「会社」カテゴリーアーカイブ

2023/12/29 挿し木・植替え

ローズマリー挿し木

新築工事で消滅してしまったローズマリーを妻の希望で再導入する為、近所の野良状態と思われるローズマリーの小枝を2本採取.ルートンを施した上で挿し木を実施.

セントポーリア鉢増し

現在2.5号に植わっている2つの実生セントポーリア.手狭になってきたようなので3号鉢に鉢増しを実施.
用土は基本的に赤玉2:鹿沼1:化粧砂1としている(今の所).底にはマグァンプを仕込んでおく.
1鉢目を裏返してみた所・・・奴がいるな.
根鉢にて.奴はとてもしつこい.ネコナカイガラムシ.
では、ダイアジノンをお見舞いしておこう.

2鉢目にもいたのでこちらにも同様に.

植替え完了.2鉢とも見開花.来年は花、咲くかな?
ダイアジノンだけでは手ぬるいかなと思ったのでベニカXも散布.

胡蝶蘭植替え

一度、素焼き水苔に植え込んでいた会社の胡蝶蘭の一部に、生育がイマイチな株があったので回収して来た.

根鉢を確認してみる.不思議な程根が張ってない.

2鉢目も同様.素焼きに水苔は無難ではない.
元と同じサイズ(4.5号)のプラ鉢に、バーク3:鹿沼1の植え込み材で植え込む.

2023/11/13~14 玉ねぎ定植

11月13日

大きい株は長さ30cm近くに達した.種まきから50日経過した事もあるので、定植を実施した.
株から少し離れた所から移植ごてを斜めに差し入れて株を土の塊ごと掘り起こす.
一部の株がやけに根が少ない.という事は.
やはりいたか.ダイアジノン施用でも生き残りがあった模様.
この日は泉州中高黄のみ実施.画像上部の株程大きくなるよう並べた.定植の優先順位は大きい方からである.90株近くあるが、プランターに戻すのは内28株.嗚呼、競争社会.
ここからは植え付けのフェーズ.asahamaは根を切り揃えない派である.植穴に根を曲げて入れ込んで土を満たす.
玉ねぎの葉はおおむね左右交互に出るが、苗の内からその様子が伺える.ココではプランターの脇が通路なので、なるべく干渉しないよう向きを合わせた(つもり).

11月14日

赤玉の極みもそこそこ大きくなっている.こちらも定植実施.
根の状態、良好.
これは一度コガネ幼虫の被害に遭っていた株.根はまあまあ復活してきている(定植の対象外だが).
泉州中高黄のプランターに比べて乾燥気味だったせいか、こちらの苗たちは全体的に小ぶりである.

どちらも定植完了.土いじりはいつやっても楽しい ^_^

※11月16日 追記

会社のプランターに植えられなかった苗達は実家の空いているスペースに植え付けとなった.土は肥沃だが、この苗達は小さ目だし、日当たりは概して良くないのできっとペコロス級にしか太らないだろう…

泉州中高黄

38本

赤玉の極み

50本

2023/10/27 妙な胡蝶蘭

葉の付き方

胡蝶蘭の葉というと、↑のように概ね左右交互に付くものである.

しかし、この株は明らかにおかしい.
上から見るとこの通り、5方向に付いている.
葉の根元はこんな感じ.無理矢理ねじってる感がある付き方.
この胡蝶蘭は数ある他の株に同じくお祝いで頂いたものの一つであり、当初は左右交互に付いていたが、途中から妙な付き方に変わった.ちなみに花は至って普通の白大輪である.

こんな胡蝶蘭を他にお持ちの方がいたら是非ご一報を...