月別アーカイブ: 2021年10月

2021/10/26~28 料理

10月26日-夜

妻作 鮭とトマトときのこのアクアパッツァ.気分はイタリアン・・・「アクアパッツァ」の意味ってちょっとびっくり.

10月27日-夜

鯵の塩焼き定食.ワクチン副反応で重い気分であっても楽に作れるありがたい料理.

10月28日-夜

妻作 豚肉のサルナシソース.再びヒレ肉が安かったという事で2回目.フルーティーで濃厚なソース(バター増量)がとても食欲をそそる.

2021/10/23,24 富岡・下仁田

10月23日-富岡

富岡市立美術博物館

特に、富岡と縁の深い蚕をモチーフとした猫様の作品が印象的であった.他にも、地元の高校生たちのフレッシュな作品群も見れて心もフレッシュな感じとなった.

富岡製糸場

建物の素材.構成共に、とても味わい深いものがあった.また、割と最近まで稼働していた気配も感じる事ができた.尚、asahama的に最も注目したのは蚕の生体展示があった事^^.

10月24日-下仁田

荒船風穴とその周辺

自然環境を巧みに利用した貯蔵施設であった事が伺える.風穴の冷気はこの時期パワーダウンしているとの事.初夏の時期にまた出向いてみたい.

神津牧場

あいにく放牧されている牛達は見られなかったが、牛舎にはジャージー牛の子牛・若牛達が沢山いらした.天気にも恵まれとても良い高原の風景であった.

2021/10/21~22 料理

10月21日-夜

鶏むね肉のガーリックバター醤油ソテー.意外と柔らかく仕上がる模様.香り高くてGood.

10月22日-夜

妻作 豆乳シチュー.市販のルーを使わない仕様.豆乳の守備範囲広し.

10月25日-夜

妻作 厚揚げのきのこあん、ハヤトウリの冷菜、サンショウ風味.ハヤトウリは時々見かけていたが食すのは初めて.醤油・ごま油・サンショウの三種の風味がいい感じ.

2021/10/21~23 モンキアゲハ・クロコノマ近況

10月21日

モンキアゲハ

蛹化を終えた1頭目はこんな姿に.芸術的!

クロコノマチョウ、食糧逼迫

しばらくの間イネで成長していた幼虫達であったが、だんだん満足に食べられるイネの葉が無くなってきた.そろそろ引っ越しが必要そうだ.元のメヒシバベースの飼育環境では量的に満足してくれないだろうし、さてどうしたものか.

10月22日-クロコノマ引っ越しへ

以前メヒシバと併せて「お遊び」として採取したススキの葉が思ったよりも日持ちしたのを思い出した.ならばと、ススキの葉Onlyでの飼育を試すことにした.何枚かを茎を着けない状態で切り取り、水の入ったボトルに挿すだけというシンプルなもの.幼虫がボトルの水に落ちないよう小さく切ったスポンジで隙間に栓をしておく.
全ての個体を一度に移すのではなく、まずは、うろついていた1頭をパイロットとして送り込んだ.

10月23日-クロコノマ体長計測、全員引っ越し

ある個体の体長4.5cm.まだまだ成長の余地がありそう.ススキボトルに移した個体は落ち着いて摂食しているのを確認した上で、イネに残っていた3頭を全てススキボトルに移した.

2021/10/18~20 モンキアゲハ・クロコノマ近況

10月18日

モンキアゲハ1頭目前蛹へ

一晩中歩き回り明け方ようやく場所を決めたという体

10月19日

モンキアゲハ1頭目前蛹化

前蛹となっていた.昨日の時点ではなかった糞らしきものが尾端から糸でぶら下がっている.ちょっと心配

この日の朝2頭目が脱走している事に気づく.昨夕の時点ではじっとしていた.1頭目のガットパージは夕刻であった為、ワンダリングは次の日の夕刻だろうと思い込んでいたのが失敗だった.

しかし夕刻、捜索の結果部屋の隅に置いていたガラス板にいるのを発見.体は縮んでいたがまだ糸座や糸の輪は作っていなかった.ひょっとするとまだ移動できるかも・・・とあえて蛹化に不適当な角度にして1時間以上様子を見てみた.

しばらく経つと幼虫はまたいそいそと移動を始めた.どうやらまだ間に合いそうだ.

蛹化タワーに早速移す.光で透かすと睾丸らしき影は見当たらない.雌と見た.

夜半近くなり場所を決めたようだ.意外とよく歩いた.

10月20日

モンキアゲハ前蛹化・蛹化

朝、糸掛けをしている.
以前からasahamaは、アゲハの幼虫はなぜ糸の輪をいつも第二・第三腹節の間に通せるのか?と疑問に思っていたが、この画像がヒントになりそう.糸の輪は作成時点で既に半ば第二・第三腹節の間を走っているのだ.
糸の輪をくぐった所.

夕刻、1頭目が蛹になるのを確認.

いよいよ殻を落とす段になってトラブル発生.蛹の尾端が糞がぶら下がっていた糸を挟み込んだ影響か、殻を落とせなくなった模様.

ピンセットで殻・糞を引っ張って除去.どうにか蛹化は無事完了した.

クロコノマチョウ

1頭が水に落ちて水死しているのを確認.なぜ落ちたのかは不明.ちょっとやそっとで落ちるような種ではないのだが・・・ 生き残りの体長4.5cm位