2018/09/27~30 ヤママユ羽化

立派な姿を観察

ヤママユ 背中から
(9月27日)昨晩、1頭が羽化しているのを確認.明くる朝、その立派な姿を
撮影(性別:♀).オオ・オナガとはまた違った美しさである.
翅の差し渡しは15cm超.ヤママユ類でもビッグサイズ!

ヤママユ 腹側から
立派なお腹

ヤママユ 真後ろから
真後ろから見ると翅は微妙に捻じれている事が分かる.こんな体で飛べるの?

ヤママユ 顔
(網越しに撮影)顔の様子.寝ているのか、触角は腹側へ収納されている.

「お見合い」は断念

幾ら何でもタイミングが遅すぎ?風向きの問題?場所を何度か変えて
2夜「お見合い」を行い、♂の飛来を待ったが残念ながら現れず.
あまり手元に留めておくのは申し訳ないので、この子の親の故郷と
思しき日立の山林に放つ.
ヤママユ 横から
ヤママユ 地面にて
枝葉に止まらせようとしたが暴れて止まってくれなかったので
止む無く地面での様子を撮影.

少し離れて見ると、意外とその姿の所在は判りにくい.周囲の
新鮮な広葉樹の落葉(大体黄色である)と紛らわしいのだ.
動かなければ、林床からその姿を見出す事はなかなか難しいだろう.

(9月30日)
現在まだ羽化していない繭が1つ.羽化のタイミングが読みにくいのは
困った特性だねぇ… まあ、ヤママユに関しては手元で世代を重ねる
事は考えていないので、失敗に終わったらそれまでという事で
(♂の飛来までは見てみたい.正直、オナガミズアオの世話だけで手一杯.
思い知った…^^;).

(20:40追記)
ヤママユ2頭目羽化
↑「まだ羽化してない」などと書いた後、押入れにしまっていた繭
を覗いたら見事羽化^^;(こちらも♀)ヤママユは羽化当夜からコー
リングを始めるが、流石に今夜は無理な天候🌀(×o×)

(10月8日追記)翌日東海エリアでも試したが実らず.やはり時期が
遅すぎたか…トホホ

2018/06/04~10 ヤママユ営繭

体長はMAXへ

ヤママユ体長8cm
(6月4日)体長は「約」ではなく「ずばり」8cmに.

枝を濡らす水を飲む
(6月6日)水洗いした枝を濡らす水を飲んでいる.

変化

(6月8日)
ヤママユ 糞に変化
ここに来て糞の様子に変化が出てきた.はじめは画像右のように
固くコロコロしていたのが、最近ではしっとり濡れて大き目に
変わってきたのだ.「あがり」が近づいているのだろう.

ヤママユ ガットパージ跡
この日の夜、帰宅してみると、ボトルの下が黒く汚れている.
ガットパージがあったのだ.さて、その個体はいずこに.

ヤママユ営繭1頭目
ボトルに接する小枝にて営繭を始めていた.もう1頭(生育中)が
この枝に乗り込んでくると、すごい剣幕で追い払った.

(6月9日)
早朝、生育中のもう1頭がせわしなく枝を歩いていたので「まだ食うのか」
と、新しい枝を用意したのだが…
ヤママユ2頭目餌を摂らず ヤママユ 口をもぐもぐ
小枝に登りつめると、そこで動かなくなり、胸を膨らませたり、口を
もぐもぐさせたり…これは「あがり」のようだ.折角採った枝が
勿体ないな^^;

ヤママユ 進む営繭 ヤママユ 更に進む営繭 1頭目 繭の奥に見えなくなってきた
一方、先に営繭している個体では、どんどん作業が進行し中が見えなくなった.
繭の出口は予め用意しているように見える.完成すると塞がるが、その辺りは
糸の量が少なく、また縦糸の割合を多くして出易くはしているのだろう.

コナラの枝ぶりに溶け込むヤママユ
幼虫は、本当にコナラの梢に溶け込むような色彩をしている.

ヤママユ 2頭目もガットパージ
昼過ぎ、帰宅してみるとガットパージの跡(円内)があった.

葉同士を繋いで一休み
幼虫は佇んでいた枝から出歩かなかったようで、じっとしている.しかし
よく見れば口元の複数の葉は糸で結ばれている.

葉に糸を張る
葉に糸を張っているようだが…

また一休み
数時間一休み

また再開
夕方、再開.明るい間はあまり取り掛からないのかな.
尚、体長は7cm程に縮んでいる.

(6月10日)
ヤママユ 繭の骨格ができている
あくる朝、繭はその骨格ができてきていた.

やれやれ、これでようやく餌採りから解放される^^;
成虫はいつごろ出てくるだろうか?

2018/05/28~ ヤママユ近況

ヤママユ幼虫(2018.05.30)
(5月30日)

ヤママユ幼虫(2018.06.02)
(6月2日)

6月3日時点:
5齢(終齢)になって丸2週間程経つが、まだ、食べ足りない様子.
後発孵化のオナガミズアオに繭を作る者が現れている.まあ、オナガ
の場合は最大サイズ・餌からしてアドバンテージがある気はするが.

2018/05/21~27 ヤママユ成長中

(5月21日)
2頭目も5齢に
2頭目も5齢になった.

(5月22日)
紐で引っ張って誘引
採った枝が枝垂れて都合が悪いので紙紐で誘引.まさか採った枝で
誘引することになるとは.ヤママユらは特に気にしていないようで
一安心.

ヤママユ5齢横顔
大きい方の体長5.5cm強

もりもり食事
もりもり食事する時とじっとたたずむ時を交互に繰り返す.

(5月26日)
まだまだ大きくなりそう
体長7~8程.まだまだ大きくなりそう^^;

(5月27日)
枝の先端を食す
枝の先端だって齧る.ああ、ピンボケ^^;

閉じても危険な鋏の先
これは、枝の採取や調整に使う剪定鋏.このように閉じても鋭利
な刃先が顔を出している.これでうっかり手首の辺りを引っ掻いて
血を滲ませてしまった.これがもし飼っている虫にヒットしたら
ひとたまりもない.鋏のケースは必須ね…

2018/05/15~19 ヤママユ5齢に

ヤママユ体長6cm弱
(5月15日)体長6cm弱.まだ終齢じゃないんだよね?・・・と思っていたら

ヤママユ4齢眠
(5月17日)眠に突入.やっぱりまだまだ大きくなるのね^^;

ヤママユ5齢に
(5月19日)片方の個体5齢に.頭がドでかい!

ヤママユ風に吹かれる
そよ風に吹かれると、それまでキュッと縮めていた胸部を緩める.
リラックスしてるんだな、ヤママユなりに(もっとも、大体のイモムシ
らは風に吹かれると緊張がほぐれるのか、そのタイミングで移動や食事
を始めたりする).

ヤママユ5齢顔アップ ヤママユ5齢の口
頭も、口もデカイ!

ヤママユ5齢食事
食事をしている5齢.何故、こんなに頭が大きいのか?
堅いカシの葉を食べる事を想定しての事だろうか?
今度はカシで育ててみようかな.

(5月20日)フィールドではヤママユを見つけられなかった.どこかで
 生き延びてくれてるといいんだけどね…

2018/05/07~13 ヤママユ成長中

家のヤママユ

脱皮間近か(3→4齢)
(5月7日 6:30)体に皺がより、もぞもぞ動いている.脱皮が近そう.

4齢
(5月10日)7日の内に4齢となり、食事を始めている.

頭が何だかきれい
(5月11日)ヤママユの緑の頭はつや消し.何だか綺麗.

枝を交換
(5月12日)体長5cm程.枝を交換.コナラの葉は既にしっかり固く
 なった.

(5月13日)
順調な事は順調だが、素直でないこともする.
食べかけの葉を落とす
食べかけの葉をかじり落とすし

逃亡を図る
下から逃亡を図るし

枝の状態は良好そうだし、もう1頭は落ち着いて葉を食べているし、
特に食事を中断したり、逃亡を図ったりする理由は見当たらないけど
野生の昆虫ならではの知恵があるのかも知れない.

食事再開
暗くなる頃には落ち着き、食事を再開.

フィールドに放したヤママユ

フィールドのヤママユ1(2018/05/13)
フィールドのヤママユ2(2018/05/13)
(5月13日)2頭しか見つからなかったが、生存を確認.
 もうすぐ4齢になる所かな?

2018/04/30~05/06 ヤママユ

ヤママユ3齢(4/30) ヤママユ3齢(5/1) ヤママユ3齢(5/2)
4月30日、ヤママユは2頭とも3齢に.

ヤママユ3齢(5/3)
よく見ると、一部の腹節(この個体は第二・第三腹節)に銀色の玉が
飾られている.一体これにはどんな意味があるのだろう?

ヤママユ3齢(5/4)
ヤママユ幼虫は、食事に先立ち、葉柄を皮一枚残して齧る(円内).
葉を自身に手繰り寄せやすくする一方、落下は防止する巧妙な知恵
だ.

ヤママユ3齢(5/6)眠1
ヤママユ3齢(5/6)眠2
5月6日現在、2頭とも眠.

2018/04/24~29 ヤママユ近況

家のヤママユ

家のヤママユ(4月24日) 家のヤママユ(4月26日) 家のヤママユ(4月27日)
2頭とも2cm強に達し、4月29日現在、1頭が3齢になったのを確認
している.まだ2齢だけど、食欲は既に旺盛ね.

フィールドに放したヤママユ

フィールドのヤママユ(4月29日-1) フィールドのヤママユ(4月29日-2)
生き残りは何れもまだ1齢だが、着実に大きくなっている模様.

室内飼育では何故速く大きくなるのだろう?この現象はオナガミズアオ
でも起こり、その結果第3化目が現れたりするので困りもの.

2018/04/16~22 ヤママユ孵化

遂に孵化!

(2018/04/16朝)「まだ孵化しないかな~」といつものように卵を
覗き込むと…
家のヤママユ孵化!
卵の一つがもぬけの殻…という事は!

16日に孵化した個体
いた!新芽に陣取る1頭の見慣れた毛虫がそこにいた.
昨年フェンスで見つけた卵.君はやはりヤママユだったのだな!

17日に孵化した個体
翌日、残るもう1個も孵化.2個中2個孵化で、一応パーフェクト.

食事中の1齢(18/04/21) 食事中の1齢(18/04/19)
2頭とももりもり食事.食に対する執着ぶりはウスタビガの比では
ない.まあ、最初から破格の大きさだし.1.5cm程になった所で
4/22現在2頭とも眠.

フィールドに放した卵は...

こちらも孵化(1) こちらも孵化(2)
4月22日朝、様子を見に行くと、卵の多くは孵化の痕があった.

クリで見つけた1齢(1)
クリで見つけた1齢(2)
一部であるが、その主も発見できた.体が小さい事と、食べ痕が
まるで見当たらない事から、どうやらこの日に孵化があった模様.

ちなみに、先週見つけた野生下の卵の主達は、残念ながら見つからず.
厳しいね.

2018/04/08 ヤママユ孵化準備

枝に着けた卵
(4月8日)こちらでもそろそろ孵化のシーズンかなと思い、4月5日に
冷蔵庫から解放していた卵を近所の生息地の枝枝に着けて回っていた所…

野生個体の卵
何と!?
あるクリの枝に野生個体の卵が.それも既に孵化しているではないか!

野生個体1齢
こんな現場を見れるとは何とラッキーな事か.

孵化しようとしている卵
矢印の卵は中の幼虫が殻をかじり、正に孵化しようとしている.

ヤママユを仕留めたクモ
一方、こちらでは小さなクモが幼虫を仕留めていた.ヤママユに
してみれば災難だが、このクモにとっては滅多に得られないごちそう
といった所だろう.

コナラの枝で飼育準備
手元には2卵を残した.それをコナラの枝にあてがったが

保湿の為箱を被せる
あいにく孵化にはもう少し時間がかかりそう.それまでにコナラの
新芽がダウンしてしまっては困るので、孵化するまでの間、余った箱
を蓋代わりにして保湿を行う.ちょっと贅沢な使い方だな・・・^^;