(トビイロシワアリ的な形)はこの虫を獲物とは見なしていない様子.ネットの海で調べて浮かんだ予想は、クリバネアザミウマ.

2022/06/05 追記

もうちょっとだけ良い画像が撮れたので追加.クリバネアザミウマの疑い強まる.

2022/06/01 玉ねぎ(赤)花粉確認

(赤玉の極み)これで授粉できるかな?

花粉、ちょっと緑っぽいんだね.

雨に当たる前に雄蕊を無作為に20本摘み取り、紙に包んでキープ.多分、2・3日後には雌蕊が伸びて来るのでその時の授粉に備える.

※2022/06/07 追記

ピンセットで葯をつまんで雌蕊に・・・というやり方は余りにも大変なので梵天で、しかしいまいち花粉が乗らないので手のひらで撫でる方式に落ち着いた.

2022/05/31 玉ねぎ開花

黄玉ねぎはもうすぐ

(泉州中高黄)苞が割れてきた.

赤開花.しかし

赤玉の極み.咲いた花をよ~く見るが、花粉はまだ出ていない模様.出るの?花粉

玉の太りはそこそこかな

倒伏も進んできた.葉が枯れてきたら収穫しよう.

2022/05/22 セントポーリア授粉

コンコルドを種子親として再挑戦

花粉取り出し

「ワイン色」が数年ぶりに咲いた(なぜか寸詰まりだが)ので、まずはこの花から花粉を取り出す.
葯の1つをピンセットで引きちぎり、ピンセットの先で少し潰すようにして花粉を出して、ピンセットの先に花粉をこびり付かせる.

コンコルドの花を選ぶ

コンコルドは咲き始めてから大分経つ.先に咲いた方は花弁がくたびれたようになり、雌蕊の先(柱頭)が潰れて曲がったようになる.このような花では授粉しても上手くいかないだろう.柱頭が丸く膨らんでいればきっとOK、時間が経つと柱頭は2本に分かれるようだが、この状態の方がもっといいかも.

授粉中
授粉した花には、目印として緑の糸を結わえておく.
全部で8個の花で授粉した.

実は、この組み合わせで種取りに挑戦するのは2回目.1回目は子房が途中でしぼんでしまい失敗に終わっている.株の状態が成否を左右していると見ているが、今回はどうだろうか?