2018/10/06 昆虫大学他

昆虫大学

「昆虫大学」なる何ともそそられるイベントが開催されると知り、いざ
東京へ.
校章
昆虫をあしらったイカした校章!

ミツツボアリ
テレビや図鑑でしか見た事のなかったアリ達が目の前に!
ミツツボアリさんの巣はこれ自体が芸術作品っぽい.

ブルドッグアリ
強面のブルドッグアリさんは容器内をぐるぐると行進

パラポネラ
アリと呼ぶにはあまりにガッチリ、ビッグなパラポネラさん

ヤマナメクジ
ヤマナメクジさん.日立の山にもいるかなぁ.

カマキリの素敵なポスター
カマキリが沢山潜む素敵なポスター!何頭隠れている?

オオゴマダラ幼虫・蛹
お洒落な模様の幼虫と金ピカの蛹.オオゴマダラさん

オオゴマダラ蛹アップ
どこからどう見ても金ピカである.

アケビコノハ
アケビはよく見る割にはなかなか見かけないアケビコノハさん

買ったもの(バッタT)
買ったもの.サバクトビバッタの来襲Tシャツ.色調は渋めも、よく見れば
インパクトは大ですぞ.

その他買ったもの
その他買ったもの
・イモムシハンドブック③:入学前から、売ってたら買おうと思っていたもの.
・昆虫デザインクリアファイル:人が集まる場面(ミーティング等)でさりげなく
 使ってみよう.
・『斜論』Vol.11:昆虫に絡んだユニークなテーマで、更に表現もフランク.
 「論文って実は面白いのかも」と思わせる書籍だ.

参加者の殆どは若者で、実に沸騰したイベントであった.お陰で会場内を
巡るだけでも一苦労(; ̄ー ̄A フーッ
入学証
これは入学証.背景から、その盛況ぶりが判るだろうか?

東京路地にて

アゲハの蛹
次の目的地、国立科学博物館へ向かう途中、民家の壁で見かけた
アゲハの蛹

国立科学博物館(特別展)

巨大ヒトスジシマカ
巨大ヒトスジシマカ.今度は血を吸う様子の再現を希望(゚∀゚)

ハエ成虫の口について
なるほど、ハエの舐める口はそういう成り立ちだったのか.

ヤママユ雌標本
近くて迫れない存在.ヤママユ

米粒より小さい標本
拡大鏡が無ければ歯が立たない領域^^;

蝶1頭に対しものものしい実験道具
蝶一頭に対してものものしい実験器具ですなぁ

また復活する?
いつか復活する?昆虫バージョン

夕日
屋上にて.丁度いいタイミングで夕日がビルに差し掛かっていた.

香川少年
香川少年の雄姿を見ながら帰路へ.

荘厳な玄関
荘厳な玄関.ライトアップで更に凄みを増す.

2 thoughts on “2018/10/06 昆虫大学他

  1. ぁぁああああああ、大学行きてえぇぇぇえ(´-`)
    戦利品裏山鹿w
    こういう時地方住みはハンデっすなぁ(ㆀ˘・з・˘)

    イキモニアと昆虫大学はいつか行きたいでーす

    • guwaさん、すぐに喰いついてくると思いましたぞ( ̄∇ ̄)
      「いきもにあ」これまた初耳ですが、検索すると「昆虫大学」
      の関西verといった所でしょうか
      (しらすのオブジェはちょっと欲しいと思いました).

      確かに、場所が遠いというのは大きな障壁ですねぇ.
      もっと日本各所でこういったイベントが開催されて
      ほしいものです(-人-)

コメントは停止中です。