2020/06/24~29 玉ねぎ収穫

6月24日

黄玉ねぎの多くはまだ倒伏せず
黄玉ねぎ(泉州中高黄)の多くはまだ倒伏せず
玉ねぎの蕾
残してある玉ねぎのとう.苞の内側で沢山の蕾が膨らんできている.
おおくの赤玉ねぎはカゴへ.
赤たまねぎ(赤玉の極み)の多くは一足先に陳列カゴへ

6月26日

割ってみると、綺麗な白・紫の模様.

6月29日

黄玉ねぎも収穫
相変わらず黄玉ねぎは倒伏が進まないが、葉は傷んできた.腐ってしまう前にこちらも収穫
珍玉ねぎ
すると、珍妙な玉ねぎが出てきた.最初に膨らんでいた玉はしぼみ、代わりに根の付け根
辺りから幾つかの小さな玉ねぎが下向きに伸び、膨らんでいた.こんな姿を見るのは初めて
である.面白いのでこれは食べずにまた育ててみよう.
びっしり根鉢を形成
小苗をまとめていた鉢でも収穫.根鉢がびっしり形成されていた.

開花

開花
残していたとうから花が咲いたので撮影.中央のピンボケがそれ.もっと大きくなるのかと思って
いたが、苞から先の花序の大きさは長さ・幅ともに2.5cm弱であった.もっと大きな玉からだと違う
のかな?

2020/05/07 玉ねぎ薹立ち多数

プランター全景
球の太りはまだまだだな所、予想はしていたが連休明け、残念な現象が多数発生している.

玉ねぎ坊主の利用

味噌汁の具に
摘んだ玉ねぎ坊主は味噌汁の具に利用.他にも色々使えそうだ.


2020/05/17 追記

黄玉ねぎと赤玉ねぎのボウズ違い
赤玉ねぎの坊主の苞は赤い.

2020/01/21 玉ねぎ近況

いつも発見してしまう雑草
出勤日は、雨天でもない限りは極力目を凝らして雑草を摘み取っている.その甲斐あってか
ほぼ発生は抑えられているが、毎日のように最低2~3株は発見してしまう.一体どうやって
前の日は目を逃れたのか…と思いたくなる(有力な説:asahamaの目は節穴なのだ).

それよりももっと気がかりな事がある.

2019/11/20 玉ねぎ近況

玉ねぎの状態

玉ねぎは先々週の内に定植を完了した.

定植完了
コガネムシの食害に晒されながらも、黄・赤共に予定の30株をどうにか確保
余剰苗
こちらは余剰苗.念のためキープしておく.

雑草達

マツバウンラン&キク科の芽生え
この春、防除をさぼった結果ばら撒かれたマツバウンラン種子の発芽は現在も続き、そして、
他所から供給されていると思しきキク科の発芽もまだまだ続く.一見ちっぽけな地上部に
対し・・・
地下部は地上部の倍以上長い
その根はずんずん地下深くまで伸びている.根圏が充実したら一気に地上部を大きくする
作戦だ.故に、できるだけ小さな内に摘み取るのが肝要.