「クスサン」タグアーカイブ

2021/09/18 クスサン卵計数

どれだけ産んだ?

ケースに直接産み付けられた卵は、水に濡らしたせいか、マイナスドライバーを使った所、思ったよりも剥がし取りやすかった(特に蓋の卵は最初から接着していなかったのでは?という位)

さて、卵の数を数えると・・・46
とりあえず不織布に包んでおく.多分、冬が来たらしばらく外の日陰に出しておく.

2021/09/14 クスサンGET

日立駅付近にて

植え込みのツツジに、嵌るような恰好で落ちているのを発見.雌であるのを確認.人目を気にする暇など無しに、写真に収めた後、車に常備していたプラケースでお持ち帰りする.

産卵セット準備

持ち帰るのに使ったプラケースをベースに、産卵の用意を組み立てる.足場のキッチンタオルを壁面の1面にセット・産卵促進用としてサクラの小枝をケース蓋に固定し、暗がりに置いて様子を見た.

産卵確認

(20:36)産卵しているのを確認.
(21:00)母蛾のついているプラケース蓋をベランダに出して自由に飛んで行けるようにしたが…(後述)

大量の卵確認

夜明けちょっと前になっても飛んで行かなかったので、てっきりもう弱っているのかと思い、母蛾をケースに収納しようと動かしたらウォーミングアップを開始し、程なく暴れ始めたので慌てて外に放つと軽やかに飛んで行った.気になるのは、蓋の、母蛾がじっとしていた辺り・・・やはりどっさり卵が産み付けられていた – -;

前回は5粒という、頼りない数だったが、今回は多過ぎるという結果に.付近の良さげな樹木に卵の内に間引きとして放しておこう.

2020/09/26 クスサン羽化

14時過ぎの事

15:23 遂に殻が割れる

殻が割れてから繭脱出に取り掛かるまでが意外と長く、繭の脱出は意外なほどあっさり.
翅伸ばしの様子はすぐに見切りをつけて、タイムラプスに回すべきだったかな.

ゆっくり翅が伸びる

羽化脱出~翅伸ばしの続き. 1時間36分を37秒にタイムラプス撮影.最後は翅を開く所で
終わっているが、撮影向きの 関係で分かりにくい…^^;

17:29 羽化完了

いい顔である.
今まで、クスサンの眼状紋は透けないと思い込んでいたが、こうして見ると白い部分は
透けているようだ.目が光って見える?

18:44 No2も羽化

こちらも男の子

ベランダに出しておいたら未明には飛び立った模様

2020/06/17~20 クスサン蛹化

6月17日

前蛹の雰囲気が変わってきた
ワンダリングから1週間.前蛹の雰囲気が変わってきた.そろそろか

6月20日

これは土浦で撮影したクスサン幼虫.カツラの葉で育っている.大変立派であった.
蛹化確認
この日の午後、前蛹は蛹になっていた.初々しい感じである.雄なのか、雌なのか、経験の浅い
asahamaにはまだ一目では判らない(雄のような気がしなくもない).

2020/06/09~14 クスサン営繭

6月9日

逆光で見てみる
「大」体長11cm(↑写真)、「小」体長9cm.逆光で見ると毛の密生具合がよく判る.

6月11日

6月12日

ワンダリング開始
「大」の方、今朝から妙に食事をしないので、もしやと思いネットケージ
で囲っておいた所、19:00頃、やはりガットパージ(大量の軟便)をして
ワンダリング(徘徊)を始めていた.
糸を吐きながら壁面を登る
ネットケージで繭を作られては具合が悪いので、プラケースに移動.
ケース壁面に盛んに糸を吐き着けている.今度は間違いなく
「上がり」を迎えたのだ.

6月13日

天井の隅で営繭
明くる朝、ケースの下に敷いた落ち葉・クッキングペーパーではなく、
ケース天井の隅で営繭を始めているのを確認.
大体できる
夕方には大体繭の形が出来上がっていた.
繭の下には折れた毛が沢山
繭の下には折れた毛が沢山落ちていた.

「小」も「上がり」

「小」も、昨夜から葉を殆ど食べず、枝先でひたすらじっとしていたので
もしやと思いネットケージに入れておいた所、昼過ぎやはりガットパージし、
ワンダリングを始めていた.

手乗り
幼虫見納めにつき、手乗り.
ミズアオのように繭用ケースに一時入れておいたのだが・・・落ち着く
気配が無い.
「小」営繭開始
試しに、ミズアオ飼育で残ったヤシャブシの枝に止まらせてみた所、
19:00頃枝先で繭を作る判断をした模様.

6月14日

ほぼ完成したように見える繭にて.幼虫が出口から頭を出して繭の縁を
内側に引き込む動作を繰り返している.

2020/06/01~07 クスサン成長中

6月1日

「大」5齢に
「大」昨夜の内に脱皮を済ませた模様(5齢).恐らくこれが終齢

6月2日

6月4日-異変

6月5日

6月6日

すっかり食欲は回復

6月7日

貫禄がついてきた.
体長、「大」:9.5cm、「小」8cm.貫禄がついてきた

2020/05/25~30 クスサン成長中

5月25日

こちらは大きい方
体長・・・大きい方:5cm、小さい方:4.5cm

5月27日

大きい方食事中
体長・・・大きい方:5cm強、小さい方:4.5cm

5月28日

5月29日

大きい方
体長・・・大きい方:6cm(夕)、小さい方:5cm
食べ痕
葉柄を残して綺麗に食べる.
ミズアオのように細かく葉を食べる.対照的なのはウスタビガ

5月30日

「小」ここで眠に入る
体長・・・大:4.5cm(眠中)、小:5.5cm(もうすぐ眠)
写真は13:40頃.朝からさんざん歩き回った後この葉で眠に入る所

2020/05/19~24 クスサン成長中

5月19日

体長30mm程
体長30mm程

5月21日

ヤシャブシの葉を食べている
いつの間にかヤシャブシの枝に移り、葉を食べている個体.食草のチェンジは容易なのだろうか?
この後サクラに戻す.

5月22日

5月24日