2020/11/14~15 植物

11月14日

クンシラン成長再開

「涼しくなると成長を再開する」という園芸書の記述の通り、2枚目の葉を伸ばし始めた.
鮮やかな緑!

ポインセチア苞葉成長中

11月15日

新入り

ポインセチア イエロールクス.
今までにない黄色の苞葉に惚れたので.
ファンタジーカラーでの黄色はあったが、これは幻想に非ず.

2020/10/17~18 植物

10月17日

クンシラン2本目ダウン

10月18日

デンドロキラム開花

独特の香りをふりまいていた.

ゴメザ 2番花 開花

カメラの性能が追い付かない? ベタな黄色に写った.

リトープス

No1の方から蕾が現れた.ここに植えてからまだ1ヶ月弱だけど大丈夫?

2020/02/11 植物

クンシラン種まき

この日は休日なので、すぐさま種まきに踏み切った.

鉢を7つ用意
鉢を7つ用意
種を置く
ある程度水苔を詰めた所で中央に種を一粒置く.
小石を置いて完了
その上から更に水苔を足して、その後小石を置いて水苔の鎮圧・乾燥防止とする.
元肥を施す場合
元肥を施す場合は鉢の下の方に仕込んでおく.
半透明鉢のカバー作り
今回用いた鉢7つの内4つは半透明である.気休めかもしれないが、なるたけ生育に差が出ない
ようにと厚紙でカバーを作り、鉢に取り付けた.
厚紙を巻いた様子
厚紙を巻いた様子
播種完了
写真上段3つは元肥を施している.さて、1年後位にはどの位の差が出ているだろうか?

セロジネ フィンブリアタ植え込み材変更

セントポーリア実生近況

1株脱落
最近また1株脱落したが、その株は元々状態が悪かった.残る株は今の所順調そうである.

2020/02/04,08 植物

レリア 3輪咲く

2月8日 イワレンゲ発芽

イワレンゲ発芽
ベランダで管理していたイワレンゲの鉢で、待望の発芽が見られた.この低温の最中に発芽
するのね^^;

2月8日 クンシラン完熟果実GET

完熟のクンシランの実
昨年10月、緑の実をもらって4ヶ月.妻は今度は、株に着いたまま赤く色づいたクンシランの果実
を持ってきてくれた(→比較:緑の実を追熟させたもの).つやっつや.やっぱり果物みたい
(例えばアメリカンチェリー).

剥いてみる

皮の内側
皮の内側は黄色.余りにも果物みたいなので、この黄色の部分を舐めてみたら別に甘味は
なかった(敢えて言うならかすなか草(?)の風味がしたかな)^^;
まともな種子は7つ
更に分解.まともな種子は7つか.
種子の比較
比較の為に保管していた、10月採取の果実由来の種子と比べてみる.左が10月採取の果実由来.
待ちくたびれて発芽してしまったものもあるが、何と種子の状態はほぼ一緒であった.
強いて言えば、10月採取の果実由来の方は、採取当時に比べ種子の角の茶色い染みが強くなった
という程度.

折角入手した種だが、これだけの数は全ては育てられない.先に入手した種は
気の毒だが、止む無く清掃センターへ送る事にした.
今回入手の種子はとりあえずジッパーで保管.近い内に蒔く予定.

2月8日 リトープス新球体の兆し

2019/11/10 クンシラン種を採る

10月から家に置いていたクンシランの実が赤くなった.よし、中を改めよう.
計7粒の種子
計7粒の種子(1粒はごく小さい)が出てきた.何だかニンニクのかけらみたい.
まだ蒔かずにキープ
妻によると、勤め先にある親株に着けたままの実は、まだ緑色だという.その実が熟した際
の種子と比べてみたいので、まだ蒔かずにキープしておく(芽や根が途中で動き出した場合は
仕方なく蒔くが)

2020/02/09追記 方針変更.2020/02/08に得られた完熟果由来の種子の方を生かす事にし、
こちらの種子は全て清掃センターへ送るとした.

2019/10/01 クンシランの実GET

クンシランの青い実
今春、妻が勤め先に置いてあるクンシランの花に別株の花粉を着けておいた所、今頃立派な実が
できたからと、妻が1個持ち帰ってきた.なるほど、立派な実である.もしかすると、中の種
はほぼ完成しているのかも知れない.とりあえず、色づくかしなびるかを待ってから中を改め
よう.