「クロアゲハ」タグアーカイブ

2021/10/10 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ蛹化

(8:24)恐らくこの日の午前中に蛹化しそうだが、出かける用事があった為継続して観察できず.
(11:25)戻ってみるとああやっぱり、蛹化してすぐの様子だった.どうやら今回は緑色型の模様.
(14:08)形が整った.そう言えばクロアゲハの緑色型蛹を観察するのはasahamaが成人してから初めてかも…

モンキアゲハ眠へ(現4齢)

この日の午後にはaも眠に入った.

クロコノマチョウ

ある4齢の体長2.3cm.3齢(眠)の体長2.2cm.4齢、まだ脱ぎたてなので大きさの差が少ない.2日前に採取したジュズダマはくたびれてきたが同じタイミングで採取したメヒシバは健在.やはりメヒシバ最強と言いたい所だが、今度の餌替えではエノコログサを導入して様子を見るつもり.

2021/10/09 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ

キアゲハ蛹のすぐ傍で前蛹になった.ちょっと意外な位置取りである.一応体長計測.直線距離にして:3.15cm.大きく縮むな~

モンキアゲハ

クロアゲハ4齢との違いがより鮮明に.

風が吹いてリラックス?胸部を少々伸ばしている.

クロコノマチョウ

ある個体の体長2.2cm

こちらは眠に入っている模様

エカキムシ

タダでさえ葉の量が少ないメヒシバだが、うっかりしているとエカキムシによって更に可食部が狭まってしまう.早いうちに除去すべし、と.

2021/10/06~08 アゲハ類・クロコノマ近況

10月6日

クロアゲハ

体長4.65cm.むっちりシアガッてきた.

?アゲハ→モンキアゲハと確信

クロアゲハにしては明らかに白い網目模様が強く、所々にある黄色い部分も強い.これはモンキアゲハであると確信した.aもbも斑紋での識別は難しくなったが、aは比較的細長く、bは比較的ずんぐりというちょっと意外な違いがある.

クロコノマチョウ

ある個体(3齢)の体長:1.4cm.画像で大きく捉えるにはまだまだマクロレンズが必要.コンデジよ、早く戻って来ておくれ(正確には、修理不能だった為、新モデルが格安で).

10月7日-撮影・計測できず

クロアゲハ・モンキアゲハ用にカラスザンショウを調達.モンキアゲハは4齢に進んだ.

10月8日

クロアゲハ

体長5.3cm.ぱつぱつに.

19時過ぎ、ガットパージしてボトルを降りようとしている所を確保.光で透かすと睾丸らしきものは見当たらない.きっと雌である.蛹タワーに移した所、日付が変わる頃場所を決めたらしく、動き回らなくなった.

モンキアゲハ

クロコノマチョウ

餌が枯渇し、慌てて採集するも2頭脱走し、あわや失う所であったが幸い確保.ある個体の体長:2cm.メヒシバとジュズダマを同時に与えたらジュズダマばかりに留まるのかと思ったが、そうでもなさそう.

2021/10/04 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ

体長4.15cm.固いカラスザンショウの葉で生育中.この葉は成木のものだが、案外水揚げは悪くない.むしろ若木のものの方が悪いような.

?アゲハ

何となく、クロアゲハとは違う雰囲気.これはいよいよモンキアゲハか.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

2齢.小さいものは体長0.7cm、大きいものは体長1.05cm.当初は6頭いたが、現在は5頭.1頭は脱落してしまったか.

2021/10/03 アゲハ類・クロコノマ近況

クロアゲハ

5齢2日目.体長3.4cm

?アゲハ

孵化6日目(2齢脱皮3日目).同じ葉に陣取られては見分けがつかない・・・かと思ったのだが、よく見ると白帯の斑紋が少し違う.これまで「a」としてきた方が、腹部第二~第四節にかけての白帯における黒斑大きさが少し小さいようだ.↑画像では左の個体がそれにあたる.すなわち画像の左がa、右がbと言えそうだ.体長はa:1.25cm、b:1.1cm.この日の午後眠に入った.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

黒丸頭の1齢から黒丸にウサ耳を生やした2齢に脱皮する個体が増えてきた.ある2齢の体長0.65cm.

こちらは食事中.

餌の補充をしたが・・・

市内の林内でイネ科の草(アシボソが主)をしこたま採取したのだが、未体験の乾燥で参ったのか、あれよあれよと葉が丸まってしまったので・・・
メヒシバが主に生き残る結果に.やはりメヒシバ最強説が有力か.(しかしメヒシバは林内ではほぼ見かけない)

2021/10/01~02 アゲハ類・クロコノマ状況

10月1日

キアゲハ

昨夜の内に前蛹と化した.

クロアゲハ

4齢、眠に入った.

?アゲハ

2齢.どちらも緑味は帯びていない.カラスアゲハの線は薄くなった.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

1齢.大分胴体が長くなった.

※この日は時間の都合で体長測定できず.

10月2日

キアゲハ

未明に蛹化した模様.体長3.4cm 黄白色だが、この後もっと色は濃くなるのだろうか?

クロアゲハ

4齢眠中.そろそろ起きそう.体長3.1cm

11時40分過ぎ、終齢に脱皮した.

?アゲハ

色合いはどちらもかなり似ている.クロ?モンキ? さてどちらか.

クロコノマチョウ

1齢.体長0.65cm.体の色が白っぽくなり、頭の後ろが膨れているような.恐らく眠.

ナミアゲハ

9月21日に蛹化したナミアゲハの蛹はオレンジ系統の褐色になった.体長2.85cm.寄生を強く疑っており、今頃ならとっくに蛆が脱出していてもおかしくないのだが、不思議な事に今現在に至るまで寄生が疑われる変色・姿勢変化が確認できない.引き続き様子を見よう.

2021/09/28~30 クロアゲハ・キアゲハ・クロコノマ等成長中

9月28日

クロアゲハ

3齢眠.体長1.8cm

キアゲハ

体長4.4cm

?アゲハ

種類はお楽しみ・・・なアゲハが2つとも孵った.
→2021/10/09追記:モンキアゲハと判明

クロコノマチョウ

6つの内1つが孵化していた.残りも大あごが見えており、孵化は近そう.

?アゲハ・クロコノマチョウ飼育レイアウト

採集時に使った葉(すでに枯葉)を新鮮な葉にでんぷんのりで注意深く貼り付けて、水挿しで管理.

9月29日

クロアゲハ

4齢に.体長2.7cm

キアゲハ

パンパンに肥えたようだ.体長5cm
花ばかりでは贅沢!と思ったので葉も与えてみたら普通に食べた.しかし、夜には花に移った.やっぱり花が好きか^^;

?アゲハ

便宜上、一時的にaとbと呼び分ける.どちらかと言うとaはクロアゲハチックな風貌で、bは突起がいかつく、胸部が割と太い印象.bはひょっとするとカラスアゲハだったりして.

クロコノマチョウ

全員孵化.6頭勢ぞろい.1頭の体長0.3cm

9月30日

クロアゲハ

4齢.体長3.3cm

キアゲハ

胸部がやや萎み気味.体長4.9cm.今日「あがり」と見た.

18時少し前帰宅.脱走を確認.残念ながら蛹化器への誘導は失敗だった模様.捜索の結果幼虫は確保して蛹化器へ移した.19:10頃、蛹化器にて糸玉を作っている様子を確認.

?アゲハ

ここまで順調の模様.

クロコノマチョウ

1頭の体長0.5cm.画像の個体は独立志向がある模様.

2021/09/26 クロアゲハ・キアゲハ成長中

クロアゲハ

3齢.体長は1.8cmに達する.

キアゲハ

終齢.体長は3.3cm.採集時のアシタバ花序が食い尽くされそうになったので補充

蛹化に向けた仕掛け作り

ペットボトルキャップ・鉢底ネット・針金・紙紐を加工し、組み合わせてこのような構造物を作ってみた.
そして、こちらはワンダリング中のアゲハ幼虫に見立てた錘である.重さは1.5g位.

左が錘を構造物先端に乗せた時.右が錘を外した時の様子である.左の方が当然ながらたわんでいるが、その先にあるのは周囲を水で囲まれたアゲハ蛹化器である.この時点でピンと来るかもしれないが、asahamaも多くの場合日中の間アゲハ幼虫の面倒を見る訳にはいかない.日中アゲハがワンダリングをする時は、今までは大型のネットケージに予め丸ごと入れていたのだが、それでは冬の間そのケージを畳めず、他の用途に使う事もできず、しかしなるべく蛹を剥がすのは避けたい.何とかasahamaのいない間に蛹化器へ誘導できないかと考えた末の仕掛けである.思惑通りに行けば、一度幼虫が蛹化器へ乗り移った時点でこの「誘導器」は右画像のように跳ね上がり、二度と蛹化器から出ていくことができないという仕様である.

2021/09/25 クロアゲハ・キアゲハそれぞれ脱皮

クロアゲハは3齢に

6:12頃

キアゲハは終齢の模様に

12:31頃.終齢の模様・・・という事は齢数を読み間違えていたようだ.てっきり採集時を2齢と思っていたが3齢だったらしい.

食事再開

食欲について、クロアゲハの方はまだまだ大人しいが、キアゲハはMAXになろうとしている.アシタバの追加がそろそろ必要だろう.

2021/09/24 クロアゲハ・キアゲハ成長中

※いつも、飼育中の昆虫・植物の撮影に使っていたTG-5が、PCとの接続不良を高頻度で起こすようになってしまい、やむなく修理に出すことにした(USBコードを替えてみたり、接点復活剤を付けたりしたが改善せず).そして、いつもは料理の撮影にばかり使っていた一眼レフを当分の間こちらの撮影にも用いる事にした.こちらのカメラは残念ながらマクロ撮影は苦手である.

クロアゲハ

2齢、朝方はもりもり食べていたが、
昼過ぎには眠に入った.

キアゲハ

昼過ぎ、アシタバの苞の中で眠に入った.ひょっとして既に4齢?