「ラン」タグアーカイブ

Den. falconeri 再びきたる

再びチャンスを頂く

神奈川の蘭屋さんより蘭をお送り頂いた.上下に株姿が長い事の反映だろう.入れ物も長い!
段ボール、発砲シートを開くと・・・紙屑が大量に出てきた.なるほど.

紙屑を除いていくと・・・おお、いたいた.コルクのような板についている.

全体像.花も大変美しいのだが・・・この乱雑さもasahamaの好奇心をくすぐるものがある.「あんたは一体どんな生き方をしているの?」的な.前回は無理解から残念な結果を招いて、心を入れ替えてまた挑戦したいと思っていた所再び機会を頂いた次第.神奈川の蘭屋さんには感謝申し上げる.

2022/11/12 蘭類植替え

セロジネ マルモラータ

「水苔・素焼きなら無難」と考えていた時期があった.だが、この根鉢の様子を見るにそうではないと思うに至った.やはり環境、管理人の事情に即したやり方というものがあって、それは植え込みついても同じという事.水が不足がちなら水持ちの良いシステムに即座に変更.水苔からバーク・鹿沼に変えたのは、水やりの目安を判りやすくというのと、長持ちしそうという2つの思惑から.バークと鹿沼のブレンドにしたのは・・・植え込み材も「一様」より「多様」の方がいいでしょう?という思惑から.

セロニステレ リチャードシーも

根鉢を確認すると、購入当初から根が回っていない事が判明した.こちらもセロジネ マルモラータと同様の組み合わせのシステムに植替え.

2022/11/12 胡蝶蘭コルク板を水平に

水やりの都合上

蘭バスケットの要領で、胡蝶蘭のコルク板をこれまでの垂直から水平へ、向きを変える事にした.

理由は水やりに.これまでの垂直向きだと与えた水がどんどん下へ流れ落ちてしまい、効率がよろしくなかった.水平ならこれまでより留まってくれる水の量が増える.水平になった事で、胡蝶蘭の葉が横を向く事になってしまったが、じきに修正するだろう.

2022/11/03 デンドロキラムも仕立て直し

こちらもモリモリになってしまったので・・・

この春鉢増しした3.5号鉢はいささか窮屈だった模様.4号(プラ)に植え替えるとしよう.
鉢からはあっさり抜けた.大して鉢に根は張り付いていなかった模様.
新しい鉢に仮に入れて大きさを確かめる…あれ、これでは1年持たないかも…^^;
元の半分以下の根鉢を用いて植え付け.さて残りは…捨ててしまうか、誰かにあげるとしよう.できれば後者で) ※2022/11/06追記:会社の植物好きの方に譲渡できた.良かった.

2022/10/16 セロジネ オドアルディ植替え

植え付けて3年11か月弱経過

このバスケットに植え付けたのは2019年11月30日.初冬だったんだな..表面にはコケ・藻がはびこり、植え込み材は結構傷んできているように見える.リードも縁に接近しているのでそろそろ植替えだな.尚、今年は開花なし.
バスケットから株を外す.根鉢は微妙にできているような?
古いバルブ3つ分の匍匐茎を切り離す.
根鉢の整理はこの辺りまでにして、植え直す.
ここまでうっかり過程の撮影を端折ってしまったが、まずは①麻布(根巻テープとも)を敷いて、バスケットからの土こぼれを防いだ上で、②株を固定する為のビニタイをバスケット底から上に出しておく.③株をリード側が広くなるようバスケットに鎮座させて、ビニタイでバックバルブの境目を狙って株を固定させる.④隙間に鹿沼2+バーク1のブレンドを入れる(↑画像).
用土を足し終わった所.これからは、傷みの早い水苔ではなく、鹿沼+バークによる植え込み材を使用していく方針.
ぶら下げ準備完了

2022/10/01 レリア アンセプスの花茎観察

アリが集っておるが?

花茎の先に集まっているのはアミメアリ.レリアの鉢の中に巣を構えていると見られる.どうやら花茎の先から分泌される蜜を摂っているようだ.このおかげなのか、花茎の先はいつもなら蜜でテカテカしているのが、今回はテカテカしていない.なるほど、24時間蜜が拭き取られているようなものか.レリアにとっては好都合?

2022/07/20 植物

アングレカム開花

Angraecum didieri 割と毎年咲いてくれる.現在は1年に1花だが、脇芽が育てば花数は増えるかな?

ラン 新入り

茨城町の蘭園にて購入.アルメニホワイト(Phaphiopedilum Armeni White).見本の株が涼しげに白の花を咲かせている様子を、妻が気に入ったので.

2022/05/02~04 植物

5月2日

顕微鏡でポインセチアの花粉を観察.品種:スターゲイザー.レンズ・・・対物レンズ:10/0.25. 160/0.17 接眼レンズ:WF10x16mm.へえ、こうなっているのか

5月3日

セッコク開花

今年も沢山咲いてくれた.

リトープス屋根付け替え

透明プラ板ではすぐ劣化するので、今度からは鉢底ネットにする.もはや雨除けの意味は無いが、雨に当たっても特に問題無さそうだし、上からの落下物が防げればいいや・・・という事で.

5月4日

セロジネ フィンブリアタの観察

匍匐茎から伸びている根が、バスケットを目指して伸びているように見える.

2022/04/30~05/01 セロジネ新入り

4月30日、ミニアタ来る

Coelogyne miniata 実は2度目の挑戦.1度目は数年前に遡るが、この種の性質を理解していなかった事が一因であえなくダメにしてしまった.しかし、諦めきれず再び購入(通販).今育てているセッコクからヒントを得たが、どうやらこの種を育てるには鉢・着生材などあって無いようなものと、割り切る姿勢が必要と見た.なので今度は無理に植え込まない、くっつけないを信条に臨む.ブッシュみたいなイメージかな?

5月1日、バスケットに植え付け

そうはいっても着生植物には違いないので、拠り所は必要なことは必要.という訳でこのあいまいな要求を満たすべく、落ち枝を組んで作った背高のっぽなバスケットに収めて、根鉢部分だけを水苔で満たした(安全の為、根鉢は崩さない).新芽はバスケットの上に伸び上がってもいいし、隙間から突き出してもいい.根はバスケットに絡んでもいいし、空中に伸び出してもいい.水はたっぷりと.そんな大らかな考え^^;