2020/07/29~08/02 オナガミズアオ営繭

7月29日

7月30日、31日

30日の夜に2頭が、そして31日にも新たに2頭が「あがり」を迎えた.
ガットパージし、ワンダリングを始めるのを見計らって営繭用ケースに移すのだが、
そのタイミングがほぼ例外なしに未明である(ついでに言うと夏型成虫の交尾時間帯
も未明である).このままではasahamaの睡眠負債がたまって仕方がない.
交尾関連の作業はとりあえず仕方ないとして、営繭時の作業は横着できる工夫を
しないといけないかな…

8月1日

最後の個体
幼虫最後の個体.日中はまだ盛んに葉を食べていたが…
食事はもう満足
(18時台)「食事はもう満足」という雰囲気で佇むようになった.
4対の疣足の片側が宙を掴んでいる
よく見ると、4対の疣足の片側が宙を掴んでいる.いつも律儀に両側で挟んでいる
訳じゃないのね.リラックスしてる?

8月2日

最後の個体も営繭に
未明に、最後の個体も営繭に入った.「今回」(今年とは言っていない)のミズアオ幼虫
飼育はこれで完了.

多分、お盆休み末に羽化が始まると見た.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA