2016/05/16~22 料理・植物・オナガミズアオ

~2016年5月16日から22日までの記録~
<料理>
料理

家にはまだ春キャベツのストックがあるが、季節はもう春とは言えないなー.

<植物>
Coel.ニティダ植替1 Coel.ニティダ植替2 Coel.ニティダ植替3
セロジネ・ニティダ 花が終わってきたのでこれを切り取り、植え替えることに.
鉢増しはせず、古いバルブを切り離し、水苔を新しくして終了.
どうもこの種はバルブが年々せりあがるようである.

Coel.マッサンゲアナ吊るす セロジネ・マッサンゲアナ
外に出したいが、置き場所が無い.ならばと吊るすことに.

ドラゴンフルーツ稜減少 ドラゴンフルーツ
園芸店で時々見かけるものはほぼ全て稜が3つであるが、こちらの株の稜は
ずっと4つのままなのだろうか?と思っていたが、ある所で稜の一つが途切れ
て3稜となっているのを発見.なんだ.途中で減るのね.

ムシトリスミレ植替1
鑑賞兼ねるコバエ駆除用に茨城の蘭園で購入したムシトリスミレ・エセリアナ
用土表面が大分コケていたので植え替えてみた.
ムシトリスミレ植替2 ムシトリスミレ植替3 ムシトリスミレ植替4
根鉢は予想通りというか、大変小さい.無いといってもいいぐらい.
株は二つあり、一つは桐生砂・パーライト・ピートモス(+マグァンプ、有機石灰、
マルチ用に水苔)で元の鉢に植え込み、もう一つは麻紐の着生材(セロジネを
着けている)に着生を試みた.その際、下葉がポロポロ落ちたので、それも
麻紐の隙間に挿しこんで、復活するか試すことに.

<オナガミズアオ>
gnoma_16.05.16 卵
5月15日(日)に飛来した♂の正面を記念撮影(左画像).
右画像は5月16日(月)に産み残していった卵.この日、♂はもちろん、羽に僅かな
曲りのあった♀も問題なく飛んで行った.

gnoma_16.05.18-1 gnoma_16.05.18-2 gnoma_16.05.18-3
5月18日(水)夕方、♂と♀が羽化を果たしていた.いつも通り♀を生息地へと・・・
ではなく、横着したいアサハマは自宅のベランダにて、雄の飛来を試しに待って
みた(右画像).しかし、♂は飛来せず目論見は早速破れる.
明くる5月19日(木)は、山側道路のポイント(いつもとは異なる場所)で待つも、
風が強い・気温が12℃程度と低いという原因か、♂はやはり来ず.
既に先に羽化した♀から卵は得られているが、保険としてこの♀からもやはり
卵を得たい.

そして、更に次の日の5月20日(金)、山側道路のいつものポイントにて待った
結果、コーリング開始から2時間弱後、待望の♂が現れたのであった(21:51頃).
♂飛来1 ♂飛来2 ♂飛来3 ♂飛来4 ♂飛来5 ♂飛来6 ♂飛来7
かごの入り口を開けてからも素直には入らず、周辺を飛び回り、ようやく
ゴールイン(21:57頃).おかげで写真がいくつも撮れた.

やってきた♂はこの1頭のみ.一方の♀は、当初羽を降ろしたまま
匂い袋(フェロモン嚢)を出していたが、♂の接近を感知すると羽をぐっと
持ち上げ、♂を迎えた.

※ところで、この洗濯かごは中でオナガがいくら動き回っても落下せず、
結果、羽が傷む心配がほとんどない優れものである.

gnoma_16.05.20-8
密会の様子を、もう少し近づいて、フラッシュなしで撮影.
気温が、前回と同じく肌寒い(14~13℃).そのせいか今回の交尾も
3時間以上に渡り、翌1:45頃ようやく交尾は解消した(♀主導で離れた
感じ.もし♀が何もしなければ交尾はずっと続くのかも知れない).

gnoma_16.05.21-2 明くる朝の様子.
前回の飛来♂は、尾状突起に少し欠損があったが、こちらは無傷.
別の個体のようだ.

gnoma_16.05.21-4 一方、こちらは5月18日(水)羽化の♂.
兄弟婚を避ける為、明かりを点けた小部屋(トイレ)で丸二日間待ってて
もらっていた.全く活動しなかったのは良いが、一方「体内時計は狂って
いやしないだろうか?」と少し心配でもあった.

ともあれ、5月21日(土)夕方、3頭とも無事に飛んで行き、卵も得られた.

残る蛹は2頭.羽化はいつになるだろうか?

※羽化時期が標準らしき時期より遅れるのは何故かと考えている時、
ネット上にある天蚕の飼育技術に関する記事で、羽化の時期は蛹に
おける気温・光条件の制御でコントロールができるという文を見つけた.
オナガミズアオの蛹も、光条件で羽化時期に影響が及ぶのかも
知れない.そこで、以降は夜間の蛹の観察をできるだけ控えることに
した.

2016/05/16~22 料理・植物・オナガミズアオ」への2件のフィードバック

  1. まるでグライダーのようにオナガが飛来する様子がよくわかりますね。高鳴る気持ちを押さえ込み撮影なさったのでしょうね。まさに忍耐力に賜物。
    やはり僕にはハードルは高そうだなぁ…

    羽化のタイミングの調整を自在に操れるといいですね。蝶のサナギように羽化前に表面の色が変わるといいのですが…
    それにしても羽化直後の彼らの動きが思いの外早いのには驚きました。

    日曜に別の場所で約80mmのイボタガの終齢幼虫を見つけ、我慢できずに持ち帰りました。ついでに前回の場所で15mmの子も。前者は背中の中央に管のようなものがあるようで、まるで血が脈打つように液体が管の中を行き来するような様子が伺えました。驚きです。糞はオナガに比べ、ネチっこいです。食樹の違いかもしれませんね。

    余談ですが、前回のシンジュサンの写真は窓ガラスに留まらせて、飛んでいるよう写しています。機会があれば試して下さい。
    面白いのが撮れるかもです。

    1. おはようございます.
      正直、オナガの結婚立会はハードルが高いと思います.
      夜中♂の飛来を待ち続けるのは精神衛生上良いとは
      言えません(^^; ).やはり、然るべき(♂がすぐにやって来る)
      時期に羽化できるよう調整できねばと思います.そんな中でも
      ちらほら飛来する♂は本当にありがたいです(彼らもイレギュラー
      な方なのかも).

      イボタガは成虫も幼虫も特徴的なデザインで、これもまた
      憧れの蛾の一つですね…どこかにいないものかo(・_・= ・_・)o

コメントは停止中です。