「ポインセチア」タグアーカイブ

2022/05/02~04 植物

5月2日

顕微鏡でポインセチアの花粉を観察.品種:スターゲイザー.レンズ・・・対物レンズ:10/0.25. 160/0.17 接眼レンズ:WF10x16mm.へえ、こうなっているのか

5月3日

セッコク開花

今年も沢山咲いてくれた.

リトープス屋根付け替え

透明プラ板ではすぐ劣化するので、今度からは鉢底ネットにする.もはや雨除けの意味は無いが、雨に当たっても特に問題無さそうだし、上からの落下物が防げればいいや・・・という事で.

5月4日

セロジネ フィンブリアタの観察

匍匐茎から伸びている根が、バスケットを目指して伸びているように見える.

2022/04/17 ポインセチア・タンポポ

ポインセチア マース ピンク植替え

先週切り戻ししたマース ピンクを3号から4号鉢へ植え替える事にした.

(1)鉢底にはこれまで不織布を敷いていたが、もっと通気があっても良いかもと、粗目の水切りネットを採用.
(2)新芽が動き出している.
(3-1、3-2)根鉢は少しあるが、根の状態はあまり良いとは言えない.
(4)新たな土(赤玉・鹿沼等量)を足していく途中で、マグァンプを施用.

植え替え完了

タンポポ開花

2本開花確認.気が早いもので、日が傾きだすとまだ明るいのにさっさと閉じてしまう.

2022/04/16 ポインセチア・タンポポ

ポインセチア スターゲイザー雌花続々と

既に子房が飛び出して膨らんでいるものを含めて5個の雌花付サイアチアを確認.ここに来て少数だが雄花も咲いている.やはり雌花有りのサイアチアは後から現れるのだな.

タンポポ生育進む

カントウタンポポ(多分).去年に引き続き葉を茂らせ、蕾を伸ばしてきた.ここ最近、我が家の全ての植物への水やりについて、氷酢酸を1000倍に水で薄めたものを与えている.植物への耐乾燥性の付与の期待と、土壌環境の向上を期待して. 少なくとも、悪い影響は見当たらない.
シロバナタンポポ(多分)の1株に勢いがついてきた.

2022/04/02 ポインセチア黄・赤

イエロールクス植え直し

新芽が動き出す気配が一向になく、葉がどんどんくたびれてきた.更に茎にも怪しいシミが・・・これは十中八九只事ではない.

根鉢を見る.根鉢はできていない(左画像).土を落とすと・・・何と生きた根がほぼ見当たらない(右画像)!これでは弱る訳だ.

鹿沼・赤玉土を等量配合の用土に植え付けた.助かるかは分からない.とりあえず肥料・腐葉土の投入はだめ絶対で.

スターゲイザーの花の形に変化

まだ緑の葉は現れていないが・・・
最近できてきたサイアチアがぐにゃぐにゃ変形するようになった.これは一時期イエロールクスで見られた現象とそっくりである.サイアチアの中からサイアチアが現れるみたいな?季節の変わり目と関係が?分からない事だらけ.

2022/03/13 植物

ポインセチア雌花発見

スターゲイザーの一つのサイアチアに、ひん曲がった雌蕊を持つ雌花が出てきているのを発見.花粉(多分同じ株)を付けてみた.

木製バスケットを作ってみた

近くの公園で拾った枝を組み合わせ、針金を通せば、何ともワイルドなバスケットの完成.まだ、直近で植え込む予定はなし.

ゴメザ開花中

ゴメザ ムーンシャドウ’タイガー・テイル’ 鮮やかな黄色.何度見ても良いものだ.

2022/02/06 ポインセチア近況

3者、とりあえず生存

イエロールクス

緑葉を大分振るってしまったが、危機的状況という程ではなさそう.3個残った内1個のサイアチアから待望の開花があった(右画像).

マース ピンク

先端、ちょっとずつ成長してる模様

スター ゲイザー

こちらも先端がちょっとずつ成長し、開花もしている.

下部に変化が

枝先付近の脇芽は小さく締まったままだが、株元の脇芽は何やらほんの僅かだが動き出している模様.葉は伸びず、茎が僅かに伸長しているという感じ.ちょっと気になる変化である.

2022/01/09~10 ポインセチア近況

1月9日-コナジラミ繁殖確認

イエロールクスの葉の上を飛ぶ小さな白いハエ的な虫を見つけたので、仕留めてみたらコナジラミ類と思われたので(左画像)、イエロールクスの葉の裏を捲っていったら幼虫/蛹のコロニーを発見(中画像).串を使ってこ奴らを徹底的に除去した.コロニーの下に位置する別の葉の表面にはスス病らしき現象が発生していた(右画像).ううむ、一体いつ、どこから侵入していたのか?
イエロールクス以外の株も調べてみたが、コナジラミは見つからなかった.しかし幼虫はとても見つけにくいのでまだどこかにいないとも限らない.薬を撒く・・・しかないか?

1月10日

スターゲイザー

鉢底を見たら一本の根が飛び出しているのを見つけた(左画像).個人的には新芽確認よりもイイネ! 花はまだ作ってくれそうである(右画像).

イエロールクス

いびつに成長していたサイアチアであったが、蜜腺が黄色く色付いてきた.間もなく成熟と思われるが、まだ花は出てこない.落花したマースピンクのサイアチアと大きさを比べてみると、イエロールクスのそれは一回り小さいようだ.発育が十分できないのか.まあ来シーズンの開花で様子を見よう(それまで枯らさないように!).