2020/06/15 セスジスズメ羽化

羽化の兆候を示していたセスジスズメの越冬蛹が、遂に羽化を迎えた.

21時頃

オナガ用羽化器で翅を伸ばす
オナガミズアオよりもかなり速い足取りで歩き回り、オナガミズアオ用羽化器の先端で
落ち着いた.カバーがあるとかえって落ち着かないようなので取り除いた.
10分位で翅が伸び切った.
羽化完了
更に20分少々で翅が開き、羽化完了

2020/06/13 セスジスズメ羽化が近い?

2020/03/04 オナガミズアオ・クスサン睡眠休眠延長作戦

越冬中のセスジスズメ蛹
セスジスズメはもっと眠りが深そうだし、羽化後累代等をするつもりもないので、ひとまず
ベランダに残しておく.

2019/09/28 蛹・冬場の管理の準備

オオミズアオやスズメガは冬を蛹で越すが、彼らのように地上ないし地下で蛹化する
種では、越冬中の乾燥対策が必要である.以下、asahamaがとる策を示す.

用意したもの
用意したもの.(1)5号の植木鉢、(2)湿らせたピートモス、(3)不織布2枚、(4)鉢の主
(セスジスズメ)  ※ハサミ、紙紐も写っているが今回は使わずじまいだった.
まず、1枚の不織布を鉢底に張り付けた鉢に、ピートモスを注ぐ.
蛹を鎮座
蛹を鎮座
紙紐では具合が悪い
後はもう一枚の不織布で蓋をすれば完成だが、蓋の固定に紙紐では具合が悪い・・・そこで
洗濯ばさみで固定
洗濯ばさみで固定した.これならしっかり.

(その後の管理)日の当たらない屋外で保管.時々水を与える.

雌雄どっち?7
このセスジスズメは9月23日に蛹化した.さて、雄・雌どちらだろう?asahamaはスズメガ蛹
の雌雄を見分けるスキルをまだ持ち合わせていない.

2019/09/16 セスジスズメGET

玄関先にて

手乗りセスジスズメ幼虫
外出先からアパートに戻ってきた時の事、地面を歩いているこの子を見つけ、思わず
持ち帰った.久しぶりの感触だ.
とりあずプラケースに餌と一緒に入れる
とりあずプラケースに餌と一緒に入れる.
食べ始めた
地面を歩いていたから老熟かもとも思ったが・・・おや、食べ始めた.どうやら餌を探して
歩き回っていたようだ.

不思議と夜の間は食事どころか一切の動きを止め(糞さえしない)、朝になって再び
移動・食事・糞という日を繰り返した.

9月19日

餌をたんまり入れたが・・・
毎日食欲旺盛、この日も沢山食糧を調達したのだが
繭を作り始めていた
この日の夜には繭を作り始めていた.周囲には軟便の跡も.意外と早かったね
ちょっと不便そうだけど、最終的には形となった(といってもこの種の作る繭は繭と呼べるか
怪しい程の粗い仕様である).