2024/06/15 カナブンら近況

クロカナブン

マット中央が大きく窪んでいる.

幼虫掘り出し.気持ち黄色っぽくなってきたかな?

まだまだ食事を摂りそうなので新しいマットを敷く.保湿は不要と見てラップはとりやめた.

(ナミ)カナブン

先週雄が4頭出てきて以来新たな出現が無いので、期待はしていないが確認の為ケースを全部空けてみる.

繭玉が出てきた.これは大きな穴が空いており成虫が脱出した模様.

こちらは残念ながら蛹化不全で死んでしまった方の繭玉.もうここに生存者はいないと思っていた所…

残り一つの繭玉から成虫が這い出してきた!(動きが速くてその時の写真は撮れず) 性別は雌.見た所不全は見当たらない.幼虫飼育で使っていたケースをそのまま利用して収める.累代が繋がる見込みが残った.

アオカナブン

(画像なし)ケース側面・底面で動く姿が見られなくなったので軽く掘ってみるが幼虫は現れず.どうやら繭玉に籠った模様.

2024/06/13 続・続玉ねぎ収穫

親株以外全て抜く

主に泉州中高黄、まだ倒伏していない株もあったが、来週にはヒマワリを蒔きたいので、種採り用の株以外は全て抜いた.

カゴの内容はそこそこボリュームが増した.

玉ねぎの花にアリ

2画像のアリは同一個体.種類はクロオオアリと思われ.花を渡り歩き蜜を舐めているようだった.体には沢山の花粉が付着している.自家受粉しちゃうかな?

2024/06/13 トビイロスズメ(1)羽化

羽化ケースを覗くと、既に羽化を終えた姿が.

派手さは無いけどカッコイイ! 性別は予想通り雄.

去年の夏に父虫が飛来した宮田エリアのポイントへ連れて行って空へ差し出すと、既にウォームアップしていたようで、早速高速羽ばたきでふわりと夜空へ飛び出していった.