「オムレツ」タグアーカイブ

2021/10/10~17 料理

10月10日-夜

妻作 キャベツと鶏肉の煮込み.煮込みは新兵器(?)「ストウブ」の鍋でじっくり煮込んだもの.「圧力鍋か?」と思う位、鶏肉はほろほろに柔らかく煮込まれていた.異次元の美味しさ.

10月11日-夜

妻作 鱈と野菜のレンジ蒸し.レンジ侮りがたし.asahamaももっと活用せねば・・・

10月12日-夜

妻作 鯖と野菜のハーブ蒸し焼き.トマトがタイムと共に名脇役.

10月13日-夜

チャーハン.ラードがコクをもたらすという記事を幾つか見かけて試しているが、asahama的には舌が鈍感なのか、それほど違いは判らず.強いて言えば食後口の周りの油の付着具合が強くなった位?^^; 次回以降はごま油でいいかも.他、レタスも入れてみたが、加熱後見事に消滅.小さく刻み過ぎた模様.

10月14日-夜

妻作 鯵の香味蒸し.脂が乗った良い鯵

10月15日-夜

チーズカレー.具にはエリンギを初使用.エリンギも守備範囲は広そう.

10月16日

スフレオムライス.今回のクリームソースにはカレー粉を混ぜてみた.写真だと違いが判りにくいが、実際に見るとオムレツとの色の対比の結果か、意外と緑っぽく見える.

妻作 鮭のレンジ蒸し+きのこの甘酢あんかけ.秋鮭・きのこの組み合わせってとても秋っぽい.

10月17日-昼

妻作 豚肉とキャベツの蒸し煮.にんにくの効いたタレとよく合う.

2021/10/01~02 料理

10月1日-夜

エビカレー.トッピングに使ったアシタバのお浸しは、キアゲハが食べ残したものの再利用.歯応えはワイルド.このような葉をよくも高速で食べれるものだ^^;

10月2日

スフレオムレツ.ベシャメルソースは前夜に作っておき時短を図る.オムに入れる牛乳は大匙1から小匙1へ変更.まとまりが良くなった.
頂きもののサルナシを輪切りにしたもの.右の黒いのは大きさ比較用の一眼レフレンズ蓋.キウイの味を凝縮し、炭酸的な感じもする野性味のある味わいであった.

妻作 ネギトロ丼.ダブルネバネバ

妻作 炊き込みご飯によるさんま塩焼き定食.さんまは今まで以上に良型でとてもジューシー.新米に因る炊き込みご飯も相成って、秋の食卓として渾身の作品.

2021/09/03~04 料理

9月3日-夜

キーマカレー.玉ねぎ・人参・トマトがメインの具材というシンプルなものだが、とてもいい感じにできた^~^.

9月4日

スフレオムライス.牛乳を足して焼いてボリュームアップするも、形が整いにくい.

妻作 かぼちゃトースト.かぼちゃペーストはかぼちゃグラタンの応用と推測.

妻作 冬瓜と豚肉の味噌炒め.冬瓜は恐らくどんな料理にもなじむ名脇役.

2021/08/21~22 料理

8月21日

スフレオムライス.フライパンの生地はヘラなどで広げず、160℃蒸し焼き3分程度でいい塩梅になるかな.

妻作 なすそうめん.石川県の郷土料理なのか.なすにしょうががセットになっている事が多いのは、「体を冷やす作用(なす)」を「体を温める作用(しょうが)」で打ち消す為・・・なるほど.

妻作 ぶりの照り焼き+おくらなすの焼き浸しの定食.このぶりは天然だが思いの外柔らかかった.火を通したなす・おくらにめんつゆ大根おろしが合わさると、何だか野菜天ぷらを食べているような気分に^~^.

8月22日

妻作 トマトサルサうどん.七味が効いたトマト・玉ねぎたっぷりソースが食欲をそそる.

うどんのゆで汁が排水溝に詰まりがちなので、妙案を探ったが現在の所見つからず.困った^^;

妻作 そうめんのにゅうめん+レバニラ炒め.献血で減った血の補充にいいかも?

2021/08/08 料理

スフレオムレツ.オムを焼くとき今回はへらで広げたが、厚みが犠牲に.悩み所.

妻作 アボカドのトーストサンド.アボカドの濃厚さと、粒マスタード・ハーブによるスパイシーさが相成る逸品.

妻作、鯵の塩焼き.サラダは焼き野菜の梅肉ソース和え.鯵は今回、脂の乗り具合で当たり.梅肉ソースは暑さでぼんやりしがちな脳が目覚める程度の酸味!

2021/07/25 料理

スフレオムレツ.今までの半分の量でも十分頂ける.フライパンに蓋をして十分加熱するのがふっくらしゅわしゅわに焼くポイントと見た.

妻作 夏野菜たっぷり冷やし讃岐うどん.おくらは湯通し.生でも食べれるがこっちの方がよりおいしく食べられる.

妻作 豚のソテーたまねぎソース.久々の豚肉メイン料理.脂身が味わいに深みを出す.よくグルメ番組等では「脂身が甘い」という表現が使われるが、実際に味わってみたい所である^^;

2020/11/30~12/06 料理

11月30日

妻作 鱈のポトフ.お鍋は使ってないけど鱈が入っているだけで土鍋っぽい?

12月1日

妻作 さば缶と白菜の煮物.白菜のしゃきしゃき感とさばの味わいがいい組み合わせ.

12月2日

スフレオムレツ.底に焼き色が付いた段階で取り出して食べていて、特に問題は起きていない
けど、そう言えば全体に火は通っているのかな?

12月4日

クリームシチュー.黄色っぽいのはコリンキーを入れた事による.

12月5日

アメリカンパンケーキ.ちょっと粉っぽい風味が残る.どうしたものか.

12月6日

「いばらきアマビエちゃん」の御力で頂戴したれんこん入りラーメンセットを
妻が調理したもの(トッピング等は我家アレンジ).味の付いた麺と特製の鶏チャーシューが
程よくマッチ.

2020/09/01~06 料理

9月1日

妻作 サンマの塩焼きのご飯.てっきり今年はサンマを食えずに終わるのかと思ったが、(まだ)
そうではないようだ.

9月2日

スフレオムレツ.卵に牛乳を混ぜて焼くと、二つ折りが難しくなる事を学ぶ.

9月4日

カレーライス.つるむらさきトッピング.そう言えば紫色のつるむらさきって
食べたことが無かった.味わいは緑のと一緒ね.

9月5日

目光の塩焼きの朝食.グリルが途中で止まってしまったので、もっと火を通しておけば
身はもっとしっかりしたかも.それにしても、見た目とは裏腹に脂が乗ってるね.

妻作 トマト卵の炒めそうめん.そうめんで作るパスタという所か

9月6日

厚さは2cmに届かなかったの.

妻作 グラノーラ+ミックスサラダ(仮称).グラノーラ、香ばしさがたっぷり.

妻作 鮭・きのこのホイル焼き.食材は皆年中手に入るのにホイル焼きにすると
何だか秋っぽく感じる.

2020/08/10~16 料理

8月10日

アジサンド
サバならぬアジサンド.アジは干物を焼いて使用.余った部分はそのまま頂く.

エスニックサラダのご飯
妻作 鶏肉のエスニックサラダのご飯.ナンプラーが鶏肉や野菜の味わいを繋いでいる.

8月11日

冷やし中華
妻作 冷やし中華.氷をプラスする事で夏感がアップ

ニジマス塩焼きのご飯
妻作 ニジマス塩焼きのご飯.ニジマスはグリルで焼いたが、見た目のこだわりにより
串はそのままで焼いて貰った.

8月12日

8月13日

蒸し骨付き鶏のご飯
妻作 蒸し骨付き鶏のご飯.タレを着けて蒸す事でジューシーかつ香り高い.

8月14日

ライスinシチュー
ライスinシチュー.ブロッコリーの葉柄は5分位茹でてシチューの彩に

8月15日

8月15日

焼き餃子のご飯
妻作 焼き餃子のご飯.包む作業はasahamaも補助.家にいながら手作り焼き餃子を食べれる
のは我が家における贅沢の一つ.

8月16日

ビーツのスープ・赤魚のみりん干し焼き
妻作 ビーツのスープ・赤魚のみりん干し焼き.ビーツのスープはこの見た目だが、とても
優しい味わいである.

2020/07/27~08/01 料理

7月27日

モンティクリスト
再びモンティクリスト.お仕事の日の朝でも結構お手軽にできて良い.

餅焼き+納豆の定食
妻作、餅焼き+納豆の定食.青のりが香り、アクセントをプラスしている.

7月29日

アユの塩焼き定食
妻作、アユの塩焼き定食.天然?養殖?美味いものは無関係に美味い.

7月30日

アスパラのパスタ・豆乳スープ
妻作、アスパラのパスタ・豆乳スープ.疲れた体に染み渡る、良いカロリー補給.

7月31日

デミグラスソースオムライス
久しぶりにデミグラスソースオムライス.デミグラスソース、個人的には1人前を2人で
分けるのがちょうどいい感じかな.

8月1日

朝-パンケーキ

生地がヒーターに触れそうな位に膨らむ
今回のチョイ足しは黄身側の生地にマヨネーズとヨーグルト.メレンゲ側にはレモン汁を
3滴添加.あと、黄身側は粉類を入れる前によく泡立てた.これらが功を奏したのか、焼いている
最中、生地がヒーターに触れそうな位に膨らむ事態が発生.
パンケーキの一部が焦げる
オーブントースターの扉を開ける際、連動してパンケーキの載る台が少し上方へ動いたせいで
ヒーターに触れたか、パンケーキの一部が焦げてしまった.少ししぼむのを待った方がいいの
かな.カットした感じは今までにない位ふわふわしている…
盛り付け
盛り付け
厚みは2cmを軽く超えている
断面、いままでは油に浸ったような濃い黄色の領域があったが、今回はなし.厚みは2cmを
軽く超えている.焼き上がりの取り扱いはともかく、今までになく上出来かな.

こんもりサラダ+味噌漬け豚焼きのご飯
妻作、こんもりサラダ+味噌漬け豚焼きのご飯.asahamaはサラダのトッピングに某暴君
を加えるのが好みである.