2021/01/09,17 ポインセチアの研究
(向きの変化について)

ふと気になったので

昨年12月からベランダの戸の傍に置いているポインセチア.
ふと見ると、設置当初に比べて枝ぶりがやけにベランダを向いている
ように思えた.枝が伸長している訳でもないのに.偶然?
そこで、向きを180度変えて、枝ぶりに変化が生じるか定点で観察して
みた.

冬越し中のポインセチア、先端がちょっとずつ動いているだけかと思いきや、
結構ダイナミックな動きをしている模様.これは陽の向きに応じて(陽がよく当たる
よう)に葉の向きを調整している・・・いや、ちょっと待った.
そうすぐに結論を出してはいけない.

ポインセチアは、陽の向きに関わらず予め向きを変える予定だったのかも知れない.
もう二回鉢を回す実験をしてみよう.次は90度、更に次は180度と、変化を着けて
回してみよう.それでも枝ぶりがベランダ(陽)を向くような変化をしたら、
「陽を向くよう枝ぶりを調整している」と認める事にしよう.

さて、どうなるかな?確認は1週間後としよう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA