2019/03/11,13 貝類近況

タニシ (3月11日)

タニシの殻を舐めるタニシ
タニシがもう一匹のタニシの殻に付着したデトリタスを舐め摂っている.成る程、殻の表面の毛は
別のタニシに食糧を与える為にある…いやいや、まさかね^^;

ハマグリ (3月13日)

水管を出すチョウセンハマグリ
最近は餌を与える機会が少々減っているかも知れない.殻の成長が滞っているように見える.
ハマグリよ、すまぬ.一度の投与量・・・2.5mLから3.0mLに変更

2019/03/05~09 ハマグリ・タニシ

ハマグリ

身は元気そうだが、殻の表面が剥げてしまった原因を知りたい・・・(+_+)

タニシ

3月9日

水底を漁る子タニシ
殻の表面に生える毛は、稜に沿ってまつ毛の如く並んで生えている.
27秒辺りで口に運んだ餌は、鰓で捉え、輸送したデトリタスかも.

2019/02/26,03/02 タニシ近況

2月26日

換水中2019.02.26
換水の間待ってもらっている状態
タニシ19年1月3日(殻を拭いた後)
ちなみにこちらは1月3日の頃.この頃に比べてはっきり大きくなったし、色も濃くなった事が判るだろう.

3月2日

2匹食事のツーショット
微妙にグラデーションの効いたチョコレートのような殻、細かな水玉模様の身とは、タニシは何と
おしゃれなデザインなのだろう.asahamaのタニシへの好感度はうなぎ上りである.

今の所、近くの川からデトリタスを採取できている事が、タニシ成長の大きな要因
だろう.一年を通じてこのような餌が採れるかが今後のポイントだろう.

出水管からフンをポロポロと.※水槽壁面に色々付着物がありますが御了解賜りたく…^^;

2019/02/19~24 タニシ近況

2月19日

殻の巻き数は現在4
巻き数は4段.

2月22日

水底で食事中のタニシ
今日も黙々とはむはむしてます.

2月23日

殻の表面はつるつる?
一見つるつるしてるだけの殻の表面だが・・・
びっしり生える短い毛
何と短い毛らしきものがびっしりと!藻にしては余りにも整然としているので、きっとタニシ自身
が作り出した毛だろう. 「毛がフサフサ」の謳い文句にはご用心!^^;

2月24日

壁面に貼りつきながら水底にアプローチ
壁という安定した基盤に貼りつきながら水底をあさるという巧妙な技を繰り出す.
大きく開いた出水管からは、砂粒のようなフンが時折ポンポン飛び出す.
体を右へ左へ振りながら、周囲のデトリタスを残さず食べていく.

2019/02/12,14,17 タニシ近況

2月12日

デトリタスを食べている模様
デトリタス、2匹とも食べてくれているみたいね.

2月14日

離れ業も少々
デトリタスある所なら道なき道も進む.

2月17日

フンの山^^;
落ち葉の上に広がる粒粒はきっとタニシのフンだな.栄養はともかく、よく食べてくれているに違いない.
水替えのし甲斐があるというもの.
新しいデトリタス補給後
この日は新たにデトリタスを採取.食べてくれているね(若干まだ疑っているasahama^^;)?
1月以上前と比べると、体も大きくなったし、色もかなり濃くなったみたいね.
身の模様はよく見れば、なかなか派手なんだね.

2019/02/08,10 タニシの餌試行錯誤

2月8日

豆腐を与えてみる
「大豆食品はどうか?」と頭の虫が囁いたので豆腐の欠片を与えてみることに.
別に食いつかない..
喰いつく気配はなし…と

2月10日

納豆はどうか?豆と、ネバの付いたフィルムを与えてみることに.
棒にフィルムを巻く
フィルムは萱の棒に巻きつけて導入.大丈夫かなぁ・・・^^;
近所の清流
この日立ち寄った近所の清流の落ち葉溜まり(リターパック)に、びっしりとデトリタスがこびりついている
事に気が付いた(傍目には単なる泥にも見えるが、多分デトリタス).
デトリタス採取1
よし、集めるしかない!川底から拾い上げた落ち葉を容器にて、ブラシでこすり、表面のデトリタスを
落としていく.軽くこするだけでどんどん落ちる.
デトリタス採取2
よし、これ位集まればいいかな.
これは宝の山?
付近の川底にはデトリタス付きの落ち葉が大量に...これは宝の山かの?
納豆パワー(濁りの)
納豆導入から約9時間.タニシボトルはえらい状態に.水面からはほのかに納豆の匂いも.ネバが思い
の外溶け出した模様.このままでは多分危ない.すぐに換水
即行水交換
よし、水は透明度を取り戻した.では、いよいよアレの出番
集めたデトリタス
うん、やっぱり傍目にはただの泥にしか見えない^^;葉からこそげ落としたら尚更・・・
食べてくれてる?
タニシの進行方向にデトリタスを慎重に落として積む.お、どうやら食べているな?
3時間程経った現在もデトリタスの山に口を突っ込んでいるので、きっと気に入ったのだろう.
よし!

2019/01/31 タニシ資材追加

割った枯葉
前回与えてみた粒餌への、タニシらの反応はですよねぇ・・・なものだったので、やはり餌の自然発生
を強化するしかないと判断(今の所、買ったグリーンウォーターもあるけど).沢山ストックしてある枯葉
(オナガミズアオ営繭用)を幾つかに割ってボトルに投じた(枯葉自体も多少は餌になるかな?).

2019/01/22,23,27 タニシ近況

1月22日

落ち葉の上に置いてやると、早く復帰できるみたい.

1月23日

前後2匹で歩く
活き活きしてるみたいでなにより.

1月27日

タブレット餌試行

今の所飢えてはいないようだが、生餌ばかりではなく、加工餌でのアプローチも
きっと必要になるだろう、という事で今回はペットボトルキャップに粒餌を入れ
石でキャップごと沈める作戦をとってみた.

無事、底に降ろす

無事、底に落とす.キャップに餌が置いてあれば、食べなかった時の回収が楽
であろう.案の定、タニシらは関心を示さないね…^^;餌付けへの道は遠し.

2019/01/16~20 タニシ近況

1月16日

コンブは無効-_-;
水で戻したコンブの切れ端を与えてみたが、ウチのタニシはお気に召さない模様

1月19日

茶ゴケ回収1
藻スティックや緑藻液だけではちょっと心許ないか、では、藻スティック再生装置壁面の茶ゴケを
回収して与えてみよう.
茶ゴケ回収2
藻スティック再生装置壁面から剥がした茶ゴケを解かした水をコーヒーフィルターで漉す.
茶ゴケ回収3
集めた茶ゴケ
回収茶ゴケ投与
いっぺんに投与!更に裏返したコーヒーフィルターも浸して茶ゴケ追加!ボトル内はえらい
状況に.
タニシ何してる?
この状況の変化にタニシ達は戸惑ったのか、移動をほとんど止めた.いかん、やり過ぎたか?
…む?よく見ると、口元がもぐもぐ動いている.
濾過摂食か
よく見ると、口元、足で隠れている辺りからぴょこっと出てきた茶ゴケらしき塊(緑矢印)をせっせと食べて
いるようである.更によく見ると、赤矢印の方から流れてきた茶ゴケの粒子が貝殻の空洞(外套腔)に
吸い込まれていく様子も見て取れた.どうやらこれ、濾過摂食をしているように見える.
外套腔に吸い込まれた餌が口元に現れる仕組みはWikipediaが詳しいかな.
タニシのポーズ
濁っていて見えにくいが、この時タニシは移動を止めると同時に殻を持ち上げ気味にしている.
餌の粒子を取り込みやすくしているのだろう.

1月20日

タニシ 19年1月20日
とりあえず数日は満足できるかな?

2019/01/07~13 タニシ諸々

1月7日

ボトル目印追加
タニシのボトル側面に、▽の他に〇のシール(矢印)を追加.壁の藻を残す為、掃除の際は半分だけ
磨くようにしているが、これで半分の目安が判り易くなった.

1月9日

タニシ19.01.09
この日ものんびり食事中

1月10日

水槽掃除の度にこの光景を見る.器用に起き上がるものだなぁ

タニシ復帰完了
そしていつものように食事再開.

1月12日

タニシ探索ひたちなか1
ひたちなか市の田園地帯

お、出てくる出てくるマルさん(マルタニシ)らしき貝殻.シジミやカワニナも
いるね.

イチョウウキゴケ?
イチョウウキゴケかな?ハタケゴケかな?
タニシ探索東海1
東海村の田園地帯
タニシ探索東海2
こちらにもマルさんらしき貝殻がゴロゴロ見つかった.何だ、思いの外身近にいるね…
タニシ探索東海3
鉄さび色の水路、よく見るとおびただしい数のカワニナが!
タニシ探索東海4
(1月13日撮影)結構大物なタニシの殻発見.大体シジミ(マシジミ類)もセットで見つかるね.
タニシ19.01.12
かわって、こちらはウチのこの日のタニシ.餌が水中の緑藻ぐらいしかなくなったのか・・・
長~い糞 矢印:糞の主
長~く緑藻的な糞を延ばしていた(矢印の所に糞の主が).
マイタケには取りつかず
試しにマイタケを箸に刺して与えてみるが、1晩待ったが全く取りつかず^^;
じゃあ、次は昆布かな.

1月13日

「藻スティック」生産&再生装置
市販の餌に食いつかない時の為に用意しておいた「藻」スティック(モスティック)生産&再生装置
(→製作の様子)いい感じにコケってきた…
「藻スティック」をはむ
よく食んでくれます^^