「タンポポ」タグアーカイブ

2021/03/30~04/04 タンポポ開花・種まき

3月30日

朝の出勤の頃や夕方の帰宅の頃、そして天気が悪い時はまず開いて
いない.多分花粉を守る為なのだろう.

4月3日

この日は休みであったので開花の様子をばっちり見る事が
できた・・・あれ、花茎が倒れてる.どうやら水が足りない
ようだ.
水を与え持ち直しつつある所を花アップで撮影.うん、いい花だ.
花粉がびっしりである.

この鉢は幾つもの異なる株が植わっているので、順繰りに授粉させてやればきっと
種を作れるだろう.耳かきの梵天で作業を行う.梵天のてっぺんが黄色に染まった.

4月4日

タンポポの花は開き切ると、その角度は180を超えて開く.
そして花粉の付いた雌蕊がつんつん突き出ており、
時間がたつと雌蕊の先端が二股に分かれてそれぞれ
くるりと丸まり、他所の花粉の受け入れ準備が整うと.
上手くできている.

シロバナタンポポ(多分)の種まき

4月3日、妻に案内された日立市街のとある所で、シロバナタンポポ
の群生を見つけ、開花中の株に着いていた種子付きの茎を一応2株から
1本ずつ持ち帰った.無論、種まきの為である.
※当時カメラを持ち合わせていなかったasahamaに代わり、妻が
撮影した開花の様子の画像を拝借し、掲載(2021/04/11)

昨日調達しておいた黄花の方と同じクラスの鉢(6号鉢.高さは少々低い)に、
赤玉2:桐生砂2:腐葉土1の割合でブレンドした用土をいれる.

それぞれの茎から選りすぐり?の種(厳密には痩果)を4つずつ
取り出す.

ピンセットで種の部分を用土に差し込む.綿毛は着けたままにして位置が判る
ようにする.※何となくカントウの種より綿毛が脱落しにくい気がする.

水をたっぷりあげて種まき完了.
栽培方法をネットサーフィンすると、シロバナの種は発芽しにくい
という情報を幾つもの記事で目にした.ひょっとすると中身が
空の種があるのかも知れない.そこで、残っている中から10粒
の種を水に浮かべてみると…あれ、全部浮くなぁ.
その内の1粒を割ってみる.胚と思しきものが詰まっていた.
あれま.これでは参考にならない.

とりあえず8粒のままで様子を観よう.乾かさないよう気を付けながら.

2021/03/14 タンポポ近況

遠目でも判るように

離れたところから見ても明らかに蕾が出ている事が判るようになった.
その蕾を覗き込んで見ると、おや、その根元にもう幾つかの蕾が見えるぞ.
他の株にもはっきりと蕾が見えるようになった.

何となく、開花には数年かかるのかなと思っていたが、そんな事はないようだ.

2021/03/05~06 植物

3月5日

カラスザンショウ 新芽がほころんできた.

3月6日

アグラオネマ鉢増し

Coel.odoardi 葉枯れ箇所切除

ポインセチア 新芽が伸びてきた

当初は切り戻して伸びてきた枝を10cmばかり切り出して実験に供する予定だったが、
「この芽を伸ばせば事足りるのでは?」と思ったのでこのまましばらく伸ばしてみる.

タンポポ蕾増える