2024/04/14 庭の植物・虫

生物の気配が濃く

庭のあちこちでハハコグサ開花中.花を拡大すると結構きれい.食べれるか検討中.

昨秋小指の先程の球根を植え付けたスカシユリは生き延びて、昨冬播種の苗より格段に大きな葉を着けていたが、色合いや形が傍にあるハハコグサと見事に同化してその存在に気付くのが遅れた.やはり地植えだと活き活きしている.

新築時植栽のアオダモとブルーベリーも開花.

この春双葉が出たミツバ.ミツバらしい本葉が出てきた.

何かのサシガメの幼虫を発見.

2024/04/06 クロカナブン・アオカナブン・トビイロスズメ状況確認

クロカナブン

10頭全員発見されたが、この時期の(ナミ)カナブンに比べて2周り以上小さい.多分昨年末から大きくなっていない.

やはり2年がかりという事だろうか.糞の除去・マットの追加はせず、水のみ足して元に戻す.

アオカナブン

10頭全員無事.クロカナブンより明らかに大きいが、まだまだ成長の余地ありといった所.

こちらは底の辺りの糞が増えてきていたのでこれの除去・マットの追加を行い、水も足して元に戻した.

トビイロスズメ

前回の確認より約3か月ぶりになってしまったが、状況を確認すると、3頭共状態は悪くなさそう.保湿大事.蛹化・羽化までまだ時間があるのでこちらも元通りにしておく.

2024/04/02~03 ポインセチア近況

開花終了組

上から時計回りに:プリメーロ ホワイト、レッドドラゴン、プリメーロ レッド.新芽の成長を促すためバッサリとカット.

現在開花中組

ここに来てようやく開花したが、そろそろ栄養成長させたい.足並みを揃える為にこちらもばっさり行ってしまおうか・・・

2024/04/02 オナガミズアオ冷蔵庫取り出し

温い環境はもう少し我慢

羽化器の準備を済ませ、1日半程室内に置いていたが、やはり外との気温のギャップが大きく感じられたので、北側の屋外軒下に少なくとも1週間置いておく事にした.野外雄利用による累代飼育は、野外個体と足並みを揃える事が肝心なので、特に今の時期は神経を使う.

2024/03/31 カナブン幼虫手入れ

おそらくこれが幼虫時代最後の手入れ

前回の観察から3か月経ってしまったが、様子はどうだろう.

見つかった幼虫は1頭減り9頭.8頭はよく太っており、生き残った全員にて不自然な黒点も見当たらない.黒点はひょっとすると過度の高温で出るのかも.1頭欠けたのは悔しい.キノコバエが少々飛び出したがあまり気にしないことにする.

糞を除いた分新たなマットを足し、ラップの中蓋は気持ち大きめに隙間を取って蓋.次に確認する頃には繭になっているかな?