2016/04/18~24 料理・植物

~2016年4月18日から24日までの記録~
<料理>
料理
 ブロッコリー、冷蔵でも「あし」が早くなってきた.

<植物>
屋外移動待ち 気温が上昇し、寒さに強い株から順次屋外へ移動中.

モクレン 発芽 越冬を果たしたモクレン、発芽が始まる.

Coel.ニティダ 蕾 セロジネ・ニティダ
2つの芽それぞれで花茎が伸びている.当初は花茎持ちは1つだけだと
思っていたが、これは意外であった.

シャクナゲ発芽 シャクナゲも若葉を伸ばす.
植替え、日当たり、肥料が功を奏したか、古い葉よりも大きな若葉である.

Coel.ミニアタ セロジネ・ミニアタ
着生開始から2ヶ月が経過.着生材は常に湿っていれば良いと思っていたが、
根と芽に動きが見られず、バルブに一層皺が寄ってしまった.
どうやら最初は新しい根と芽を生やしてもらう必要がありそうだ.
最後の手段として、湿した水苔と共にジッパーに入れて様子を見ることに
(セロジネ・フィンブリアタを復活させることができた方法である).

2016/04/11~17 料理・植物

~2016年4月11日から17日までの記録~
<料理>
料理

キャベツの外葉は、緑が濃く、いかにも「体に良さそう」である.

<植物>
モミ 発芽
芽生えが始まっていたモミ、4枚の子葉を展開した.日立市採取・播種の10粒の種のうち、
発芽に至ったのは今の所この1本のみ.

バルボ 花芽? バルボフィラム.マコヤナム
一つだけ芽が動いているが、妙に細長い.もしかすると花芽かも知れない.

Coel.フラクシダ 花茎 セロジネ.フラクシダ
購入から2年程経つが、ここに来て初めて花茎が現れ、伸びている.

Coel.マルモラータ 植付1
ジュースピッチャーに巻いた紐が十分湿ったので、手始めにセロジネ.マルモラータを
付けることにした.
Coel.マルモラータ 植付2 Coel.マルモラータ 植付3 Coel.マルモラータ 植付4
これも購入から2年程経つが、生育がとても鈍い.根を見るとあまり張っていない.
これを機に回復なるか.

Paph.プリムリナム 開花1 Paph.プリムリナム 開花2 Paph.プリムリナム
2輪目開花

2016/04/04~10 料理・植物・工作・オナガミズアオ

~2016年4月4日から10日までの記録~
<料理>
料理
 ニシンはあまり見かけないが、大きさの割に骨が柔らかく、味も良い.
玉ねぎ1/6使用
玉ねぎが傷む前に食べきれるよう、これまでの1/8から1/6ずつ食べるよう改め
たが、均等に6等分ずつ切り出すのは結構難しいと、切り始めてから気づく.

<植物>
キリタ・タミアナ 開花 キリタ・タミアナ
またまた咲く.今度は1つの花茎に6つも花/蕾がついた.葉の間にはまだ複数の
花茎が控えている.とても優秀な子なので実家へプレゼントに.

セロジネ麻紐付け1
セロジネ・クリスタータを付ける予定の、麻紐を巻いたサインスタンドに十分水
が行き渡ったようなので、植え替えることにした.
セロジネ麻紐付け2 セロジネ麻紐付け3
根鉢を改める.去年のバルブの出来で察した通り、根の張りは貧弱であった.
水が好きな割には結構傷みやすい根のようだ.
セロジネ麻紐付け完了 麻紐で縛り付けて完了

Coel.カリアナ 新葉 Coel.カリアナ 黄葉 セロジネ・カリアナ
新しい葉が伸びている最中、古い葉の1枚が終わりを迎えようとしていた.
同じバルブのもう一枚の葉はまだ健在の模様.器用に葉を落とすものだ.

Paph.プリムリナム パフィオ・プリムリナム
新しい蕾が咲きそうになった時の事、しなびかけていた花がポロリと落下した.
パフィオの花の終わりを初めて目の当たりにし、少し驚くアサハマであった.

Paph.アルメニアカム パフィオ・アルメニアカム
鉢の大きさは変えず、植え込み材のみ新しくする.

ヒッペアストラム植替1 ヒッペアストラム植替2 ヒッペアストラム植替3
アマリリス(ヒッペアストラム)を鉢増しにて植え替えを行った.状態は良好で、
新葉が顔を出している.

ユリ、クンシラン外へ スカシユリ、君子蘭は外での管理に移行

吊り下げ金具作成
ヘゴ・コルク付けの蘭用に、支柱を曲げて専用の金具を作成.

<工作>
kosaku_16.04.05-1 kosaku_16.04.05-2 kosaku_16.04.06-1
ジュースピッチャーに満を持して巻きつけた麻紐であったが、いまいち水を
吸い込まない.ならばと麻布を挟んで再び巻きつけたが効果は見られず...
水をよく吸ったパターンを見ると、どうやら編み込みの固さはむしろ緩いよう
なので...
kosaku_16.04.06-2 kosaku_16.04.08 kosaku_16.04.10
編んでいた麻紐を編み直すことにした.
編み込みが固くなり過ぎないよう、三つ編みをベースとしたシンプルな5つ編み
を改め、より平たく幅が広がるような5つ編みを採用.
効果があったのか、昼下がりにセッティングしてその日(4月30日)の夜には水の
浸透が全体の3分の2程まで進んでいる.

<オナガミズアオ>
季節は廻り、眠っていた蛹を取り出す時が来た
gnoma_16.04.10-1 ♀の蛹はどれだけあるだろう?羽化の助けも兼ねて
繭を開けて調べてみる.
1つ目
1つ目.体の大きさが明らかに小さく、確信を持って♂と言える.
2つ目 3つ目 4つ目
5つ目 残り4つは大きさが似たり寄ったり.
触角を見ても違いがよく分からない.この4つはどれも♀に見えなくもないが、
実は全て♂だったりして...
羽化準備蛹は個別に羽化用の入れ物に.
向かって左の大きな網かごは100円ショップで見つけた洗濯籠.この大きさなら
暴れても羽などを傷めずに済むかも.こちらには一番♀っぽく見える蛹を入れ、
更に、便吸い取り用の紙、風で容易に動かないよう小石も入れておく.
他の蛹は昨年も用いたペットボトル製の入れ物へ...

順調にいけば約2週間で羽化が始まる見込みである.

2016/03/28~04/03 料理・工作・蘭

~2016年3月28日から4月3日までの記録~
<料理>
料理

・年に一度(多分)のツクシ導入(4月2日)
・オートミールにグレープフルーツとキウイフルーツを併せてみる(4月3日).
キウイフルーツの方が相性が良い印象だ.

<工作>
麻紐の可能性を見るため色々トライ中
着生材 空き缶ver
空き缶に合うよう曲げた針金に麻紐を巻きつけたもの.ナゴラン等
小型の着生蘭を想定.

水が行き渡らないA サインスタンドver
設置から1週間程経つが水の浸透が半分程に留まっている.改める必要がある.
内部確認 吸水性強化 サインスタンドver(改良版)
(左画像)紐の固定の為、紐の一部をサインスタンドの隙間に挟み込んでいた.
これで水の導通が妨げられていたのかも
(中画像)紐を一度外し、水の導通・保水性を高める為、麻布を巻く.
(右画像)三つ編みの紐から4つ編みの紐に替えて巻きつける.編む本数を
増やせば水を先まで通す能力が増すはずだ.
また、紐は継ぎ足し部を無くす為、予め長めに作った.

水が行き渡らないB ドリンクピッチャーver
紐の継ぎ足し部を境に水の通りが悪くなっているようだ.
5つ編み
紐を十分な長さ(10m程)にとるのは勿論、編む本数を4本から5本
に増やして編み込み、巻き直した.

<蘭>
ナゴラン植替え1 ナゴラン植替え2 ナゴラン植替え3
着生材空き缶verに十分水が行き渡ったようなので早速ナゴランをつけてみた.
(中画像)鉢の中を改める.根の状態は良好
(右画像)麻紐を使い固定
このナゴラン、冬中ベランダに置いていたにも関わらず花芽らしきものが動いて
きている.思ったよりもかなり逞しい.

Coel.メモリア フクバ植替1 Coel.メモリア フクバ植替2 Coel.メモリア フクバ植替3
花が終わったセロジネ.メモリア フクバを一回り大きい鉢に植え替えることにした.
(中画像)根の状態は良好.水苔も傷んでいないようだ.
(右画像)根鉢は崩さず新しい水苔を少し巻くにとどめた.
Coel.メモリア フクバ植替完了 植替え完了(3号鉢)

ホンコンシュスラン植替1 ホンコンシュスラン植替2 ホンコンシュスラン植替完了
湿した水苔が余ったので、ついでにホンコンシュスランも一回り大きい鉢へ植替.
水苔の状態は悪くなかったので、こちらも根鉢は崩さず新しい水苔を巻くに
留めた. 根は少々増えたようだが、それよりも相変わらず根茎が目立つ.
4号浅鉢に植え替え完了