「植物」カテゴリーアーカイブ

2021/03/30~04/04 タンポポ開花・種まき

3月30日

朝の出勤の頃や夕方の帰宅の頃、そして天気が悪い時はまず開いて
いない.多分花粉を守る為なのだろう.

4月3日

この日は休みであったので開花の様子をばっちり見る事が
できた・・・あれ、花茎が倒れてる.どうやら水が足りない
ようだ.
水を与え持ち直しつつある所を花アップで撮影.うん、いい花だ.
花粉がびっしりである.

この鉢は幾つもの異なる株が植わっているので、順繰りに授粉させてやればきっと
種を作れるだろう.耳かきの梵天で作業を行う.梵天のてっぺんが黄色に染まった.

4月4日

タンポポの花は開き切ると、その角度は180を超えて開く.
そして花粉の付いた雌蕊がつんつん突き出ており、
時間がたつと雌蕊の先端が二股に分かれてそれぞれ
くるりと丸まり、他所の花粉の受け入れ準備が整うと.
上手くできている.

シロバナタンポポ(多分)の種まき

4月3日、妻に案内された日立市街のとある所で、シロバナタンポポ
の群生を見つけ、開花中の株に着いていた種子付きの茎を一応2株から
1本ずつ持ち帰った.無論、種まきの為である.
※当時カメラを持ち合わせていなかったasahamaに代わり、妻が
撮影した開花の様子の画像を拝借し、掲載(2021/04/11)

昨日調達しておいた黄花の方と同じクラスの鉢(6号鉢.高さは少々低い)に、
赤玉2:桐生砂2:腐葉土1の割合でブレンドした用土をいれる.

それぞれの茎から選りすぐり?の種(厳密には痩果)を4つずつ
取り出す.

ピンセットで種の部分を用土に差し込む.綿毛は着けたままにして位置が判る
ようにする.※何となくカントウの種より綿毛が脱落しにくい気がする.

水をたっぷりあげて種まき完了.
栽培方法をネットサーフィンすると、シロバナの種は発芽しにくい
という情報を幾つもの記事で目にした.ひょっとすると中身が
空の種があるのかも知れない.そこで、残っている中から10粒
の種を水に浮かべてみると…あれ、全部浮くなぁ.
その内の1粒を割ってみる.胚と思しきものが詰まっていた.
あれま.これでは参考にならない.

とりあえず8粒のままで様子を観よう.乾かさないよう気を付けながら.

2021/03/28 セロジネ クリスタータバスケット植えへ

回復を願い

小美玉の園芸店に寄ったらよい感じのバスケットが売っていた
ので思わず購入.この所いじけ気味だが、新芽が出ているセロジネ
クリスタータに適用してみることにした.
根鉢を確認.根はあまり伸びなかったようだ.
バルブができていく方向を見定めて株をセット
隙間にぎゅうぎゅうにミズゴケを詰めて、針金を通す.
ぶら下げるとこんな感じに

2021/03/28 アマリリス植替

6号鉢も限界の模様

株の活動が本格化する前に植替(7号鉢へ鉢増し)を実施.
まずは「赤花」の方.鉢が楕円に歪んでいるのが判るだろうか.
鉢底石の代わりに、桐生砂のゴロを使用.
新しい用土には、桐生砂4:赤玉土小粒4:腐葉土2、そして
少々のマグァンプをブレンド.この腐葉土は発酵臭が強く、
キノコバエがすぐにでもやって来そう.
余った腐葉土の袋はすぐに密封しなければちょっとした惨事
が起きそう.
根鉢を確認.根は結構回っているが、思ったほどでは
ないかな.親の球根の脇に子供の球根が育っている.
でも、まだ切り取る程ではない.
7号鉢に仮置き.この後用土を足して植え込み完了
こちらは「ミネルバ」の方.「赤花」よりも根回りが良い感じが
する.土の違いかも.まだ脇芽は発生していない.
こちらも7号鉢に植え込み完了

2021/03/27 リトープス脱皮

3月27日

近所でも桜が咲きだしているが、リトープスもまた春を
感じ取っているようである.
果実をつけなかったこちらのリトは既に脱皮を始めている.
果実を着けているこちらのリトは、まだ裂けては
いないが、球体の下部に膨らみがある.

そして、実生達も遂に脱皮を始めた.今後が楽しみ.

2021/03/20 フィールド(常陸大宮)

道端にて

前回発見したコスミレにそっくりなスミレの花を見つけた.しかし何となく雰囲気が違う.
こちらは先週見つけたそのコスミレ.花や葉(見づらいが)の形に違いがある.

今回発見したスミレは「タチツボスミレ」のようである.

スミレの傍にいた毛虫

クワゴマダラヒトリの幼虫.刺々しいが手に乗せても問題はない.
食べている葉はドクダミと見た.
これは・・・テンナンショウの発芽か.花の一部らしきものも見える.
花は地上に出てきた時から禍々しいものがある^^;