2019/03/13,14 オオバヤシャブシ受粉す

雄花を採取

上:ウチの、下:採集したもの
上2つがウチの鉢植えから切除した雄花.下が近所の大木から採取した雄花.大きさが断然違うね.
これが「資本の差」と云うのか・・・.

葯が開いたので受粉

受粉の様子
雌花の脇で雄花をちょんちょん叩くとふわっと花粉が飛び出す.雄花を風上に配置するのがポイント.
積もった花粉
ちなみに、葯が開くまで雄花を置いていたペーパーは、黄色く化粧なさっていた.悪いが、
この花粉達は慎重に処分した.

2019/03/11,13 貝類近況

タニシ (3月11日)

タニシの殻を舐めるタニシ
タニシがもう一匹のタニシの殻に付着したデトリタスを舐め摂っている.成る程、殻の表面の毛は
別のタニシに食糧を与える為にある…いやいや、まさかね^^;

ハマグリ (3月13日)

水管を出すチョウセンハマグリ
最近は餌を与える機会が少々減っているかも知れない.殻の成長が滞っているように見える.
ハマグリよ、すまぬ.一度の投与量・・・2.5mLから3.0mLに変更

asahamaは生活拠点を変えます.

これまで貝でありながら人の皮を被り、単独生活してきたasahamaですが、
対となる人間ができた事を受け、7年程棲んでいた拠点を変更する事になりました
(場所は日立市内から変わらず).その手続きの為次のメインの更新が少々延びるかも
知れません.

今後投稿していく記事についても、多少なりとも変更があるかと思います<(_ _)>.

2019/03/05~09 ハマグリ・タニシ

ハマグリ

身は元気そうだが、殻の表面が剥げてしまった原因を知りたい・・・(+_+)

タニシ

3月9日

水底を漁る子タニシ
殻の表面に生える毛は、稜に沿ってまつ毛の如く並んで生えている.
27秒辺りで口に運んだ餌は、鰓で捉え、輸送したデトリタスかも.

2019/02/26,03/02 タニシ近況

2月26日

換水中2019.02.26
換水の間待ってもらっている状態
タニシ19年1月3日(殻を拭いた後)
ちなみにこちらは1月3日の頃.この頃に比べてはっきり大きくなったし、色も濃くなった事が判るだろう.

3月2日

2匹食事のツーショット
微妙にグラデーションの効いたチョコレートのような殻、細かな水玉模様の身とは、タニシは何と
おしゃれなデザインなのだろう.asahamaのタニシへの好感度はうなぎ上りである.

今の所、近くの川からデトリタスを採取できている事が、タニシ成長の大きな要因
だろう.一年を通じてこのような餌が採れるかが今後のポイントだろう.

出水管からフンをポロポロと.※水槽壁面に色々付着物がありますが御了解賜りたく…^^;