「シチュー」タグアーカイブ

2022/05/11~19 料理

5月11日-夜:いわしパン粉焼き.安定のカリカリジューシー.
5月12日-夜:妻作 豚とにらともやしの冷しゃぶ風サラダ.夏っぽいメニューなのでランチョンマットも夏っぽいデザインで.
5月13日-夜:クリームシチュー.なす・ピーマンと、こちらも少々夏仕様.
5月14日
 -朝:スフレオムライス.今回のライスはトマトテイストで.
 -夜:さっぱりそうめん.これに錦糸卵が乗れば冷やし中華に限りなく近い.asahama人生初そうめん調理.
5月15日
 -朝:妻作 納豆しらす丼.シンプルだがとても食が進む^~^.グレープフルーツの半切りは結構久しぶり.
 -夜:ぶりの甘酢炒め+妻作(トマトチーズトースト+たっぷりきのこスープ).暖かい時期は何故か甘酸っぱいメニューにそそられる.
5月17日-夜:妻作 えびときくらげのトマたま炒め.卵ときくらげのコントラストが素晴らしい.食感も.
5月18日-夜:ボンゴレパスタ.冷凍あさりが十分残っていたので.セロリを買い忘れたのでキャベツで代用.
5月19日-夜:冷汁そうめん+妻作 豚キムチ.今日はとりわけ(この時期としては)暑かったということで.冷汁は焼いた鯵を使うらしいが、今回は鯖缶で代用.そう言えば鯵缶って見た事が無い.

2022/04/30~05/02 料理

4月30日-夜:ナンカレー.いつか試したかったメニュー.塩気の見積もりを少々誤った模様^^;
5月1日
-朝:スフレオムレツ.全粒粉でのクリームソースも、香りがあって良い.
-昼:妻作 豆乳そうめん.ナンカレーのルーの残りで微カレーテイストに.
-夜:クロックマダム.いつもながら、割り乗せた卵をこぼさないようにするのが難しい^^;
5月2日
-朝:妻作 目玉焼き丼.ユッケのような雰囲気.
-昼:妻作 しらす納豆チーズトースト.納豆+トーストの組み合わせは妻が特に推すメニューの一つ.
-夜:妻作 酢鶏.豚ではなく.あっさりしているが、肉は柔らかく、酸味が心地よい.
5月3日
-朝:妻作 目玉焼き丼.小エビ野菜炒めバージョン.
-夜:妻作 鮎塩焼き定食.鮎は大子町で入手.今年のものではないのだろうが、やはり美味.
5月4日
-昼:妻作 バナナスコーンランチ.生地の粉の半分はおからだが、言われなければ気づかないかも.
-夜:鶏団子そば.asahama人生初茹でそば.茹でるのは少々手間だが、好みの種類(細目・二八)が選びやすい.
5月5日
-昼:妻作 もやし黒酢炒め+鯖缶そうめん.何だか夏っぽい.この日は暖かかったのでマッチ.
-夜:ブロッコリーとツナのペンネ.ペンネ、一人50gで、乾いた状態では物足りない気もしたが、茹でてみると予想外に肉厚で食べ応えあり.
5月6日-夜:ビーフシチュー.例によってトマトをプラス.トマトの重さを水の分に加算して水っぽさを回避.今回は余っていたバナナスコーンをご飯代わりに使用.

2021/04/18~23 料理

4月18日-夜:妻作 カレーうどん.麺も鶏肉もボリューミーで満足な量^~^
4月19日-夜:妻作 にら玉.豚肉使用.どんぶり形式はどうして食が一層進むのだろう?
4月20日-夜:サバパン粉焼き+トマトソース.別に小麦粉でなくともパン粉で結構衣になるのね.
4月21日-夜:妻作 餃子定食.餃子は冷凍購入品.間違いないという美味さなのだが.家庭で作った時の素朴感も恋しい.
4月22日-夜:ビーフシチュー.トマトも煮込んだので酸味がプラス.「酸」っぱいとかけて「サンシチュー」.
4月23日-
朝:パンケーキ.お酢入りで酸っぱテイストに.
夜:妻作 ボンゴレ.殻付きならばもっと見映えがするが・・・処理に時間がかかるし、そもそも殻付きはあまり見当たらない・・・と妻とぼやく^^;

2022/04/04~10 料理

4月4日-夜:妻作 鯖缶と小松菜と舞茸の甘辛炒め+厚揚げ豆腐.厚揚げ豆腐の「皮」の部分には名前はあるのだろうか?
4月5日-夜:妻作 さんまの塩焼き定.入手したばかりの長皿を早速使用.余裕でさんまを乗せれるようになった^^.
4月6日-夜:デミグラスソースオムライス.バターライスにおいて、うっかりマッシュルームを買い忘れていたのでしめじで代用.問題なし^~^.
4月7日-夜:妻作 なすと鯖缶の煮物.今年度初なす.あっさり美味し^~^.
4月8日-夜:コーンクリームシチュー.水加減・火加減はそろそろ覚えたかな?
4月9日-
朝:パンケーキ.生地の粉に、いつもは約半分使っているそば粉を半分にし、その分を片栗粉に変えてみた.片栗粉を溶いた水は粘らないせいか、生地を焼く際もいつもより広がり、パンケーキはいつもより薄くなった.では、モチモチ感は・・・それほど増えた感じはしない^^;
昼:妻作 ぶりの塩焼き+海藻サラダ.ぶりは天然だが、養殖ものに匹敵する脂の乗り方であった^~^.
夜:妻作 よだれ鶏.花椒の効果で「ピリ旨」である^~^.
4月10日-夜:妻作 黒酢ぶり.最近天然ぶりをスーパーでよく見かける.豊漁なのかな?そしてこのぶりは本当に天然?と言う位脂が乗っている.旨し^~^.

2022/03/22~26 料理

3月22日-夜:妻作 なすとにらの担々スープ+赤魚の煮つけ.スープにはにら・ニンニク・しょうがの体温め食材3点込み.
3月23日-夜:せりチャーハン.せりは山野で年中見掛けるイメージだけどスーパーでよく見掛けるのは春.春が旬の扱いなのかな?
3月24日-夜:妻作 ピーマンの「さば詰め」.さばとは何と新鮮な!
3月25日-夜:クリームシチュー.より舌触りが滑らかになればと、豚肉に片栗粉をまぶしてみたらルーの粘りが強くなる影響が...でも味わいに影響なし^^;
3月26日-
朝:そば粉入りパンケーキ.もはやカレーテイストが止められず^^;
夜:妻作 いわしの梅味噌焼き.何となく、梅の開花をイメージさせる彩り.いわしと梅というと、煮物のイメージだけだったが、新たな知見を得られた.

2022/03/05~13 料理

3月5日-
朝:スフレオムライス.スープは奇数で余ったカレールー使用.
昼:妻作 サバの水煮缶とキャベツの中華丼.黄色く春めいた色合いだが、黄色はコーンによるものである.
夜:妻作 合い挽き肉煮込みハンバーグ.食べた時のコクは、合い挽き肉と鶏挽肉ではやはり前者に軍配が上がる.
3月6日-
昼:妻作 りんご・菜の花の豚肉巻.りんごと豚肉とは新鮮な組み合わせなり.ご飯に乗っているのは蕗味噌.蕗のほろ苦さも春の接近を感じさせる.
夜:妻作 いわしかば焼き.脂が乗っており美味.菜の花のおひたしが春のアクセント.
3月7日-夜:妻作 野菜たっぷり信田煮.目に鮮やか.これもまた春の雰囲気.
3月8日-夜:妻作 鮭とトマトのチーズパン粉焼き.ガーリック風味が食欲をそそる.トマトが鮭にもまして味に存在感があった^~^.
3月9日-夜:時間があまりなかったので簡単にイワシ塩焼き定食.大きく、良いイワシ.シンプルな調理でも十分美味^~^.
3月10日-夜:妻作 イワシカレー粉パン粉焼き.外はカリカリ中ジューシー.至福の味とはまさにこれのこと.
3月11日-夜:ビーフシチュー.入れてるお肉は鶏挽肉.でも、十分アリ.
3月12日-朝:そば粉使用パンケーキ.カレーの壺を入れるのは定番化しつつある.
3月12日-夜・3月13日-朝:妻作 ライ麦トーストの定食.水戸のパン屋で入手したライ麦70%というものは今までのパンの認識を改めさせる重厚さであった.というか、今更ながら知ったが、「ライ麦パン」と言っても小麦とブレンドで作るものなのね.
3月13日-夜:妻作 全粒粉パスタ(小松菜、ツナペペロンチーノ)+手作りサラダチキン(塩麹漬込).全粒粉の風味が何やら心地よくなってきた.

2022/02/21~27 料理

2月21日-夜:妻作 鱈カレー南蛮.冷え切った体に染み渡るカレーテイスト.
2月22日-夜:妻作 フジッリパスタ、キャベツと人参と鶏胸のもりもりサラダ+α.サラダ、その名に恥じぬ満足感が得られた.
2月23日-夜:ブロッコリー・カリフラワーのフリット、鮭の照り焼き+α.フリットは外がカリカリで中がしっとり、具の味が凝縮されていた.妻より「未知の食感」とのお言葉を頂く.尚、レシピではチリソースであったが、我々の舌はお子様故、代わりにケチャップにした.
2月24日-夜:妻作 鶏ももきんぴら+α.鶏ももはとろみでコーティングされてしっとり美味し.ご飯に乗っているのは戻し椎茸.
2月25日-夜:鮭クリームシチュー.同量のお肉より鮭の方がお手頃だった.煮込む際は火を最弱より少し強めにするとasahama的に良い感じ.
2月26日-
朝:そば粉入りパンケーキ.カレーの壺も添加.たった小匙1/2でとてもカレー風味に.
昼:妻作 レバニラ炒め、しらすチーズトースト+α.鉄分・カルシウム強化メニュー.しらすチーズトーストは定番化の予感.
夜#1:妻作 水菜豚しゃぶ.大根おろしたっぷり.白菜大量消化メニュー.
夜#2:妻作 #1で使った鍋によるオートミールおじや+水餃子.ご飯の代わりとして.
2月27日-
朝:妻作 炊き込みご飯.ストウブで炊いてみたもの.炊飯器と遜色ない味わい.
夜:妻作 オスシシャモスモーク、ネギ丸焼きetc.スモークもまたストウブにて.今までにない香りなシシャモを味わう^~^.ネギ、ねっとりな甘みに.店で見た「長ネギ買って!」x3のポップに乗せられて正解^~^

長かった冬もそろそろ終わりか.スーパーの生鮮物に春物が目立ってきた.

2022/02/13~20 料理

2月13日-
昼:妻作 焼うどん.ツナ、大根の葉が活躍
夜:妻作 鯖・紫キャベツのマリネ他.紫キャベツは緑のに対して色だけでなく食感も違う気がする(少し頑丈).
2月14日-夜:妻作 サンマ塩焼き.このサンマは脂がよく乗っていた.冷凍であるがとても美味.
2月15日-夜:妻作 鶏笹身アボカドわさびマヨネーズ和え他.わさびとマヨネーズは合う.辛子マヨネーズとほぼ同じ風味だからか.
2月16日-夜:鯖味噌煮ピーマン.レシピ本が書店になく、幸いにもネットで拾えた.ありがたし.しかし鯖が見つからず代わりに鯵使用.
2月17日-夜:妻作 鯖味噌煮+新玉ねぎレンジ蒸し.味噌煮は鯵より鯖に軍配かな.鯵の方が旬ならまた違うかも.
2月18日-夜:妻作 コーンクリームシチュー.緑のアクセントに芽キャベツがマッチする.紫キャベツ、やっぱり緑のに比べ食感が頑丈かな?
2月19日-
朝:スフレオムライス.クリームソースにカレーの壺を小匙1弱入れただけでカレーテイストに.緑っぽくなったのは元々緑分が含まれるから?
昼:妻作 おからドライカレー.ジャワカレールー使用.人参・玉ねぎが良い歯応え.
夜:妻作 キャベツ鶏モモスープ.大量のキャベツで満腹、満腹.
2月20日-夜:妻作 セリのナムル、イワシすり身のハンバーグ他.セリ、思ったよりも大人しい香り.

2022/01/24~30 料理

1月24日-夜:妻作 鶏もも肉・キャベツの煮込み.STAUBによる安定の美味しさ.どうも付け合わせの紫カリフラワーに目が行ってしまう^^;
1月25日-夜:妻作 サメの煮つけ.久しぶりに食した.柔らかく美味しく頂け、そしてコストパフォーマンスもよしだが、あまり見かけないのがネック.
1月26日-夜:オムライス.2食とも卵中央に穴が空いてしまった^^;フライパンにくっついた?
1月27日-夜:妻作 春菊・イカのチヂミ.春菊の香りが心地よく、表面はパリパリ、中はイカの味が濃厚.小さい頃は春菊の香りはどちらかというと苦手だったのだが、最近はむしろ好み.品種の特性が変わったか?それともasahamaの嗜好が変わったか?
1月28日-夜:コーンクリームシチュー.じゃがいもの代わりに頂きものの自然薯を使ってみたが、思いの外 身が締まってホクホク感がある.
1月29日-
朝:パンケーキ.牛乳を濃厚4.4(加工乳)に変更してみた.口から鼻に抜ける甘い(?)香りが強くなった気がする.ケーキ生地に混ぜていたバターをオリーブオイルに変更.塩気を補う為、食塩を少々(小匙1/4:2人分)使用.
昼:妻作 鯖マフィン.パンで掴まれ、鯖等中の具材で引き込まれる.という感じの魔性の美味さがある.
夜:妻作 キャベツとオイルサーディンのパスタ+塩鯖のトマト煮.2種の魚によるぜいたくメニュー?しかしヘルシー・美味.「サーディン」とはイワシの事なのか…asahama、不勉強なり.
1月30日-夜:妻作 チーズフォンデュ/野菜・ウインナーのアヒージョ+オートミールによる即席パン+その他.チーズ・小麦系の香ばしい香りがほとばしる.チーズフォンデュのチーズにはカマンベール使用.こんな使い方があるとは・・・また美味しい勉強ができた.^~^

2022/01/09~15 料理

1月9日-夜:妻作 アジの塩焼き定食.ご飯の少なさは芋でカバー.
1月10日-昼:妻作 サバ缶丼.サバ缶、ついに丼ぶり化.
1月10日-夜:妻作 鶏モモとキャベツの煮込み.STAUBで安定のトロトロ感.
1月11日-夜:妻作 ナス・豆腐の煮込み.煮汁は昨夜の残りを活用.
1月12日-夜:サバの味噌煮.マサバ丸魚を捌いて調理.渦巻きアニーが沢山いたが、煮込んでしまえば関係なし.
1月13日-夜:妻作 鱈のにらソース和え.甘酸っぱく、淡白な鱈とよく合う.
1月14日-夜:クリームシチュー.玄米を初めて用いてみたが問題なし.
1月15日-朝:半分そば粉パンケーキ.牛乳の分量を元に戻す(増量).しっとり感が復活した.
1月15日-夜:妻作 ロール白菜.キャベツよりも葉が長いので巻くのが楽でよいとの事.出汁がよく染みている.オレンジ白菜はより柔らかい模様.