2020/10/12~18 アゲハ・ホシホウジャク蛹化

10月12日

(19時少し前)ネットケージの天井にアゲハが張り付いていた.体は縮んでおり、じっと動かない.
どうやら蛹になる場所を決めた感じだが、腹端を固定した様子や、帯糸をかけた様子は無い.
なるべく、ネットケージ以外の場所で蛹になってもらいたかったので、今ならまだ移動できる
かも知れない.
ネットケージを上下ひっくり返して1時間弱.思惑通りのそのそと移動を始めた.
定位し直す前にすぐに、蛹化用の枠に移した(腹脚辺りからさするように持ち上げると、更に
息を吹きかけながらだと割とすんなり手に乗り移る.これを利用して移す).

20時~21時台

ホシホウジャク

(21:29)既に蛹化.おや、脱皮したてのようだ.うむむ、見逃した^^;

10月13日

朝にはすっかり前蛹となった.移動が間に合ってよかった.

夜半過ぎ直前

(23:56)体の様子が変わってきた.蛹化は間近

10月14日

脱皮直後には初々しい緑だった体色が、すっかり黒褐色に変貌を遂げていた.

10月18日

14日朝の時点でかすかに残っていた緑味はすっかり無くなり、The 褐色 といういで立ちに.
また、休眠蛹だからだろう.体の線もぴしっと締まった印象だ.
あわよくば緑色型になってほしいなぁと思っていたが、ここまで徹底的な褐色型になると、
これはこれで・・・いや、むしろこっちの方が格好いい!とさえ思う.

ホシホウジャク

6日目も変化なし
蛹化から6日目だが、全くと言っていい程変化が無い.ひょっとしてこのまま越冬?
所で、ホシホウジャクの蛹って何かの楽器みたいね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA