2020/03/21 デンドロビウム シグナタム導入

デンドロビウム ファルコネリーが危篤状態になり、恥を忍んで再挑戦をと、
以前高芽を頂いた千葉の蘭園に出向いたのだが、生憎そちらでも復活中であり、
再入手は当分諦めざるを得なかった.
ではせめて、「ファルコネリーにそっくりな花で割と丈夫な種類」は?と探したが
なかなかピンと来るものが見つからず、焦っていた所、茨城町の蘭園で至極立派な
(ムキムキ?)なバルブを発見.「asahamaに足りないものはムキムキである」と
方針転換.花のデザインはとりあえず横に置いて、デンドロ欲を満たすべく
その株を求めた.

デンドロビウム シグナタム(Dendrobium signatum).
※ちなみに花は(asahama的に)優しい印象である.しかし個体によっては黒い目の模様が入る
かも.もしそうであれば少し嬉しい.
根鉢を改める
ボリポットを外し根鉢を改める.状態の良い根がばっちり回っている.
追加分の植え込み材
植え込み材は交換の必要が無さそうなので、追加分を水苔+ヤシ殻チップで用意.したのだが…
用意した素焼き鉢に、何と入らない.底の径が違う事に気が付かなかった(-_-;).
しかし、より大きな鉢にする訳にもいかず(根腐れするかも)、元気な根をやむを得ず切った.
素焼きに根鉢をどうにか収める
追加の植え込み材はほんの少しだけの追加で、素焼きに根鉢をどうにか収める.そこに、
吊り下げ用の針金を設置.
植え付け完了
「根っこ切って大丈夫かなぁ」と思いつつ植え付け完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA