2019/07/13 カナブンを拾う

拾ったカナブン
ベランダで思いがけずカナブンを拾った.懐かしいので少々飼ってみる事にした.
とりあえずミヤマのいる容器にて、ゼリーの上に乗せてやると早速食べ始めた.素直で
よろしい^^

このカナブン.どうやら雄である.雌ならミヤマの代わりに繁殖を試みたい所だが
…ベランダに雌が来るのを待つか?

2019/07/11~13 オナガミズアオ夏型2度目の採卵

7月11日

末っ子羽化(雌)
末っ子、営繭から19日目にして遂に羽化に漕ぎつけた.雌であった.
飛び出した雌
カップを外した途端床へ飛び出した.何と美人な事!
手乗り→とことこ腕へ
どうにか手乗りはできたが、落ち着きなくとことこ歩く活発な子だ.

7月12日 1時33分頃雄飛来

雄を待つ図
今年からの新ポイントでいつものように雄を待つ図.

いつもなら飛来する雄の様子をカメラに収められるのだが、今回は失敗に終わった.
風向きが良くなかったのだ.↓下図参照

理想と実際
風は丁度向かって右から吹いていた.フェロモンは車体の上を回って行ったようで、それを
辿ってきた雄も車体の上の方にしか来ず、所定の撮影範囲に入らなかった.

飛来の撮影は断念.仕方ないので、捕虫網で捕らえてカゴに入れて交尾成立
(1時43分頃).

以前来た個体とは異なるようだ.

雌は既に去った後
この日の夜生息エリアにて、雄をすぐに、少々の産卵を確認後雌も放った.この写真
(テスト撮影)を撮った時点で雌は既に飛び去っていた.何と素早い^^;

7月13日

残された卵
残された卵.13個ぐらいかな.

7月14日

卵は先週の時点で別の親から既に得ていたが、また採卵したのはasahamaの都合に
よるものである.即ち、後から採卵したものを育てればより遅いタイミングで幼虫を
育て始める事ができ、夏の盛りに3化目が羽化.熱帯夜でお見合いする目に遭う事を
避けやすくなるのだ.

非休眠ゾーン(2019改訂)
過去の事例より非休眠が想定される期間を見直す.この図によれば、暗期のボーダーラインと
思われる7月の終わりの時点では、休眠感受性を持つと目される4齢あたりのステージは未到達
になる見込み.これは期待できるかな?

と、言う訳で前の親が産んだ卵は孵化する前にヤシャブシの枝に着ける事にした.
幼虫の顔を家で拝むのは後1週間ほど先に延びた.

2019/07/06 植物

怪しい虫

ミモグリバエか!?
ゴメザの花茎先端に黒い小さなハエが.近づいても逃げなかった.もしやミモグリバエが卵を
産み付けに来たのか!?違うかもと思いつつ息を吹きかけて追い払っておいた.

アグラオネマ植え替え

アグラオネマ植え替え前
3.5号鉢が手狭になってきたようなので4号鉢に鉢増しする事にした.
アグラオネマ根鉢
根鉢良好
アグラオネマ植え替え完了
植え替え完了.

2019/07/03~06 オナガミズアオ続々羽化~産卵

7月3日

2,3頭目が羽化していた.共に雄であった.手数だが、我がベランダから出て行って
もらった.右写真の個体は明るいうちに飛んで行った気の早い子.

7月4日

雌羽化
4頭目は待望の雌!(12世代目)
手乗り
雌は手に乗せやすい素直な子である場合が多い.
カゴに入れて撮影
カゴに入れ、網越しに撮影.う~ん何度見ても美しい!
カゴの全体像
カゴの全体像.この状態で生息地へ連れて行き、雄の飛来を待った.
虹
この日の夕方雨が上がり、東の空に虹が浮かんでいた.何といいタイミング^^

7月5日

未明1時26分頃

雄飛来
夏型の雌は暗くなってもなかなかコーリングを始めないようだ.始めたのは日付が変わる頃.
強風だったし霧も出ており雄が飛来するか不安であったが、果たして雄は1時26分頃やって来た.そしてめでたく交尾成立.
交尾後の2頭
asahamaが寝てる間に交尾は終わったようだ.朝、確認すると2頭は近くで静止していた.

この日の日没の頃生息地付近へ連れて行き、雄はすぐに開放.雌も卵を少々頂戴
した後解放.どちらも元気に飛んで行った.

7月6日

オナガミズアオ卵
カゴに産みつけられた卵.少なくとも17粒はあるかな.今回は大きさは揃ってるかな.孵化率
期待.
遠目で見た卵
拡大するとウズラの卵のようでもあるが、実際の大きさは径2mm程である.

孵化にかかる期間は1週間強が多いので、次の更新までに孵化するかは微妙である.

2019/06/10~16 オナガミズアオ続々「あがり」

6月10日

上の写真の個体は「あがり」を迎えているが、まだガットパージもしておらず変色
の度合いも小さい.しかし、この後家を空けねばならなかったので繭用ケースに枝
ごと入れておいた(右写真).

6月13日

2,3頭目も「あがり」
この日は2頭が「あがり」を迎えていた.
尚食べ続ける個体
残すところ2頭

6月15日

むっちり太った幼虫
むっちり太っている.この個体は雌かな?
この個体はこの日の夕方、この動画の撮影中に「あがり」を迎えたのであった.
葉っぱコンプリート動画はまだ撮れず^^;
末っ子も成長中
遅ればせながら、末っ子も成長中.食欲は先の4個体に比べやはり控えめである.

6月16日

写真比較

左が、末っ子をD5000で撮ったもの.右がTG-5で撮ったもの.拡大すると分かり易い
が、何となく色の幅がD5000の方が広いのかな.しかし、ピントの幅はTG-5の方が
広い.うまく使い分けたい所である.

2019/06/02~09 オナガミズアオ近況

6月2日

末っ子(3齢)
末っ子も発育を続け・・・

6月5日

末っ子(4齢)
4齢に達する.
他の子ら(5齢)
他の子らは5齢に達した.

6月7日

たったの2日程度で倍近くになる.

6月8日

枝の交換の際に出た葉は乾燥させ、繭づくりの足場の材料にする.

6月9日

丸々太っている方が雌で、少しスレンダーな方があれば雄?とも思ったがう~ん
何とも言えないね.

末っ子眠へ
末っ子も5齢になる為の眠に入った.

一枚の葉を食べ尽くす様子を撮るには枚数より電池が足りなかったようだ・・・
なかなか難しい…

2019/05/28~06/02 オナガミズアオ近況

5月28日

3齢末期
末っ子を除き3齢はそろそろ終わり

5月29日

ヤシャブシを剪定
鉢植えのヤシャブシ、ハダニの猛攻が凄まじく、葉が次々ダウン.少々予定より早く採取枝
での飼育に切り替えた.で、その後の鉢は上の通り.葉一枚残さず枝を切り戻し、更にその
上から殺ダニ剤を積年の恨みとばかりに噴射{次(来年?)の飼育までには効力は無くなって
いる筈}.

5月30日

切り枝ボトル飼育の全景
新居の近くに新たなヤシャブシ採取ポイントが見つかり、とてもありがたく思っている.
若い4齢
新鮮な葉を早速食べる若い4齢

6月1日

成長が進んだ4齢
たった1日程度で目を見張る成長を遂げる個体が多いが・・・
食が細い末っ子
時折食が細く成長が遅れ気味の個体もいる.末っ子がそうで、3齢初期は食べていない時間
(じっとしているor動き回っている)が他の個体に比して目立って多かった.しかし、体調が
安定したのか、この日の当たりから食が進むようなったように見受けられる.この個体の体長
は2cm程(3齢).一方、別の大きな個体は4.5cm程(4齢).
意外と体毛は多い
体毛は意外と多い.ただ、目立たないだけ.
豊満な個体をもう一度
個人的には4齢(亜終齢)が「幼虫」として最も活躍(?)している時期のように思える.
終齢だと変態のプロセスが入ってくるので.

6月2日

まもなく眠の4齢
この日2頭の4齢が眠に入った.
今度は終齢で一枚の葉を最初から最後まで食べ尽くす様子を撮りたいの.

2019/05/26 フィールド(袋田他)

川に渡された鯉のぼりなど
家でずっと過ごすのも退屈なので、暑さを覚悟で袋田方面へ出向いた.

発券所付近にて

シャクガの仲間2種

ヒオドシチョウの蛹?
このような蛹がまとまって見つかった.ヒオドシチョウかな?
滝の様子
恒例だが、行った証拠として. 先週大雨が降った割には水量が少ないかな.

滝の周囲こそ潤った緑が広がるが、同じ緑でも滝や川から離れた所は少々渇水気味
な気がした.

滝の下部
滝の下部だけ見ると十分水量があるようにも見えるが.

滝周囲で見かけた植物達(一部)

道路脇で見かけたバラ.花が終わった萼片も花っぽく見えるね.

川に降りる

オタマジャクシ
岸辺の水の袋小路にちらほらオタマジャクシがいるのに気付いた.カジカガエルだろうか?
魚を捉える
何度かのあてずっぽ水中撮影でどうにか魚の影を捉えた.

排水管の真下水たまりにて

何かが現れた
ここにもオタマジャクシがいたので、その水中撮影を試みていた時の事.左からスイースイーと
泳ぐ何かが現れた.
なかなかうまく収まらず
どうやらヤゴだ.あてずっぽなのでうまくファインダーに収まらない^^;
サナエトンボの仲間のヤゴ
水面から上で撮影.これは・・・アオサナエ?それともオナガサナエ?
エビ反りに固まる
手に取るとエビ反りに固まった.

月待の滝

裏側から
滝を裏側から.滝の傍はやはり涼しいね^^