2018/10/09 セントポーリア片割れ死す

コンコルド片割れ死す
8月4日にカイガラムシ用の薬浴をさせていたセントポーリア コンコルド
の片割れ.あれから全く成長を見せず、遂に芯の辺りにまで変色が及び
栽培を断念した.
根-壊滅状態
根茎が壊滅している.薬害に耐えられなかったのかも知れない.同じ
薬浴をさせているポインセチアは死んではいないが、昨年よりも成長
がイマイチである.一方同じポインセチアでも薬浴させていない株
(アイスクリスタル)は目覚ましい成長ぶりである.カイガラムシ用の
薬剤は劇薬なのかも…やはり予防が肝心みたい;

2018/09/30 ポインセチア植替え

アイスクリスタル植替え前
画像中央、アイスクリスタルが思いの外成長を遂げたので鉢を増す事
にした.左のミラ レッド、右のミラ ホワイトは状態がイマイチ.
カイガラムシ防除剤の薬害か?

鉢底網設置
新しい鉢に鉢底網(不織布)設置.

アイスクリスタル根鉢
根鉢は良好.崩さずに植えつける.

アイスクリスタル植替え完了
鉢増し完了.

2018/08/10~12 植物

夏の暑さに負けじと育つ植物らを少しずつ紹介^^

アグラオネマ花の気配?

アグラオネマ花の気配?
次の葉がなかなか伸びださないと思っていたら、茎の先が少しふっくら
しているような…これは開花の準備では?

ポインセチア枝透かし

枝が込んだミラ レッド
ミラ レッドは枝をよく出す性質があるのかな?余りにも込んで
いる感じなので枝を間引くことにした.

同じ方向に複数の枝が
同じような箇所から同じような方向に複数の枝が出ている.

枝を間引く
もっと間引いてもいいが、今年は暑さのせいか枝の伸びが鈍い.
今回は高さよりも、こんもり感を出した方がいいかも.という事で
加減した.

アイスクリスタルの現在
アイスクリスタルは順調に枝を伸ばしている.何の変哲のない緑の葉
であっても十分美しいぞ!

2018/08/04 セントポーリア植替え他

イオナンタ開花中

イオナンタ開花中
開花のピークが再び到来した模様.

コンコルド蕾現る

コンコルド蕾現る
お、年を跨がずもう一度咲いてくれるか.

「ワイン色」現在

セント(ワイン色)現在
新しい葉が少しいじけているのが気になる所.もうしばらく様子見.

元気のないコンコルドを植え替える

元気のないコンコルド
「ワサビ茎」になりつつあるのを是正するのが本来の目的であるが、
根の様子も気になったので植替えを試みたら…

根鉢に白いモヤ!
むむ!根鉢に白いモヤ発見.何だか見覚えあるぞ.

ネコナカイガラムシ!
白いモヤの主発見.ネコナカイガラムシ.セントポーリアにもいるのか.

カイガラ用殺虫スプレー噴霧
根鉢をすっかり落とし、更にカイガラムシ用殺虫スプレーをまんべんなく
噴霧.

コンコルド植付準備 コンコルド植付完了
根鉢が無いので植付は簡単に終了^^; 但し、この先当分株をぐらぐら
させるの厳禁.

ポインセチア挿木失敗

ポインセチア挿木失敗の気配
この所葉の萎れが激しいなと思って調べたら…

やはり失敗
あちゃー挿してある所が腐っている.残念ながら失敗.
同様な方法で前に挿木した2株は根付いているのに…何が成否を
分けるのだろうか…^^;

2018/07/07~08 植物

ベルム 花終わり

ベルム花終わり
立派で鮮やかな花を咲かせてくれてありがとう^^
来年もまた咲かせてくれるかな?

7月7日 胡蝶蘭ヘゴからコルクへ引っ越し

ヘゴからはがす前
この胡蝶蘭は2012年からヘゴに着生させてきたが、ここに来て手狭感
が出てきた.そろそろ引っ越しさせたい…ならばより趣が出るよう
コルク板に着けることにしよう.

ニッパでヘゴ崩しはらちが明かない
最初、根をできるだけ温存しようと、ヘゴの部分だけをニッパで崩そう
とした.しかし、これではとてもらちが明かない事に気付く.

思い切って根を切断
「そう言えば、鉢植えの胡蝶蘭は植替え時根を切っても大丈夫だったな」
という事で、強引だが根を切ってヘゴから外した.ああ、見返すだけで
痛々しい.asahamaは何て事を…^^;

コルクにビイタイで固定
さあ、後はコルク板にビニタイでがっちり固定するのみ.
気休めだが、根の隙間に少々水苔を詰めてやる.

コルク裏側の図
裏側はこんな感じ.

コルクへ引っ越し完了
フックを着けてぶら下げれば完了.上手く根付いてくれるかな?

7月8日 ポインセチア 3鉢目新規作成

既に、ミラ レッドとホワイトはそれぞれ1鉢ずつ新規に作り
根付いているが、人様へのプレゼント用に、もう1鉢新規に作る
事にした(ミラ レッド).
カイガラムシをこそげ取る
まず、適当な長さの枝をとり、水に浸けた状態で目に見えるだけの
カイガラムシを徹底的に除去(楊枝があると便利)

オアシスを装填
オアシスを装填して十分水に浸したら

風通しの良い場所でスプレー
トレイに載せ、風通しの良い場所でカイガラムシ用スプレー(オレンジ
のボトルが目印)をまんべんなく噴霧.目に見えないカイガラも除去.

植付準備
噴霧に先立ち用意した新しい鉢に

植付完了
植えつけてたっぷり水を与えれば完了

2018/05/10~13 ポインセチア カイガラムシ、挿し木

カイガラムシが!

葉に妙な模様が
近頃、葉に妙な模様があるのに気づく.近寄ってみると・・・!

これは、カイガラムシ!
これは!カイガラムシ(ヒラタカタカイガラムシと思われる).
上手く溶け込むものだ.少し取り除いたが、枝先の方にはついて
いない模様.枝先を挿し木に用いることにした.

挿し木

ポインセチア挿し木準備1
ミラ レッドとホワイトの枝先を切り、オアシスに挿してしばらく
水(リキダスを混ぜた)に浸す.

ポインセチア挿し木準備2
数時間以上経ったら鉢・土を準備

ポインセチア挿し木完了
挿し木完了.1月程は腰水で管理.

2017/12/29~30 ポインセチア現況・諸々植替

ポインセチア現況

ポインセチア全体図
クリスマスが終わって尚華やかなポインセチア ミラ レッド.
株元は少々寂しいかも知れないが、家庭仕様という事で…^^;

ポインセチア 上から
そんな株も上から見る限りなら・・・うん、100点満点だな!

雌花がちらほら
この株、今回は2個の雌花を確認している.今回はホームセンター
で拾った枯れ雄花の花粉を着けたが、結果はいかに?

サカキの鉢植えを試してみる

サカキの実
これは、会社の敷地に植えられているサカキから得た実である.
植えられている株は、日立においては寒さが厳しいせいか葉の色がいまいち
冴えない.ならば、鉢植えで観葉植物として楽しめないか?という事で
種からの鉢植えに挑戦する事にした.
サカキの種 不織布を鉢底にセット
実をほぐすと、中から1粒だけ種が出てきた.大きさは楊枝の頭より少し大きい
程度.これを2号鉢に蒔くが、鉢底ネットを切り出すのが面倒だったので、
代わりに切り取った不織布を敷いた.
サカキ播種完了
ラベルを挿して種まき完了.これから室内で管理するが、発芽は
何時頃だろうか.

ヒマラヤトキソウ植替え

ヒマラヤトキソウ植替え開始
すっかりご無沙汰のヒマラヤトキソウ.ベランダにて、幸い生き長らえて
いた.来年はもっと成長してほしいと願い、植替え実施.
生きている芽を確認
カリカリに乾いた水苔から引き抜くと、生きている芽を一つ確認.
浅く植えつけてから...
ある程度敷いた土に少しだけバルブを押し込み...
芽の辺りまで覆土
芽の辺りまで覆土し植え付け完了.こちらもこれからは室内で管理.

ナゴラン植替え

植替えはまだ続く.どちらかと言うと、適期を逃して慌てて
やっているという感じだが.
ナゴラン植替え開始 根を麻紐から外す ボトルに付け直す
麻紐着生組最後の株であるナゴランをボトルに付け直す.
葉は2枚と少なくなってしまったが、根の状態は概ね良好なので
きっと持ち直してくれるだろう.

パフィオ植替え(植込み材更新)

パフィオ植替え実施
パフィオペディラム Alma Gavaert ‘Golden Gate’
植え込み材が半年を超えているので取り替えることにした.
根はとても寂しい
地上部に比べ相変わらず根は寂しい.こんなものなのだろうか?
植替え完了
これまでは根の出る領域が地上に露出していたが、これは良くないのでは
と思い、完全に埋め込んだ.花を見るにはもう幾年かかるのかの.

その他蘭現況

Bulb.ウェンドランディアナム 新芽
バルボフィラム ウェンドランディアナム
植付から約2ヶ月.萎びていたバルブはすっかり元通りになり、新芽
も膨らんできた.

Bulb.ペクテンベネリス 新芽がバルブに Bulb.ペクテンベネリス 別の新芽
バルボフィラム ペクテンベネリス
新芽は成長し、根本はバルブとなってきた.別の箇所からも新芽が
伸びてきている.

Coel.フィンブリアタ 新芽
セロジネ フィンブリアタ
新芽は計3箇所で確認.根も伸びてくれれば一安心だが.そこまでには
もう少々かかりそうだ.

Coel.マルチフロラ葉芽
セロジネ マルチフロラ
今回伸びた新芽からは花ではなく葉が姿を覗かせた.花はお休みだ.
以前伸びた新芽
まあ、花の後できたバルブがいつもより小さかったので、体力が足りなかった
のだろう.


ゴメザ・ムーン・シャドー‘タイガー・テイル’
花はとうに終わり、新芽が伸びてきている.この株のついているボトルは
一つ前の仕様だが、根は順調にボトル内を巡っているので、植替えはせず
このまま様子を見てみる.

2017/12/03 ポインセチア導入他

ミラ レッドとホワイトの栽培が続いて数年が経ち、
「ポインセチアの新しい品種が欲しい」というベタな欲求が
MAXに到達した.特に「模様の芸」があるものを求めた.

模様に芸のある品種は数多くあるが、ドライブ範囲で入手可能な
品種はそう多くない.その中で検討した結果…

プレミアム アイスクリスタル(Premium Ice Crystal)をチョイス.
サイズはミニ(asahama的にベスト).妥協せず探した甲斐があった^^;.


店頭で見つけた際、数頭のキノコバエが葉に止まっていた.その場で
できるだけ排除したが、まだ残っているかも知れないので…
蚊取りガスを噴霧した袋にしばらく収め、排除を徹底(幼虫は
ダイアジノン等が必要だが、今回はしないで様子見).


キノコバエの排除が終わったら、早速植え替え.一般にポインセチア
の植替えは春~夏とされるが、asahamaは購入当初に限りすぐの植替え
を実施している.当アパートの居間に置いてある限りさほどの寒さ
には晒されないし、むしろ、早めに馴染みのブレンドの用土、丁度良い
鉢サイズに置き換えておきたいというのが理由だ.


根鉢確認.根の状態は良好だが、慎重に扱わなければポキポキ折れて
落ちてしまう.ランのそれよりも繊細な印象.できるだけ古い土を落とす.


植替え完了.さて、この先うまく馴染んでくれるか.
※新たな鉢は元(4号クラス)より一回り小さいサイズ


こちらは以前からあるミラ ホワイト.今シーズン前半は勢いよく
伸びたが、後半失速.苞の大きさは半端となる.来シーズンは
今度こそ挿し木による更新を成功させたい.

尚、レッドの方は現在会社出張中.