2019/05/11,12 タニシ近況

今までのタニシの餌は、川で集めたデトリタスを与えていたが、貝が成長するに
つれ、どうもそれだけでは足りなくなりつつある模様.右画像でよく見えるが、貝殻
に黒い筋が幾つもある.これは成長が滞った痕である.デトリタスを集めるのは
限界があるので、いよいよもって何か効率の良い餌を見つけねばならない.
与えてみたのは干し昆布(味付けなし).結果、表面を這ってはんではいる.嫌って
はいないようだ.しかし、はっきりした痕は見当たらないので食べれているかは
判らない.もっと他の餌も試してみる必要がある.ワカメならどうか.

2019/03/11,13 貝類近況

タニシ (3月11日)

タニシの殻を舐めるタニシ
タニシがもう一匹のタニシの殻に付着したデトリタスを舐め摂っている.成る程、殻の表面の毛は
別のタニシに食糧を与える為にある…いやいや、まさかね^^;

ハマグリ (3月13日)

水管を出すチョウセンハマグリ
最近は餌を与える機会が少々減っているかも知れない.殻の成長が滞っているように見える.
ハマグリよ、すまぬ.一度の投与量・・・2.5mLから3.0mLに変更

2019/03/05~09 ハマグリ・タニシ

ハマグリ

身は元気そうだが、殻の表面が剥げてしまった原因を知りたい・・・(+_+)

タニシ

3月9日

水底を漁る子タニシ
殻の表面に生える毛は、稜に沿ってまつ毛の如く並んで生えている.
27秒辺りで口に運んだ餌は、鰓で捉え、輸送したデトリタスかも.

2019/02/26,03/02 タニシ近況

2月26日

換水中2019.02.26
換水の間待ってもらっている状態
タニシ19年1月3日(殻を拭いた後)
ちなみにこちらは1月3日の頃.この頃に比べてはっきり大きくなったし、色も濃くなった事が判るだろう.

3月2日

2匹食事のツーショット
微妙にグラデーションの効いたチョコレートのような殻、細かな水玉模様の身とは、タニシは何と
おしゃれなデザインなのだろう.asahamaのタニシへの好感度はうなぎ上りである.

今の所、近くの川からデトリタスを採取できている事が、タニシ成長の大きな要因
だろう.一年を通じてこのような餌が採れるかが今後のポイントだろう.

出水管からフンをポロポロと.※水槽壁面に色々付着物がありますが御了解賜りたく…^^;

2019/02/19~24 タニシ近況

2月19日

殻の巻き数は現在4
巻き数は4段.

2月22日

水底で食事中のタニシ
今日も黙々とはむはむしてます.

2月23日

殻の表面はつるつる?
一見つるつるしてるだけの殻の表面だが・・・
びっしり生える短い毛
何と短い毛らしきものがびっしりと!藻にしては余りにも整然としているので、きっとタニシ自身
が作り出した毛だろう. 「毛がフサフサ」の謳い文句にはご用心!^^;

2月24日

壁面に貼りつきながら水底にアプローチ
壁という安定した基盤に貼りつきながら水底をあさるという巧妙な技を繰り出す.
大きく開いた出水管からは、砂粒のようなフンが時折ポンポン飛び出す.
体を右へ左へ振りながら、周囲のデトリタスを残さず食べていく.