2019/11/09 オオバヤシャブシ種まき

果穂から実を取り出す

結構な数!
鉢植えのオオバヤシャブシは今年枯れてしまったが、果穂が残っていた.切り枝のみでも
オナガミズアオの育成は可能だが、鉢植えもあった方が、特に初期の飼育では心強い.そこで、
この果穂から実(小堅果≒種子)を取り出して播種.鉢植えの復活を図る事にした.
それにしても沢山出てくる事!

数えてみる

数えやすいよう10粒1組でまとめていくと・・・10粒/組×24組+余り9粒=249粒であった.

10粒播種・・・その前に

オオバヤシャブシを始めハンノキ類は、放線菌と共生する事で旺盛な成長を可能としている.
即ち、良く育てる為には放線菌を与える必要がある.手持ちの用土では放線菌の存在は期待
できないので・・・きっと潜んでいるであろうヤシャブシ類の生息地から少量の土を頂く事
にした.生息地のヤシャブシ類はまだ青々としている.
トクサが生い茂る.
根本付近の土を少々頂く.トクサが生い茂っていた.

鉢を準備

採った土は鉢底に
採った土は鉢底に.また、一応緩効性肥料も施しておく.
もう一工夫
手持ちの培養土を一杯まで入れ、そこに種を仕込む.今まではここで終わっていたが、ここで
もう一工夫.
萱の破片をトッピング
散歩で集めた萱の破片をトッピング.表面の乾燥と、潅水時の土の踊りの防止を図る.
播種完了
播種完了.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA