2019/12/30 イワレンゲ復活の儀(?)

まずは親株の検分を・・・

復活の儀(?)

2鉢準備
やはり2鉢用意して、いつもの通りに用土を入れていく.
マルチング用秘密兵器
イワレンゲのような微細種子の播種に備えて作った秘密兵器.
ドーナツの不織布を固定
まず、ドーナツ型の不織布を針金で固定したら・・・
イワレンゲの種
ドーナツの穴の位置に↑のような大きさであるイワレンゲの種を10粒蒔く(当然、最後は1鉢に
1株となる).
穴の上から不織布で蓋
穴の上から不織布で蓋をし、それをまた針金で固定する.
播種完了
これで、強風や潅水の勢い等から、種子を発芽まで保護できるだろうか.

2019/11/17 植物

パフィオ蕾現る?

中央をよく見ると・・・
Alma Gevaert ‘Golden Gate’  中央をよく見ると・・・
葉とは違う何か
今まで見てきた葉が出る様子とは何だか様子が違う.これはひょっとして・・・

尚、 primulinumは根腐れと思しき症状でダメになってしまった.無念

ツメレンゲもようやく開花

ツメレンゲもようやく開花
花穂を伸ばしていたツメレンゲ、ようやく開花に至った.
ツメレンゲ 花拡大
葯が赤色で、イワレンゲよりもアクセントのある花だ.
越冬芽
花になったのはほんの一部で、後はこのように越冬芽となっている.

2019/11/09 イワレンゲ近況

受粉中の事

花粉が舞う
イワレンゲの花を梵天で叩くと、結構花粉が舞う.ひょっとするとイワレンゲは風媒花か?
蜜かな?
しかし、花の奥をよく見ると、蜜らしきものが見られる(矢印).両刀使いか?

実の色

花穂の元の方から順に実っていく.日がよく当たっている所は紅色が差すようだ.

2019/11/04,09 リトープス近況

11月4日 No2も開花

No2も開花
No2も開花.No1はもう時間がなさそうだったので、うまくいくか分からないが、梵天を
使って、それぞれの花粉の交換を試みた.その際、花からは花粉が舞った.まるで風媒花か?
という位.

11月9日

No2 開花数が二つに
No2には、開花を控えた蕾があり、こちらも開花
No1は花を終える.
No1は花を終えていた.受粉できたかな?

2019/10/28,11/03 リトープス遂に開花

10月28日

No2からも蕾
後から買った方(昨年10月購入、これからはNo2と呼ぶことにする)も蕾が出てきた!後日、隣の
球からも蕾が現れた.

11月3日

なかなか咲かないと思っていたら
一方、最初に買った方(No1と呼ぼう)の蕾は開きそうでなかなか開かない・・・と午前中
思っていたら、
遂に開花
午後、遂に花を咲かせている様子を拝むことができた!
尤も、asahamaが外出している平日の(晴れた)日中既に咲いていたのかも^^;