「フィールド」カテゴリーアーカイブ

2021/10/09 フィールド(水戸-大串貝塚ふれあい公園)

咲いていた草花他

あいにくの曇天だったけど良い散歩ができた.

2021/09/20 キアゲハ幼虫GET

東滑川のアシタバにて

できれば卵でGETしたかったのだが、2齢位の若さで目一杯だった.しかし、キアゲハ自体あまり見つかるものではない.春型を再び見たい思惑が勝り、今回はこれでよしと、持ち帰った. (2021/09/25追記:3齢の誤り)
アシタバ、葉は結構日持ちしたけど、花序はどうだろう?

2021/09/20 フィールド(小貝浜)

このキクは?

舌状花が6枚程度の素朴なキク科の花が盛りを迎えていた.調べると、「シラヤマギク」がそれっぽい.

シラヤマギクっぽい花にキタテハらしき蝶が止まった.よく見るとキタテハではなくヒョウモンチョウの仲間.よくいるツマグロヒョウモン(雄)にしては後翅の裏面が大人し目の模様.ミドリヒョウモンかなぁ.
ヤマユリが実ってきた.

2021/09/19 フィールド(赤羽緑地)

ヒガンバナが見頃

「今が見頃かも」と、妻の提案で足を運んでみたらそれはヒガンバナの赤い絨毯が斜面一帯に広がっていた.

オンブバッタが花に遊び(?)に来ていた.

日陰に咲く花も、木漏れ日を浴びると輝いて見える.
池のほとりにはサルスベリの花.夏の花というイメージだが、「百日紅」という言葉もダテではない.
アブラゼミの雌、コナラの樹皮に産卵中.セミ達の声も聞く頻度が減ってきた.
サクラの幹にハラビロカマキリが.羽化したてかな?翅が柔らかそうであった.
見づらいけど中央、クロアゲハが吸蜜中.

2021/09/14 クスサンGET

日立駅付近にて

植え込みのツツジに、嵌るような恰好で落ちているのを発見.雌であるのを確認.人目を気にする暇など無しに、写真に収めた後、車に常備していたプラケースでお持ち帰りする.

産卵セット準備

持ち帰るのに使ったプラケースをベースに、産卵の用意を組み立てる.足場のキッチンタオルを壁面の1面にセット・産卵促進用としてサクラの小枝をケース蓋に固定し、暗がりに置いて様子を見た.

産卵確認

(20:36)産卵しているのを確認.
(21:00)母蛾のついているプラケース蓋をベランダに出して自由に飛んで行けるようにしたが…(後述)

大量の卵確認

夜明けちょっと前になっても飛んで行かなかったので、てっきりもう弱っているのかと思い、母蛾をケースに収納しようと動かしたらウォーミングアップを開始し、程なく暴れ始めたので慌てて外に放つと軽やかに飛んで行った.気になるのは、蓋の、母蛾がじっとしていた辺り・・・やはりどっさり卵が産み付けられていた – -;

前回は5粒という、頼りない数だったが、今回は多過ぎるという結果に.付近の良さげな樹木に卵の内に間引きとして放しておこう.

2021/09/11 カタツムリの宴?

ひたちなか市のとある湿った小道にて

ふと、道の脇に連なるブロック壁を見ると、白い木の実的なものが散らばっているように見えた.よく見ると・・・
正体はカタツムリ!こんなに沢山!!
殻の形がラグビーボール型.種類を調べるに「オカモノアラガイ」と思われる.この地には何度か足を運んでいるが、この種を、そしてこれだけの数を見るのはどちらも初めてであった.

現時点では?な事だらけ.元々これだけの数がいた?カルシウム欲しさに雨上がりのブロックに集結した?繁殖活動(2匹が絡んでいる様子もあちこち見かけた)?

2021/09/04 フィールド(助川山)

キノコ高頻度出現中

植物

昆虫・クモ

雨天の森

帰路に着く前に振り返って撮影.この数日ずっと秋雨模様.