2021/02/07 フィールド(日立)

虫/春の探索

クリの木の幹に付いていたヤママユガ科のものと思しき卵.これは明らかに寄生蜂
にやられたものだろう.
別の個所に2個の卵を発見.ん?これはミズアオっぽいが…とりあえず持ち帰ってみる
事にしたが、1個をはじき飛ばして紛失するという失態を犯してしまった.
諏訪梅林でちらほら咲き始めた白梅

卵の様子を確認

何だか様子がおかしい(空っぽ?)ので光で透かしてみる.小さな黒い塊がうっすら見受けられた.
もし、卵の主が本来のものであればぎっしり詰まっているはず.これは異常のある卵に違いない.
殻の表面には黒いシミが.これはますます怪しい.
カッターで慎重に殻を開けると果たしてそこには新しい主が.寄生蜂の幼虫だな.

ヒメヤママユが得られればなぁと目論んでいたが、失敗に終わった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA