「アゲハ」タグアーカイブ

2021/10/11~16 モンキアゲハ・クロコノマ近況

10月11日

モンキアゲハ

1頭目5齢に昇進.

クロコノマチョウ

4齢.個体によって頭部の色合いが違うのが興味深い.

10月13日

モンキアゲハ

どちらも5齢に.体長:5.1cm・4.5cm.

クロコノマチョウ

脱走癖あり

餌は完全に切れた訳ではなかったのだが、それでも何頭かの個体はツルツルのボトルを降り、ツルツルのケースを登って降り、思い思いの場所へ旅をするようになった.どうやらクロコノマは齢が進むと、食草を降りる事をためらわなくなり、しかもツルツルの面もへっちゃらな模様.幸い、明るい戸の方へ向かう癖もあるようであまり苦労なく確保はできた(現在、全5頭).

しかし、しょっちゅう脱走されては困るのでボトルの周囲を水で囲う措置をした.これはワンダリング中のアゲハでとっている方法だが、どうやらクロコノマでも有効らしく、この措置以降脱走する個体は現れなくなった.

10月14日

モンキアゲハ

体長:5.4cm、4.6cm.まだ成長の余地あり.

クロコノマチョウ

5齢現る(写真ピンボケにつきボツ).毛むくじゃらの茎を歩くときは何やら頭を細かく動かし口をもぐもぐさせている.毛を食べて歩く道を確保しているのかも.

10月16日

モンキアゲハ

蛹化タワー補強

キアゲハ、クロアゲハが同じ個所で蛹になったお陰でたわんでしまっていたので、針金を添わせて補強した.蛹の重さも無視できない・・・と.

コロコノマチョウ

ある5齢の体長4.1cm

イネへの移住の試み

ベランダで塗装工事がある為、急遽植物たちを室内へ退避させた.その中に含まれていたイネを見て思いついた.「クロコノマ、飼育できるのでは?」
うろついていた1個体を早速パイロットとしてイネに移した.その後食事を確認.水揚げを心配しなくてよい餌がまた一つ増えた.

2021/10/04 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ

体長4.15cm.固いカラスザンショウの葉で生育中.この葉は成木のものだが、案外水揚げは悪くない.むしろ若木のものの方が悪いような.

?アゲハ

何となく、クロアゲハとは違う雰囲気.これはいよいよモンキアゲハか.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

2齢.小さいものは体長0.7cm、大きいものは体長1.05cm.当初は6頭いたが、現在は5頭.1頭は脱落してしまったか.

2021/10/03 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ

5齢2日目.体長3.4cm

?アゲハ

孵化6日目(2齢脱皮3日目).同じ葉に陣取られては見分けがつかない・・・かと思ったのだが、よく見ると白帯の斑紋が少し違う.これまで「a」としてきた方が、腹部第二~第四節にかけての白帯における黒斑大きさが少し小さいようだ.↑画像では左の個体がそれにあたる.すなわち画像の左がa、右がbと言えそうだ.体長はa:1.25cm、b:1.1cm.この日の午後眠に入った.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

黒丸頭の1齢から黒丸にウサ耳を生やした2齢に脱皮する個体が増えてきた.ある2齢の体長0.65cm.

こちらは食事中.

餌の補充をしたが・・・

市内の林内でイネ科の草(アシボソが主)をしこたま採取したのだが、未体験の乾燥で参ったのか、あれよあれよと葉が丸まってしまったので・・・
メヒシバが主に生き残る結果に.やはりメヒシバ最強説が有力か.(しかしメヒシバは林内ではほぼ見かけない)

2021/10/01~02 アゲハ類・クロコノマ状況

10月1日

キアゲハ

昨夜の内に前蛹と化した.

クロアゲハ

4齢、眠に入った.

?アゲハ

2齢.どちらも緑味は帯びていない.カラスアゲハの線は薄くなった.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

1齢.大分胴体が長くなった.

※この日は時間の都合で体長測定できず.

10月2日

キアゲハ

未明に蛹化した模様.体長3.4cm 黄白色だが、この後もっと色は濃くなるのだろうか?

クロアゲハ

4齢眠中.そろそろ起きそう.体長3.1cm

11時40分過ぎ、終齢に脱皮した.

?アゲハ

色合いはどちらもかなり似ている.クロ?モンキ? さてどちらか.

クロコノマチョウ

1齢.体長0.65cm.体の色が白っぽくなり、頭の後ろが膨れているような.恐らく眠.

ナミアゲハ

9月21日に蛹化したナミアゲハの蛹はオレンジ系統の褐色になった.体長2.85cm.寄生を強く疑っており、今頃ならとっくに蛆が脱出していてもおかしくないのだが、不思議な事に今現在に至るまで寄生が疑われる変色・姿勢変化が確認できない.引き続き様子を見よう.

2021/09/28~30 クロアゲハ・キアゲハ・クロコノマ等成長中

9月28日

クロアゲハ

3齢眠.体長1.8cm

キアゲハ

体長4.4cm

?アゲハ

種類はお楽しみ・・・なアゲハが2つとも孵った.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

6つの内1つが孵化していた.残りも大あごが見えており、孵化は近そう.

?アゲハ・クロコノマチョウ飼育レイアウト

採集時に使った葉(すでに枯葉)を新鮮な葉にでんぷんのりで注意深く貼り付けて、水挿しで管理.

9月29日

クロアゲハ

4齢に.体長2.7cm

キアゲハ

パンパンに肥えたようだ.体長5cm
花ばかりでは贅沢!と思ったので葉も与えてみたら普通に食べた.しかし、夜には花に移った.やっぱり花が好きか^^;

?アゲハ

便宜上、一時的にaとbと呼び分ける.どちらかと言うとaはクロアゲハチックな風貌で、bは突起がいかつく、胸部が割と太い印象.bはひょっとするとカラスアゲハだったりして.

クロコノマチョウ

全員孵化.6頭勢ぞろい.1頭の体長0.3cm

9月30日

クロアゲハ

4齢.体長3.3cm

キアゲハ

胸部がやや萎み気味.体長4.9cm.今日「あがり」と見た.

18時少し前帰宅.脱走を確認.残念ながら蛹化器への誘導は失敗だった模様.捜索の結果幼虫は確保して蛹化器へ移した.19:10頃、蛹化器にて糸玉を作っている様子を確認.

?アゲハ

ここまで順調の模様.

クロコノマチョウ

1頭の体長0.5cm.画像の個体は独立志向がある模様.

2021/09/25 卵2者現況

※以下の写真はマクロレンズで頑張って撮ってみたもの.

アゲハ類

この時点では謙虚に「アゲハ類」としておこう.片方は赤道辺りに赤っぽい筋が現れた.あと、両方とも卵の頂上に赤っぽい点が現れている.(→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明)

クロコノマチョウ

まだ宝石のように艶やか.幼虫の影的なものは見えない.

2021/09/20 アゲハ蛹化器2号試作

2階建て

ワンダリングのアゲハ達がもっと退屈せず歩き回れるよう、2階建て構造とした.あと、試験的に蛹化する面に黒のナイロン布を縫い付けてみた.
折角作っても、肝心のアゲハ幼虫が登れないようでは困るので、テスト幼虫を・・・このナミアゲハ幼虫(丁度ワンダリング中である)にはハエが入っているのだろうが、蛹化の可否を確かめるには十分である.

2021/05/29 東滑川ヒカリモ公園

咲く花は週を追うごとに変遷

ドクダミが花盛り

足元から頭上まで、どこかには花がある.

一抱えはありそうな規模で茂るアシタバ
道のすぐ脇にはアズマネザサのタケノコ.
手入れを怠ると道はすぐ藪と化してしまう.

幾つかの岩の窪みの水たまりにはヒカリモ.健在.

アゲハ類幼虫発見

日立市ではよく見かけるカラスザンショウだが、そこで
アゲハ類の幼虫や卵を見る機会はそれ程多くない.しかし、
今回運よく若齢幼虫を発見した.持ち帰りたい気持ちは
少なからずあったが、何となくそのままにした.
(考えられる訳:公園だから?ウチにはもうキアゲハがいるから?
卵じゃなかったから?)

サシガメは何故目立つ?

サシガメは、このシマサシガメのように目立つ種類が沢山いる.
結構堂々と葉の上に鎮座してるし、獲物に近づくには一見不利
に見えるけど.むしろ天敵への威圧効果がメインなのかな.

波打ち際の岩肌にて

波が打ち寄せる箇所のすぐ上、堆積岩のような垂直な岩肌を沢山の
黒い小さな虫が走り回っていた.
その一角で塊になっている同種と思しき虫を発見.
調べると、これはイソユスリカの仲間らしい.
どうやらペアが成立した所に他の雄が言い寄っているようだ.
飛ぶように走り回っているのは雄か.婚活事情は熾烈の模様.
こちらでは捕食性のダニに捕まっていた.
ピンボケも甚だしいが、これはサシガメの仲間?
足が長く素早く歩いていた.

岩肌に地衣類?いや、不自然な動きをしている.これは地衣類を纏った
シャクトリムシ.てっきりシャクガ科と思ったが、調べるとどうやらヤガ科
の「キスジコヤガ」がそれらしい.周囲には同じような地衣類は見当たらない
ので、どこからか落下してきたのかも.

地表に潜むフナムシ

海に近ければ、岸壁のみならずこうした草地の土の上にも
いるようだ.守備範囲は思ったよりも広い.