2019/05/26 フィールド(袋田他)

川に渡された鯉のぼりなど
家でずっと過ごすのも退屈なので、暑さを覚悟で袋田方面へ出向いた.

発券所付近にて

シャクガの仲間2種

ヒオドシチョウの蛹?
このような蛹がまとまって見つかった.ヒオドシチョウかな?
滝の様子
恒例だが、行った証拠として. 先週大雨が降った割には水量が少ないかな.

滝の周囲こそ潤った緑が広がるが、同じ緑でも滝や川から離れた所は少々渇水気味
な気がした.

滝の下部
滝の下部だけ見ると十分水量があるようにも見えるが.

滝周囲で見かけた植物達(一部)

道路脇で見かけたバラ.花が終わった萼片も花っぽく見えるね.

川に降りる

オタマジャクシ
岸辺の水の袋小路にちらほらオタマジャクシがいるのに気付いた.カジカガエルだろうか?
魚を捉える
何度かのあてずっぽ水中撮影でどうにか魚の影を捉えた.

排水管の真下水たまりにて

何かが現れた
ここにもオタマジャクシがいたので、その水中撮影を試みていた時の事.左からスイースイーと
泳ぐ何かが現れた.
なかなかうまく収まらず
どうやらヤゴだ.あてずっぽなのでうまくファインダーに収まらない^^;
サナエトンボの仲間のヤゴ
水面から上で撮影.これは・・・アオサナエ?それともオナガサナエ?
エビ反りに固まる
手に取るとエビ反りに固まった.

月待の滝

裏側から
滝を裏側から.滝の傍はやはり涼しいね^^

2019/05/11 フィールド(花貫渓谷)

緑タイプのマムシグサ
緑タイプのマムシグサ.ピントがうまく合ってくれず^^;
サナエトンボ発見
川岸にサナエトンボ発見.
慎重に近づく
慎重に近づく.
横を向いて着地
一瞬飛び上がってすぐ着地.横を向いた.さて、種類は何だろう.
調べると、どうやらダビドサナエのよう
花貫川の中
渓流では恒例になりつつある水中撮影.水は濁っている.田植えの影響か.
水門がある景色
水門がいい感じに景色に溶け込んでいる.
白っぽいフジの花
帰り道に寄ったコンビニの脇で咲いていたフジ.白味が強い.

2019/05/06 フィールド(海浜公園)

ネモフィラが咲いている頃の海浜公園に初めて足を運んだ.

みはらしの丘へ

ヒメキンギョソウ?
道中、スイセンの間で咲く可憐な花を発見.ヒメキンギョソウかな.
ネモフィラの小さな花畑にて
これは、これまた道中にあったネモフィラの小さな花畑.
奥に見えてきた
森の小さなトンネルを進むと、出口の方に青い景色が
みはらしの丘お出まし
空色に染まるみはらしの丘のお出ましである.
ネモフィラ&菜の花
丘にはネモフィラ、麓は菜の花で染まる.
菜の花の向こうに藁ぶき屋根
菜の花の向こうに藁ぶき屋根が見える.いい組み合わせ.
更に丘に近づく
更に丘に近づく.丘の上には既に人だかりが
美しさは変わらず
空は薄曇りだが、その花の美しさは薄れることはない.よく見ると、ネモフィラは2品種
植わっているようだ.
メンジェシー
最もよく見る花色はこれ(メンジェシー)
花の上にナナホシテントウの幼虫
アブラムシが豊富なのか、ナナホシテントウ幼虫をよく見かけた.
斜面を見下ろすアングル
斜面を見下ろすアングル.一面のお花畑とはこのこと.
ナガミヒナゲシ
近所でも頻繁に見かけるケシ類.ナガミヒナゲシというのね.
多分ナナホシテントウの蛹
花には幼虫のみならず蛹も
薄ピンクの色変わり
薄ピンクの色変わり発見
見ごろの景色はいかに
この時期は見頃後半らしいが、見頃丁度はどんな景色であったのだろう.
オランダフウロ?
フウロソウの仲間が混じっている(オランダフウロ?).
港をバックに
港をバックにした光景も乙である.

沢田湧水地

ミギワバエ?
手すりにいたメタリックなハエの仲間.ミギワバエかな.
フジの花
頭上には見事に咲き誇るフジが
ヤンマはど~こだ
どうにかファインダーに収まった飛翔中のクロスジギンヤンマ.どこにいるか判ったら
すごいというレベル^^;
カワトンボの雌
カワトンボの雌.もっと寄りたかった…^^;
イカリモンガではないな
イカリモンガかなと思ったけど違うみたい

樹林エリア

フデリンドウ
フデリンドウ.開花まであと少し
ヤマツツジ
ヤマツツジは丁度見頃
ウスタビガ幼虫
ナラ、クリを見ていくと遂に発見.ウスタビガの幼虫.

枝々には多くの種類のシャクトリムシが見つかった.上記3種の名は「イモムシハンドブック」で検索した.更に足を進める.

ミヤマウズラ
落ち葉の陰にミヤマウズラ
ホコリタケの仲間
掘り返されていたホコリタケの仲間

コナラの葉陰に今度はヤママユ(1齢)を発見した.

ハナアブがコナラの花粉を舐める
コナラの枯れ雄花にてハナアブが残った花粉を舐めている.

地面で見つかったベージュ色のキノコ.似ているが、ディテールが異なるようだ.

ドクガ幼虫
おっと、これはドクガ幼虫.まだ散らばる前
アケビコンボウハバチ
割とよく見る?ハバチ幼虫.アケビコンボウハバチというのね
黄色いツツジ
黄色いツツジはあまり見ない.
ハンノキの梢
ハンノキの梢を見上げる.
スジベニコケガ
時々見るオレンジの派手なこの蛾はスジベニコケガ
スイセンの花が残る
森を出ると、まだスイセンの花が残っていた.

晩春の様子、そして人生初のネモフィラ群落を満喫した散策であった.

2019/05/01 フィールド(鉾田)

オナガミズアオの死骸
ハンノキが生える公園の草むらにてショッキングな光景を目にする.オナガミズアオの
死骸だ.何者かに食べられた跡の模様.しかし、これで屋外でも本種が羽化をしている
事が判った.
ミスジマイマイ?
ミスジマイマイの類かな(同定は厄介そう).こういった立派なカタツムリを目にするのは
結構久しぶりな気がする.

2019/04/28 フィールド(常陸太田)

一度行ってみたかった石の倉鉱山周りのフィールドを散策してみた.
葉身の長いシダ
他ではあまり見ない葉身の長いシダ

キジョランをそこかしこで見かける.時期が合えばアサギマダラにも会えるかも.

ルートの様子
今回のルート(県道61号 隘路地帯)は大体こんな感じの風景だ.
シャガと思しき群生
シャガと思しき群生
岩がむき出しの急斜面
岩がむき出しの急斜面
真弓神社入り口
真弓神社入り口
清々しい木立
ヤシャブシかな?清々しい木立が
分岐点
ある程度進むと分岐点が
夫婦杉
夫婦杉
ちょっと休憩
開けた場所で一休み
マムシグサ
マムシグサって山に入るとしょっちゅう見かけるね.
脆い岩で構成された急な斜面
脆い岩で構成された急な斜面
長い上り道
先の見えない・変化に乏しい上り道って結構堪えるね.
採掘場の開けた場所
採掘場(この日は休み)にちょっとお邪魔.
切り出し現場
切り出し現場を遠方より眺める.

ヤシャブシの木立が美しく、何枚も撮る^^;

サカマキガイか
ごく浅い水溜りに思わぬ顔ぶれ.サカマキガイ.カルシウム分がリッチなことだろう.

2019/04/27 フィールド(花園)

花園渓谷

新緑の梢
北茨城市の花園地区へ出かけてみた.右も左も新緑がまぶしいばかりである.
アカガエルの仲間
休憩所入り口にいたアカガエルの仲間
ツチハンミョウの仲間
悠然と歩くツチハンミョウの仲間の雄.触角がチャームポイント
新緑の渓谷
新緑の渓谷.とても清々しい.
渓流の水中撮影
TG-5にて水中撮影を試みる.アングルはあてずっぽうだが、まあそれなりに写っている.あわよくば
魚でもと思ったが、それは叶わず.
苔の仲間拡大
苔も、拡大すると大分別物に見えてくる.

亀谷地湿原

看板
ミズバショウ
花の時期は終わりつつあったようだが、ミズバショウが美しい花を咲かせていた.結構大きいのね.

千猿の滝

千猿の滝
清々しさ・コントラストが目に染みわたる.

山中の食事処にて

ヤマメ塩焼きの定食
ヤマメ塩焼きの定食.思った以上に豪華でございました^^

花園神社

この葉は?
おや、カンアオイにそっくりなこの葉っぱは?
ウスバサイシン?
当初はウスバサイシンか!?と思ったが、後で調べるとウスバサイシン種が再分類された結果、別種として
独立したトウゴクサイシンのように見える.

2019/04/13 フィールド(日立)

登山道入り口
山々が春の装いを濃くする中、神峰山方面へちょっとした登山に赴く.

↑道の脇に咲いていた花々その1

↑新芽たち

ヤシャブシの大木の芽吹き
ヤシャブシってこんな大木になるのね.麓では切られてしまうので、なかなか見られない姿だ.
ルリタテハ
画像中央に日向ぼっこするルリタテハ.分かるかな^^;

↑道の脇に咲いていた花々その2 アオキは雄株の方が沢山の花を咲かせる.

マムシグサの花
マムシグサ!妖しさ溢れる姿だが、これでも春の花なのね.あちこちで咲いていた.
満開のヤマザクラ
ヤマザクラが満開.株によって色合いが異なるのがまた良い.asahamaが最も好きな桜だ.
キブシの芽吹き・花
キブシの芽吹き・花
ヤマザクラ枝先アップ
ヤマザクラ 花に近づける場所は意外と少ない.
スミレ
大木の根元に抱かれるように咲いていたスミレ

アケビとミツバアケビ.花だけ見るとよく似ている.

コマルハナバチ?
日向の地面でじっとしていたマルハナバチの仲間.
今日はとてもいい天気
この日はとてもいい天気.日向と日陰のコントラストが大きい.
モミジイチゴの花
モミジイチゴの花.美味しい実が成るのは梅雨頃だったかな.
ヒサカキのトンネル
延々と続くヒサカキのトンネル
ヒサカキにできた巨大な瘤
一体どういう経緯でこんな巨大な瘤が!?
沢を発見
道も後半に差し掛かった所、小さな沢を発見.
タゴガエルのオタマジャクシ?
思いがけないことにオタマジャクシを発見.調べると、タゴガエルのよう
案内標識
神峰山までは流石に遠いかな.大煙突が良く見えるポイント(展望台)をゴールに設定.

展望台に到着.と言ってもいわゆる「台」らしきものは見当たらない.
しかし、見晴らしが良くなるよう、周囲は切り開かれ草原となっていた.

鉄塔
鉄塔が堂々とそびえ立つ.
カミキリの仲間?
これはカミキリの仲間だろうか?ヤナギの花に集まっていた.瑠璃色で美しい.
ミヤマセセリ
折り返し、沢に差し掛かった所でミヤマセセリを見つけた.実物をこの目で見るのは初めて.
ツタの芽生え
オレンジの点々としたものはツタの芽生え
ルリシジミ
お、これはルリシジミだな.蛹越冬だからきっと羽化したてだろう.
ゼンマイの芽
それっぽい枯葉を辿ると、これから出てくるであろうゼンマイの芽を見つけた(矢印).
急な階段である
急な階段を下る.帰るまでが遠足.気は抜けない.

スタート地点まで戻り、周囲を見渡すとヤマザクラがあちこちに咲き誇っていた.
そして、足元にもオオイヌノフグリが可憐な花を咲かせていた.
とても良い散策となった^^.

2019/01/04 タニシ探索

この頃田んぼを見るとタニシがいないか気になって仕方がない.今度は
日立の南のエリアの田んぼを探索してみた.

タニシ探索19年1月4日(1)
ちょっとお邪魔します.

水路の水溜りにネットを入れようとしたら水面に氷が張っていた.それをどけて
底を掬うと、おっ早速巻貝の貝殻が・・・タニシもいるね.しかし、生存者は
ゼロの模様.

干上がった水路もチェック.タニシ、カワニナ、シジミの殻が見つかった.

タニシ探索19年1月4日(6)
ここの水溜りはどうかな?

小ザリガニとタニシがざくざく見つかった.しかし、タニシの方は殻だけでこちら
も生存者はゼロの模様.蓋付きのものもあったが、つつくと蓋がずれ、臭い爆弾
炸裂! 手に付くと洗ってもなかなか取れない.臭い臭い(;-y-)
しかしそれは、死んだのは最近という事を示している.ザリガニは生きてるのに
何故タニシだけが死んでいるのか?

タニシ探索19年1月4日(9)
草が生えた涸れた水路にて、草をどけるとタニシがゴロゴロ出てくる.しかし、みんな小粒ねぇ.
タニシ探索19年1月4日(10)
ちょっと太田まで足を伸ばしたら、イタチに遭遇.パイプの中からこちらをじっと見ている.
こちらの田んぼにもタニシはいたが、皆小粒.
タニシ探索19年1月4日(11)
大粒はおろか、生きていると確信できるタニシもなかなか見つからんねぇ.
タニシ探索19年1月4日(12)
再び日立へ戻ってもう少し探索.この水溜りはどうかな?
タニシ探索19年1月4日(13)
いた!ようやく生きていると確信できるタニシを発見.まあ、このタニシを含めてここでこれまで見つけた
タニシはみんな「姫さん」(ヒメタニシ)かな.
タニシ探索19年1月4日(14)
こちら、既に死んでいると思われるが、1匹だけマルタニシと言えそうな大物を発見.春に探せば
生きている個体も見つかるかも.

タニシは案外氷点近くの水温に強くないのでは?と予想.

2019/01/03 日立ウォッチング

相変わらずタニシ探しに、日立市のとあるため池周辺を訪れた.

日立探索19年1月3日(1)
澄んだ水が絶えず注ぐ所である.
日立探索19年1月3日(2)
ぬかるみには動物的な足跡が.イノシシだろうか
日立探索19年1月3日(3)
水際に青々と茂るこの植物は?

水中の茂みを掬うと、カゲロウやヨコエビの類が入った.しかし、妙な事に貝類
は出てこない.

しかし、水際の小石をひっくり返すと、見慣れた貝の卵と思しき物が目に入った.

日立探索19年1月3日(6)
また、その石の下には、泥と同色で見えにくいが、細長い糞のようなものが・・・これは、
モノアラ系の巻貝がどこかに棲んでいるのではなかろうか.

この後付近を探し回ったが、貝殻一つ見つけられずに終わる(カタツムリのは
あった).仕方ないので林を散歩して帰ることに.

日立探索19年1月3日(9)
わさわさ茂るシダを発見.以前も通った所だが、これは気付かなかった.

これは・・・ウラジロでは.

日立探索19年1月3日(12)
このシダ、興味深い事に一本の茎が枝分かれしてそこから2方向に葉を広げている.後で
「ウラジロ」を調べると、茎(厳密には葉柄)の先端から2方向に葉を広げるという記事があった.
ビンゴだな. あ、でもワラビも似た感じで葉を伸ばすね.

見えにくい所だからって、好きにゴミを棄てていいとは思いませんぞ `´

日立探索19年1月3日(16)
林床にて赤い実を発見.ツルアリドオシというのね.
日立探索19年1月3日(14)
このシダもあまり見かけない.調べると、シシガシラっぽい.
日立探索19年1月3日(18)
ススキ類の種をトラップしたヤシャブシ雄花の蕾を見て林を後にする.

2018/12/30 河口ウォッチング

性懲りもなく、「日立市内に(野生)タニシはいるか」が気なるので、日立市
南部、とある一級河川の河口に、試しに足を運んでみた.

momiya-2018.12.30(2)
まずはアシが生い茂る辺りを探索
タニシ稚貝?
殻高7mm程の巻貝を見つける.タニシっぽく見えなくもないが、何となく違う気がするし、タニシ
稚貝としては(asahama的に)都合が良過ぎるのでは?と、岸部を見渡すと・・・
小さな巻貝が沢山!
おびたただしい数の巻貝が!どうもタニシではないみたい…

帰宅後調べると、この巻貝はカワザンショウガイの仲間という事までは判った.

もう少し下る
もう少し川を下る.この辺もカワザンショウの類多し.
フジツボ群落
これは、海でお馴染みのフジツボではないか.この辺りは「大分海っぽい」のだな.調べると、この
フジツボは「シロスジフジツボ」の模様.低塩分にも耐えるという.なるほどね.フジツボが沢山見つかる
辺りから、カワザンショウの類は見つからなくなった.
海藻的な群落
更に海寄りへ足を進める.とりあえずもうタニシはいいや.海藻の群落が見えてきたぞ.
タマキビとカサガイ類
タマキビとカサガイ類(カモガイかな?)発見.これはもう「ほぼ海」かな.
カキ群落
水中にはカキの群落.「完全に海」と言いたい所だけど、タマキビ・カキ等は一時の真水に耐える
生き物.クボガイやイワガニ、イソギンチャクといった海でお馴染みの他の生き物は見られない事から、
ここはまだ汽水の領域なのだろう.
ロウバイ開花
変わって、水木の公園で咲いていたロウバイ.この時期にはもう咲くのね.

タニシ探索はまだ続く…^^;

今年はこの辺で.また来年.