2019/02/11~13 ハマグリ・ながらみ近況

2月11日

チョウセンハマグリ真上から
活動中のハマグリを真上から望む.大きく開いた出水管が健康の証.

2月12日

水管にゅーん
体も使って水管を高く伸ばす. 餌を 、ながらみより先に大量ゲットする作戦か?

2月13日

砂から管等を出すながらみ
砂から出ればかなり存在感があるながらみも、潜った姿はかなり慎ましい.触角を盛んに振っている
けど、それも餌集めの一環?

何となく、ながらみが来てからハマグリは活動的になった気がする.餌により
貪欲になったと言うか.
最近餌のストックも新しくした事もあってか、ハマグリは擬糞を出さなくなった.
舌が肥えているのか?一度に与える餌の量を2mlから2.5mlにアップした(今の所
問題なし).

2019/01/30~02/03 海水水槽

1月30日

こんな動画を撮って、絶好調!と浮かれていたら・・・

1月31日

少し様子が変の水槽
翌日夜、帰宅すると、ん?餌を与えて十分時間が経ってる割には水が濁っているな・・・少し潮の匂い
もキツメ.泡もやけに残り気味・・・こ れ は ヤバイのか!?

急いで取り出す.

2匹は無事
別に何て事ない.両者とも無事であった.あの濁り等は何だったのか・・・

一応海水は取り替えて、ボトルに戻してやると、いつものように砂の中へ・・・
ハマグリかながらみが何かを放出でもしたのだろうか.

2月2日

最近購入した珪藻
最近購入した珪藻の梱包には使い捨てカイロが!そうか、凍結してはマズイものね.
いい仕事をしてらっしゃる.

2月3日

水管を拡げるハマグリ
この日(2日振りに)換水しようとしたら、また泡が目に付き、強めの潮の香りが鼻に付いた.でも
やはり両者は無事.どうやらながらみを飼っていると、別に弱ってなくてもそうなりやすいみたいね.
一方、この状態が長く続けば影響は現れるかもしれない.

2019/01/24 ながらみ導入

1匹で悠々自適に過ごしていたハマ君に黒船(?)来航!
水槽に入れる個体
黒船とはこの子の事.ながらみ(ダンベイキサゴ)

導入~蘇生

3cmの個体でも、径10cmのボトルでは十分な存在感である(引っ越しを検討したい).
とりあえず身をここまで出してまったりしているので・・・
身を下に返してやる
身を下に反してやる.すると、水管まで出してくれた.お、今回はうまく導入できるかな?
移動を始めるか?
ガードしていた足を砂地に向けひらひらさせ始めた.お、動き出すか?と見ている内に・・・
身が砂に埋まり始める
あれよあれよという間に、頭からずぶずぶ砂に埋まっていく・・・
更に埋まる
更にどんどん埋まっていき・・・
殻の頂上を残して埋まる
殻の一部を残す程度まで埋まった.
水管・眼・触角を出す
一通り埋まると、水管・眼・触角を砂から出した.巻貝としては少々変わった体つきは、こうして
見るとなるほど、砂地への適応の結果なのだとよく分かる.
大きな泡が残留
ながらみは、とりわけ多く粘液を出すみたい.お陰で導入直後は大きな泡が沢山水面に浮いた.
しかし、ながらみが馴染んだ後はそうでもなくなった.
換水中
換水中の1枚.どうか長生きしてくれますように.

2019/01/21~27 料理

全般

料理

マッシュルームも優秀

ながらみ(ダンベイキサゴ)を購入したので・・・

ながらみをボウルに盛る
一粒でよかったんだけどね・・・他に手段が無かったので、おさかな市場より購入
大きさで選別・・・
飼育用に1粒を選び出す.なるべく小さく、はっきりした模様のを・・・
食べ物に対する扱いはいつだって、わがままで残酷なのだ.
水槽に入れる個体
灰色・白色のメリハリが効いたこの個体を飼育する事にした.殻の幅はほぼ30mm
身を取り出す
半分海水のお湯で茹でて、地道に一個ずつ身を取り出す.ちなみに、画像左の殻は身がうまく取れな
かったもの.
分けてラップに包む
7個単位を基準にラップで包んで冷凍保存する.画像上の3個の殻は後で装飾用にとっておくもの
野菜炒めに加えたながらみ
野菜炒めに混ぜる.時々砂をかんでいるが、おおむね美味である.

揚げ餅膨張→くっつく^^;

揚げ餅膨張!
始末に負えないとはこの事かな?

甘夏のお味は?

甘夏
甘夏を初めて食べてみることにした.
割った甘夏
うむ、グレープフルーツホワイトとほぼ同じかな.