2018/09/27~30 ヤママユ羽化

立派な姿を観察

ヤママユ 背中から
(9月27日)昨晩、1頭が羽化しているのを確認.明くる朝、その立派な姿を
撮影(性別:♀).オオ・オナガとはまた違った美しさである.
翅の差し渡しは15cm超.ヤママユ類でもビッグサイズ!

ヤママユ 腹側から
立派なお腹

ヤママユ 真後ろから
真後ろから見ると翅は微妙に捻じれている事が分かる.こんな体で飛べるの?

ヤママユ 顔
(網越しに撮影)顔の様子.寝ているのか、触角は腹側へ収納されている.

「お見合い」は断念

幾ら何でもタイミングが遅すぎ?風向きの問題?場所を何度か変えて
2夜「お見合い」を行い、♂の飛来を待ったが残念ながら現れず.
あまり手元に留めておくのは申し訳ないので、この子の親の故郷と
思しき日立の山林に放つ.
ヤママユ 横から
ヤママユ 地面にて
枝葉に止まらせようとしたが暴れて止まってくれなかったので
止む無く地面での様子を撮影.

少し離れて見ると、意外とその姿の所在は判りにくい.周囲の
新鮮な広葉樹の落葉(大体黄色である)と紛らわしいのだ.
動かなければ、林床からその姿を見出す事はなかなか難しいだろう.

(9月30日)
現在まだ羽化していない繭が1つ.羽化のタイミングが読みにくいのは
困った特性だねぇ… まあ、ヤママユに関しては手元で世代を重ねる
事は考えていないので、失敗に終わったらそれまでという事で
(♂の飛来までは見てみたい.正直、オナガミズアオの世話だけで手一杯.
思い知った…^^;).

(20:40追記)
ヤママユ2頭目羽化
↑「まだ羽化してない」などと書いた後、押入れにしまっていた繭
を覗いたら見事羽化^^;(こちらも♀)ヤママユは羽化当夜からコー
リングを始めるが、流石に今夜は無理な天候🌀(×o×)

(10月8日追記)翌日東海エリアでも試したが実らず.やはり時期が
遅すぎたか…トホホ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA