2015/03/09~15 料理・植物・オナガミズアオ

~2015年3月9日から15日までの記録~
最近は曇りがちで、晴れればぐっと暖かくなることが増えた.

<料理>
料理
 目光は、頭・内臓を除けば癖もなく美味であることを知る.

<植物>
セロジネ・クリスタータ花茎(1) セロジネ・クリスタータ花茎(2) セロジネ・クリスタータ
左画像は3/12、右画像は3/15のもの.開花が近づいている.

セロジネ・メモリア フクバ開花(1) セロジネ・メモリア フクバ開花(2) セロジネ・メモリア フクバ
先週蕾付で購入したこちらは一足先に開花.濃く深いオレンジのリップが持ち味.
4輪とも開花 次の日には4輪とも全て開花した.
クリスタータ譲りの花弁のねじれは時間の経過と共に大きくなるようだ.

coel.moo_15.03.10 セロジネ・ムーレアナ ‘ブロックハースト’
新しいバルブができつつある.

ツニア・ブリメリアナ(1) ツニア・ブリメリアナ(2) 植えつけ
押入れで越冬させていたツニア・ブリメリアナの様子を見てみたら根元に既に新芽
が現れていた(中央画像).新聞紙で遮られていたので色はまだ白い.ヤシ殻と
バークのコンポストで植えつけた.これから茎や根が伸び出してくるまでの間、まだ
水やりは行わない.
尚、この鉢に今まで植えていたクロッカス コンカラーは生育不良の為栽培を断念
した.

タイリントキソウ芽 動く タイリントキソウ植えつけ タイリントキソウ(白花)
ツニアと共にタイリントキソウも冷蔵庫から取り出し、植えつけを行った.一部の
バルブでは芽が動き出していた(左画像).一つのバルブにつき(主な)芽は二つ
あるようだ.芽が外を向くようにしつつ、バルブを鉢の中央に寄せた(右画像).

セロジネ・フィンブリアタ植替1 セロジネ・フィンブリアタ植替2 セロジネ・フィンブリアタ
この種は行儀が悪くすぐに鉢からはみ出してしまう.かといって胡蝶蘭等のように
ヘゴやコルク付けにすると水不足で弱ってしまう.そこで、鉢底ネットと水苔で
作ったタワーを鉢に立て、そこに株を這わせることにした.

ミラ・ホワイト植え替え ポインセチア ミラ・ホワイト
芽が動いてきたので黒のポリポットから一回り大きいプラ鉢(3.5号)に植え替えた.
その際根鉢を少しほぐしたら幾つかの根は既に動き出していた.

<オナガミズアオ>
オナガミズアオ繭
これまで外で冬を越していた繭は、気温の上昇による早すぎる羽化を防ぐ為、
当分冷蔵庫での保管に移すことに.

2014/10/13~19 料理・植物・工作・オナガミズアオ

~2014年10月13日から19日までの記録~
<料理>
料理
 この週はサンマの刺身を3回食していた.

<植物・工作>
セロジネ・クリスタータ
セロジネ・クリスタータの新しいバルブが、前年のものとほぼ同じ位に充実した.
クロッカス蕾 クロッカス開花1 クロッカス開花2
クロッカス・コンカラー、2株目も開花.こちらは真っ直ぐ上を向いている.一方、1株目
は2本目の蕾を上げているが、1本目に同じく横を向いている.2株目の花よりも
小さいのに横を向く・・・これはこの株の個性かも.
マスデバリア開花
夏の暑さ・ハダニの攻撃に耐え、再び開花したマスデバリア・フラグラントエンジェル
タイリントキソウ充実
親のバルブよりも大きなバルブを作ったタイリントキソウ.新しいバルブを顔に見立てると
某有名ゲームのキャラに見えなくもない・・・かな?
特製暗箱 暗箱に収納 赤味が増した?
晴れた日の朝、ポインセチアになったつもりで押入れに籠ってみたら、隙間から結構な
量の光が差し込んでいるのが分かった.そこで、黒のプラダンを使って専用の暗箱を
作った.当のポインセチアは、先週よりは赤味が増した気がするが、まだまだ全然
足りない.

<オナガミズアオ>
オナガミズアオ繭
10個の繭を確保.計画通りの数がきちんと育つのはやはり気分がいいものである.
白い繭が一つだけあるが、これが先週布にくるまっていたものである.
もう少し季節が進んだら外(ベランダ)での管理に移行予定.

2014/10/06~12 料理・植物・オナガミズアオ

~2014年10月6日から12日までの記録~
朝晩は結構冷えてきた.
<料理>
料理

今週、夜は外食ばかりであったので、作った料理はこの程度(弁当除く).

<植物>
クロッカス蕾 クロッカス蕾伸びる 横向きで開花
クロッカス・コンカラーの一つが開花.陽当たりが不足なのか、細長く伸びて
横倒しになってしまった.
色づきだした?
9月初旬より、夜は押入れに入れているポインセチア.これまでは夜の時間が
足りなかったのか変化が見られなかったが、ここに来て若葉に赤味が差すように
なった.先週辺りより、より確実に闇の長さを確保するために、夕方はこれまで
通り自然に任せる一方朝は7:00まで押入れ等で暗くしておくことに.

<オナガミズアオ>
最後の個体
10/6の朝に最後の1頭が“あがり”に.これで今年のオナガ幼虫の育成は
終了となる.

2014/09/29~10/05 料理・クロッカス・オナガミズアオ

~2014年9月29日から10月5日までの記録~
<料理>
料理
 ジャガイモはしっかり加熱してから味噌汁の具にしなければ・・・

<クロッカス>
クロッカス蕾
クロッカス・コンカラーは現在2つのみ芽を出し(全部で4つの球根)、その内1つから紫色の
蕾が顔を出している.開花間近.

<オナガミズアオ>
―老熟のラッシュ―
gnoma_14.09.29-1 gnoma_14.09.29-2
(9/29)この日の晩、1頭が「上がり」を迎える.

gnoma_14.10.01 gnoma_14.09.30
(9/30~10/01) 9/30は「上がり」は無く、10/1晩に3頭が「上がり」となる.

脱走注意 gnoma_14.10.02-2 gnoma_14.10.02-3
(10/02)昨晩「上がり」迎えた個体の内2頭は朝を迎えてもまだ排便しておらず、
出勤の都合の為枝ごと繭用のケースに入れた.このケースには営繭の為の
葉と、排便を受け止める為のクッキングペーパーを敷いてある.
この日の晩、新たに2頭が「上がり」を迎える.
生育中の個体の体長は伸びた時で7cm程であった.
2色並ぶ gnoma_14.10.04-1 gnoma_14.10.04-2
(10/03~04) 10/3未明、「上がり」を迎え、先に動き出した1頭を繭用ケースへ、
そして暫くして2頭目をケースへ・・・と、1頭目がケース中に見当たらないことに
気付く.実はこの間アサハマはケースの蓋を開けたままうたた寝をしてしまって
いた.その間にケースの壁を、別の個体の作った繭を足掛かりによじ登り、逃亡
したようであった.越冬世代の為か、この個体に限らずよく歩く.繭を作り始める
までは十分注意しなければならない.(尚、この逃亡個体は10/5に布の間で繭
に籠っているのを発見した)
10/3の晩に更に1頭、10/4の晩に更に1頭「上がり」となる.

gnoma_14.10.05-2 営繭 卵の殻カウント
(10/5)未明、9頭目の個体が「上がり」を迎えた.結構遅いタイミングであり、液状の
便を出したのは昼前(左画像).
(中画像)一足先に繭を作っている個体.葉が足りなそうにしている場合は葉を
与えてやる(時には“手渡し”で).飼育環境下ではこうした配慮も必要な場合がある
とアサハマは考えている.
(右画像)産卵用ケースに残されていた当世代の卵の殻を方眼紙にとり、数えて
みた所、181個あった.当初の結果は168個だったが、ケースに直接産み付けら
れていた卵しか数えておらず、枯葉に産み付けられていた卵を見落としていた.
卵の内孵化しなかったものは7個.孵化率は96%であった.孵化しなかった卵を
見た所、発生は進んだが、孵化しかけで力尽きてしまったように見受けられるもの
が・・・孵化は命がけなのだ.

10頭目も21:27現在食事を止めてじっとしている.今夜には「上がり」となるだろう.

2014/09/15~21 料理・植物・オナガミズアオ

~2014年9月15日から21日までの記録~
<料理>
料理
 冷凍ナガラミ、細々と消費中.

<植物>
クロッカス芽生え クロッカス・コンカラーの鉢から芽が出てきた.
アスパラガス3本目発芽
3粒蒔いたアスパラガスの3本目(円内)も芽生えた.発芽率100%の結果に.

デンファレ花茎
こちらはアスパラガスではなくデンファレの花茎.伸びる時期は去年と大体同じ.

<オナガミズアオ>
先週の記録では飼育数を10に減らしたとしていたが、実は12頭いた.
gnoma_14.09.15-1 gnoma_14.09.15-2
(9/15)最後の2齢が3齢に.
gnoma_14.09.17-1 gnoma_14.09.17-2
(9/17)4齢が現れる(右画像)
gnoma_14.09.18
(9/18)4齢が現れたので飼育に使うボトルを増やす.画像の時点では4つであった
が、この後5つまでに増やし、1ボトルあたり2頭までの体制とする.
gnoma_14.09.19
(9/19)約半数が4齢に.
gnoma_14.09.21-1 gnoma_14.09.21-2
(9/21)4齢の1頭が眠に入った.右画像は、ティッシュの栓にあった糞を
持ち上げている所.この時はなぜかすぐには捨てず、口と胸脚を使って
暫くの間くるくる回していた.
この日、2頭を逃がして今度こそ10頭までに減らした.

2014/08/11~17 料理・クロッカス・昆虫

~2014年8月11日から17日までの記録~
<料理>
料理
このラーメンはもらいもの.海苔があるだけで恰好がつく気がする.

<クロッカス>
先週はサフランを購入したが、もう少し可憐なものも(あと、種が採れそうなもの)
と思い、別の秋咲きクロッカスを購入した.
クロッカス・コンカラークロッカス・コンカラー
サフランよりもずっと小さい.これも早速鉢に植えつけた.

<昆虫>
(オオミズアオ&オナガミズアオ)
aliena_14.08.13-1 aliena_14.08.13-2 aliena_14.08.13-3
オオミズアオの2頭目が8/12に羽化していた.オスを待ちきれず、羽化より24時間以内に
卵を産んでいる.

(8/13)の昼下がりの事.オオミズアオのいるケースに入れてあるオナガミズアオの繭の一つ
にいつもと違う音が聞こえてきた.先日オオミズアオが羽化した時と同様の音であった.
gnoma_14.08.13-1 gnoma_14.08.13-2
よく見るとその繭の出口を枯葉が塞いでいる格好であったので、繭を手に取り剥がしてやる
と、動きが止まってしまった.繭の出口は少し濡れた感じだ.
暫く経っても動き出す気配が無かったので事は急を要すると判断.繭をカッターで切り始めたら
再び動き始めた.
繭からの脱出繭を手に取ったままでも動きは止まらない.
画像では見出せないが、繭の出口あたりから何やら1対の短い突起が突き出ているのに
気付く.成虫の動きに合わせてそれも動き、あたかも繭に小さな切れ込みを入れようとする
動きであった.繭の中で成虫が時々回転し、突起もそれに合わせて移動、繭にブスブスと
小さな穴を空けていく.そして、繭の出口は徐々に脆く薄くなり、成虫の白い姿がはっきり
見えてくるまでになると、一気に繭を押し破って成虫が全身を露わにした.
gnoma_14.08.13-3 ケース内で羽を伸ばす
歩き回って落ち着かなかったのでケースに戻して羽化を見届ける.羽を伸ばす様子は
オオミズアオと同様.
羽の付け根の突起
羽を伸ばしきった後の成虫をよく見ると、羽の付け根に小さな突起が見える.これを繭に
突き刺していたのだろう.
突起位置(オオミズアオ)同様の突起はオオミズアオにも
羽化の際、口からの液で繭を柔らかくするだけでなく、まさか専用の道具も使って
破いていたとは.知っているようで知らないことがまだまだ沢山あるものだ.
オオミズアオとオナガミズアオ
左がオナガミズアオで、右がオオミズアオ.模様も少し異なるが、止まり方が明らかに
異なる.

(ミヤマクワガタ)
ミヤマ幼虫
保冷剤を毎日2回取り替えて暑さ対策中.サボると表面に出てきて暑さを訴える.