「クンシラン」タグアーカイブ

2022/10/22 クンシラン鉢増し

無事に夏越しできたようで

4株全員、3号プラ鉢から溢れる勢いで成長していた.
3.5号プラ鉢の底に小石をセット
新たに使う用土は・・・赤玉小粒、鹿沼、化粧砂(余りにも出番がないので以降、用土の一つとして用いる)、腐葉土の等量配合
古い鉢から株を抜く.おお、良い根だ.
鉢増し完了
他の株も完了.まだ当分ベランダで管理.

2022/02/20 植物

デンドロキラム開花

デンドロキラム コビアナム(Dendrochilum cobbianum)が3度目の開花を迎えた.独特な香りを漂わせている.花はまだ全体に白っぽいが、これから日が経つにつれて黄色味を帯び、特にリップの黄色が強くなる.

クンシラン再び異変

画像、4つ並ぶ内右から2番目の株の葉に不調が現れた.前回、類似する症状を示した株は右から3番目.

何となく、細菌系の症状みたいだけど、水道水以外の水を葉に掛けた覚えはないなぁ.とりあえず切除して様子を見る.

ゴメザ開花しそう

ゴメザ ムーンシャドー´タイガー・テイル’(Gomesa Moon Shadow ‘Tiger Tail’).黒い卵から黄色いヒナが孵るような?この状態も好き.花茎のバルブから新たに新芽が現れている.株の状態も良好かな?

マコデスはピンチ

我が家に来てから1か月.マコデス(Macodes petola)の状態はピンチである.原因は株元に蔓延したカビ.気づいた時には複数の新芽が手遅れに.う~む気温が低すぎるのか.現在は夜間寝室に移すようにしたが果たして.セッティングに手間をかけた割に短命に終わってしまう可能性大である.

2022/02/11~12 クンシラン・蘭近況

クンシラン

種を蒔いてからおよそ2年.生き残った4株は立派になってきた.
そんな矢先に、1枚の葉に病変発見.切り取って対処.

デンドロキラム コビアナム(Dendrochilum cobianum)が沢山の花穂を垂れている.鉢が一杯となり水やりがしにくくなった.そろそろ鉢増しかな.
デンドロビウム シグナタム(Dendrobium signatum).最低気温はまだ真冬並みだが、日長を手掛かりに春を感じ取ってる?株元に新芽が現れた.

2021/05/02 クンシラン植替

良好な4株を

2.5号から3号鉢へ鉢増し.
用土配合は桐生2:赤玉小2:腐葉土1.但し、根鉢を構成する
水苔は肩の辺りを取り除くのみとする.
この鉢底は以前はみ出た根の部分を切除したもの.
根の切除部分はカサブタをつくるだけで一切枯れ込まず、
矢印の辺りからは根が枝分かれする気配すらある.
更に、別の箇所からは新たな根がはみ出ている.
はみ出た部分は改めて切除してから株を鉢から抜く.
植替完了.滴る水の濁りがとれる程度までたっぷり水を
与える.

2021/04/10 クンシラン植直し・根切

生育がイマイチな1株を

葉の色つやが乏しく、古い方の葉がしなびはじめている株が1つ.
元肥を施している最後の生き残りである.しかし、この
元肥が生育を妨げる元凶かも.そこで、植え込み材を取り替える
事にした.
植え込み材を取り去ってみると、株はとりあえず無事.
しかし根は1本しかない寂しい状態.
ひとまず新しいミズゴケで植えこんだ.
(2021/05/28追記:残念ながら葉先と根元の両方から溶けるようにして
逝ってしまわれた)

(鉢が)傾いたクンシラン

こちら別の株.鉢が不自然に傾いている.
その訳は鉢底に.太い根がはみ出している.あまり良くない
かも知れないが、試しにはみ出ている部分を切ってみた.
鉢の座りはとりあえず改善.

2020/11/14~15 植物

11月14日

クンシラン成長再開

「涼しくなると成長を再開する」という園芸書の記述の通り、2枚目の葉を伸ばし始めた.
鮮やかな緑!

ポインセチア苞葉成長中

11月15日

新入り

ポインセチア イエロールクス.
今までにない黄色の苞葉に惚れたので.
ファンタジーカラーでの黄色はあったが、これは幻想に非ず.

2020/10/17~18 植物

10月17日

クンシラン2本目ダウン

10月18日

デンドロキラム開花

独特の香りをふりまいていた.

ゴメザ 2番花 開花

カメラの性能が追い付かない? ベタな黄色に写った.

リトープス

No1の方から蕾が現れた.ここに植えてからまだ1ヶ月弱だけど大丈夫?