2021/09/14~18 オナガミズアオ営繭へ

9月14日

大きな個体はムチムチに.画像は食べ残した葉柄をかじり落そうとしている所.

改めて5頭まとめ撮影

※逆光の程度が個体ではストロボ使用

9月15日

成長が最も進んだ個体でも体長7cm弱.この時期はまあこんなものか.

9月16日

夜、成長が最も進んでいた1頭の個体が「あがり」になっているのを確認.脱走される前に営繭ケースへ収容した.

9月17日

この日の夜新たに2頭「あがり」を確認.asahama休日につき、今回はすぐに収容せず、ガットパージ・ワンダリング開始まで見届ける事にした.

9月18日

(0時台)2頭ともまだじっとしている.色付きもまだ弱い.

(2時後半~3時台)それぞれ近いタイミングでガットパージ.

腹部を透かして見る

見た限りでは、2頭とも睾丸的な影は見当たらなかった.雌かな?
どちらも無事に営繭ケースに収容あいなった.

残る幼虫は2頭に.餌の調達は終了かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA