2019/11/20 玉ねぎ近況

玉ねぎの状態

玉ねぎは先々週の内に定植を完了した.

定植完了
コガネムシの食害に晒されながらも、黄・赤共に予定の30株をどうにか確保
余剰苗
こちらは余剰苗.念のためキープしておく.

雑草達

マツバウンラン&キク科の芽生え
この春、防除をさぼった結果ばら撒かれたマツバウンラン種子の発芽は現在も続き、そして、
他所から供給されていると思しきキク科の発芽もまだまだ続く.一見ちっぽけな地上部に
対し・・・
地下部は地上部の倍以上長い
その根はずんずん地下深くまで伸びている.根圏が充実したら一気に地上部を大きくする
作戦だ.故に、できるだけ小さな内に摘み取るのが肝要.

2019/10/15,24 玉ねぎ近況

10月15日

大きい苗は18cm弱に伸びた.

プランターには常に沢山の草が生えてくる.特にこの時期は、初夏にばら撒かれた
(asahamaの油断に因る)マツバウンランの種子がわんさか発芽してくる.放っておくと
冬の間にどんどん大きくなり玉ねぎが得る筈の養分が奪われてしまう.なので生えて
くる傍から小さいうちに ピンセットで 摘み取っていく.他、スベリヒユも生えて
くる.これはこれから先あまり大きくならないが、代わりに株が小さいうちに花を
咲かせて大量の種子を作ってしまうので、やはりこれも早めに全て摘み取る.

アオバハゴロモ
アオバハゴロモが1頭苗にとりついていた.大した影響はなさそうなので放っておく.

10月24日

大きい苗は20.5cm程になっていた.
新手の草
新手の種類の草が生えてきた.チチコグサの仲間か

2019/10/08 タマネギ近況

コガネムシ幼虫被害発生

前日、苗が3株やられているのを発見.萎れた葉をちょっと引っ張ると、あっさり抜け、
株元が存在しない.内1株ではコガネムシの小さな幼虫が見つかった.
あいにく当時は手元にダイアジノンが無かった.次の日は必ずや持ってくるが、「その時まで
他の株は無事でいてくれるだろうか・・・」と気が気ではなかったが、あくる日(この日)見ると
他の株は無事であった.

では、ダイアジノン様を降臨させちゃうぞ~

株元にはしっかりと(左写真.土で被せてあるが、株の周囲を囲むようにみっちり
撒いた)、全体にまんべんなく撒く (右写真) .

作業完了
6プランター分作業完了

2019/09/24~27 玉ねぎ近況

9月24日

播種から1週間、赤玉ねぎ・黄玉ねぎ共に発芽が始まった.しかし・・・

9月26日

事件発生.1つのプランターの土が派手に掘り返されている.土を調べたら、動物
の「落とし物」が・・・猫だな.

9月27日

一時的に再度防草シート
とある対猫兵器を導入するまでの一晩、一時防草シートで猫の侵入を防いでいた.
猫よけシート
対猫兵器、猫よけシートを施行!

2019/09/17 玉ねぎ種まき

数年前から会社の敷地にて、趣味で玉ねぎをプランターで育てていたが、
今年はその様子をアップしてみる事にした.

防草シートを外す

防草シートを外す
前回の収穫からプランターにずっと被せてきた防草シートを外す時が来た.防草シートによる
コガネムシの侵入防止の策は、前回のシーズン時に考案.
防草シートの支えを除く
防草シートを外すと、シュレッダーダストを入れた袋が出てくる.これは、防草シートが雨等
で凹んだりするのを防ぐ為に入れておいたものだ.これも役目が終わったので取り除く.

180粒蒔く

播種の様子
毎年そうだが、品種は中晩成の黄と赤.プランターは全部で6個.プランター1個につき
10か所ペットボトルの蓋を使ってくぼみを作り、そこにピンセットで3粒ずつ種を置いて覆土.
用土にはこの日の1週間ほど前、一発肥料と有機石灰を施してある.
作業完了
作業完了.あとは水を切らさぬよう気を付けながら発芽を待つ.