2018/11/03 フィールド(日立-登山)

近場の山を登る.

御岩山にて

隠れたつもり?
マツ類の葉の付け根には青いカメムシがうずくまる.隠れているつもり?

山道で見かけたキノコ
山道の真ん中にキノコあり.

イワウチワ
イワウチワ.春に来れば美しい花が見れるだろう.

御岩山山頂にて(太田方面) 御岩山山頂にて(きららの里方面) 御岩山山頂にて(小木津方面)
山頂にて.左から順に、太田方面、きららの里方面、小木津方面
紅葉の見頃はまだ先のよう.

ツルリンドウ
ツルリンドウ.可愛らしい赤い実を着けていた.

高鈴山へ

アセビが造る独特の光景
アセビの群落が造る独特の光景.下草が見当たらない.

木々の色づきはまだ早い
木々に秋の日差しが注ぐ.爽やかな景色

アザミ類の花
多分、ノハラアザミ

レーダ雨量観測所
山頂に着く.そこにそびえ立つのはレーダ雨量観測所

レーダ雨量観測所
高所にて見る雲は、やっぱり地上とは違う感じだ.

説明看板
「国土交通省」にはまだ書き換えない?^^;

高鈴山山頂にて
北側を望む.御岩山より更に標高が高いので、より見下ろした感
が強まる.

天測点
天測点.第何号?

キンミズヒキ
いかにもくっつきそうなキンミズヒキ.実際よく付く.

カマドウマの仲間
落ち葉の間をぴょんぴょん跳ね回っていたのはカマドウマの仲間
であった.隠蔽効果がすこぶる高い.

麓付近

マムシグサの実
マムシグサの実が存在感を放っている.

近くにいた鳥
近くの枝に止まる小鳥を発見(円内)

ジョウビタキ?1 ジョウビタキ?2
アングルを変えながら何度か撮る.拡大すると、ジョウビタキ
のメスのように見える.

11月4日 20:00 現在、いつも自転車で坂を上っているせいか筋肉痛
は少しある程度.次の日、本番が来たりして…^^;

2018/09/22 フィールド(日立)

深まっていく秋の様子を見に日立の山へ

道路脇にて

オナガミズアオ卵の殻
オナガミズアオの卵の殻を発見.いつも見ている樹にあったが、気が
付かなかった.

オナガミズアオ卵の殻 遠くから
大きな葉のど真ん中であった.親はどんな風にここまで来て産卵
したのだろう?

セセリ
大分くたびれたセセリ

ショウリョウバッタ
草の間から飛び出したのはショウリョウバッタの♂

ヒラアシハバチ幼虫
別のオオバヤシャブシの葉に小さなイモムシの軍団を発見.
この独特なプロポーションは・・・

ヒラアシハバチ幼虫拡大
ヒラアシハバチの幼虫だ.腹をブンブン振って活動的だ.

オナガミズアオ終齢
この樹にはオナガミズアオの終齢もいた.こちらは至って静かに
食事を嗜んでいた.

ツバメシジミ産卵
メドハギにツバメシジミが産卵

オオユウガギク?
美しく咲く野菊.オオユウガギク?

キンエノコロ
暗い背景でも輝くキンエノコロ

何かいる・・・
別のポイントに移動しようと車に乗り込んだ所、車窓から虫の気配
を感知

ツチイナゴ幼虫
ツチイナゴの幼虫であった.

ヒガンバナ発見
ぽつんと咲くヒガンバナを発見.一体どういう経緯でここにやって来た
のだろうか?野山で咲くこの花を見るといつも不思議に思う.

サルナシ
去年、実を頂いたサルナシは、今年も実を着けていた.また、
頂くとしよう.

コマツナギ類の実
コマツナギ類の実.こんな風に着くのね.

イケマ
イケマ発見.あわよくばアサギマダラの幼虫もと思ったが、それは叶わず.

イヌザンショウ実 熟す
イヌザンショウ.9月頭に見たときは緑一色だったが、実が熟したようで黒い
種が飛び出している.

ハラビロカマキリ再見
ハラビロカマキリ発見.9月に見たのと同じ個体か?食事に困らなかった
のかね?^^;

鮮やかな葛の花
葛の花って結構鮮やかだねぇ.

キチョウ産卵
メドハギに狙いを定めて産卵中のキチョウ

蕾を作るセイタカアワダチソウ
花の装いに向けて準備中のセイタカアワダチソウ

ヌメリイグチと思われ
ヌメリイグチと思われ.

カキバトモエ?
カキバトモエの若い幼虫かな?ニセアカシアにて

キチョウの卵?
同じ樹で見つけたキチョウと思しき卵

林の中にて

テングタケの仲間
テングタケの仲間

ヌメリイグチのなれの果て?
ヌメリイグチのなれの果てか?

初々しいキノコ
初々しいキノコ

よく見かけたキノコ
よく見かけたキノコ

タマゴタケ発見
タマゴタケ発見.若いキノコでもたくさん生えていたら採る事も
考えたが、開いたのが2本しか見つからずそれは断念

イグチの仲間
ヌメリとはまた違うイグチか.

色々なキノコ1
色々なキノコ2
見かけたその他キノコ達

ノウタケ発見
唯一持ち帰ったのがコレ.ノウタケ.食べられると聞いていたので.
新鮮そうであったので食べてみることにした.その様子は
こちらに記載

2018/09/17~22 料理

全般

料理
秋の味覚満喫中.(9/22夕)は特別メニュー.詳細はページ下方.

目玉焼きに新兵器導入

恐らくこれ以上リッチなものは無いであろうツールを導入した.
目玉焼き作製(1)
フライパン用窓付きの蓋である.

目玉焼き作製(2)
数分も経たぬうちに黄身の表面が白くなってきた(時々水を足している).

目玉焼き作製(3)
うっすら見える黄身の色合いが変わって来たかな?という所で火を止める.

目玉焼き断面
断面.いい感じ.あと僅かに半熟気味なら最良.火を止めた時点で余熱を
待たずに玉子を取り出すといいかも.

サンマ塩焼きは少し失敗^^;

焼きさんま作製(1)
ホイルで包んで焼けばいい感じに焼けるかもとトライ.
フライパンに収まるようサンマは半分にカット.

焼きさんま作製(2)
片面4分を目安に焼いたのだが・・・

焼きさんま作製(3)
おっと、少し焼き過ぎたみたいだ.

焼きさんま作製(4)
だが、その内側はジューシーに仕上がっている.少しのコゲをとる
だけで美味しく頂けた.次回は3分を目安に・・・^^

9/22夕 ノウタケを食す

ノウタケの中身
9月22日、日立の山で見つけ、たまらず持ち帰ってきたノウタケ.
中身は真っ白で、食して問題なさそうである.

ノウタケを輪切りに
輪切りにする.虫食いはゼロ.本当パンみたい.

他の具材も併せて
他の具材と併せて・・・

バターで炒めて
バターで炒めて

で・き・あ・が・り
刻みキャベツを加えてできあがり.なかなか美味しそうである.

バターの風味が乗ってGood
さあ実食.おお、食感はしっとりしたパンのようだが、バターの風味が
乗り、更にほのかにきのこ特有の香りもあってGood!
とても満足のいく出来であった.

2018/09/08~09 フィールド(日立)

(9月8日)
秋口の曇り空
季節の変わり目がすぐそこに.

(9月9日)
曇り朝の海
今の所台風の接近はなく、比較的穏やかな海である.

ハエに入られたオナガミズアオ
山側道路エリアで見つけたオナガミズアオ終齢.ハエに入られている模様.
残念!

リンゴドクガか
リンゴドクガと思しき毛虫.ヤシャブシの類も食うのね.

たわわに実るイヌザンショウ
イヌザンショウに実がたわわについている.

アゲハ2齢か
イヌザンショウにアゲハ類の2齢あたりを発見.

茂みに隠れていたハラビロカマキリ
同じ樹の茂みに隠れていたのはハラビロカマキリ.幼虫らが大きく
なるのを待って食うつもりか.ずるい!

熟し始めたクサギの実
クサギの実が熟し始めている.己を目立たせる為、萼片が効果的に
働いているね.

ヘクソカズラの花
ヘクソカズラの花.よく見ればムクゲのような色使い.意外と派手である.

ツユクサ花盛り
ツユクサの花も沢山集まればそれなりに見応えが出てくる.

ハギの花
クズやコマツナギより一足遅れてハギの花も咲きだした.

ヌルデの花
ヌルデの花とアワブキの花って雰囲気が似てる.

センニンソウの花
暗い茂みをバックに光り輝くはセンニンソウの花

近頃は秋が来たと思ったらいきなり冬になる.今の内からじっくり
目に焼き付けておきたい.

2018/09/01~02 オナガミズアオ(+フィールド 日立)

9月1日 枝着け準備

産卵から間もなく1週間が経過するので、急いで枝着け準備を行う.
卵枝着け準備1
卵枝着け準備2
卵枝着け準備3
卵は全部で44粒.内1粒は標準より潰れており孵化の見込みは低い.

オオバヤシャブシ鉢植え今年2回目の使用
春の飼育から暫く養生していたオオバヤシャブシの鉢植え、再び
使用できる状態になったので使わせてもらう.枝が盛大に垂れ下がっ
ているので紐で誘引しておく.

枝着けした卵
鉢植えの枝に着けた卵.卵は7粒.この他の卵はオオバヤシャブシの
生息エリアに放す(日立バイパスのエリアと塙山のエリア、計4つの
ポイント).

9月2日 孵化

あと2日程かかるのかと思ったら、枝着けの翌朝には孵化が始まった.
卵の期間は7日と半日であった.枝着けがあと1日遅れていたらと思うと
…少し焦った.7粒全て孵化.
オナガミズアオ 孵化

オナガミズアオ 葉を食す1齢
早速葉をかじる1齢.1頭だけ葉を食べずひたすら彷徨う個体が・・・
見当たらなくなってしまった・・・どこか葉の隙間にいるだけなら良いが.

日立バイパスエリア オオバヤシャブシ群落
この調子ならオオバヤシャブシエリアに放った卵も孵化している筈.
早速確認に向かった.まずは日立バイパスの方.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
(2018/09/09追記)
↑このエリアのオオバヤシャブシ群落は昨年6月にも写真に収めている.
オオバヤシャブシらは、その頃に比べて目を見張るような成長を遂げている.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

枝着けポイント1
枝着けポイント2
このエリアの2本の樹に卵を着けていたが、元から潰れていた1粒を
除いて全て孵化していた.

次に塙山のエリアに向かった.こちらにも2本の樹に卵を着けておいた.
枝着けポイント3
枝着けポイント4
ふむ、こちらも全て孵化した模様.ここまで揃って孵化されると何だか
嬉しいぞ.

虫?いや、髪留め!
やや!フェンスに新手の虫が!? 一瞬騙されました^^;

当方がタッチしていない個体発見

山側道路を更に南下して森山のエリア(枝採りによく行く所)まで
足を延ばすと1つの樹に終齢2頭、亜終齢2頭を発見.
見つけたオナガミズアオ(終齢1)
見つけたオナガミズアオ(終齢2)
見つけたオナガミズアオ(亜終齢1)
見つけたオナガミズアオ(亜終齢2)

フキバッタ
このエリアのオオバヤシャブシの葉で時々見つかるフキバッタの類.
何フキバッタだろうね…^^;

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
(2018/09/03追記)残り2頭の蛹は未だ羽化せず.休眠の可能性が濃厚になってきた.

2018/07/16~22 オナガミズアオ成長中 他

飼育組等の様子

生まれたばかりの1齢
(7月16日)孵化から2日目.朝日を浴びて気持ちよさそうに食事をとる1齢

成長が進んだ1齢
(7月18日)そろそろ眠

2齢現る
(7月19日)2齢現る.

成長が進んだ2齢
(7月21日)例によってどんどん成長が進む.

(7月22日)
3齢現る
早くも3齢が現れる一方で…

飼育組で一番遅い個体(2齢)
こちらはまだ2齢で成長中である(この個体は1齢の時点で食いつきが
いまいちであった).

冷蔵組1個体回収(1齢)
不安に感じていたasahamaは、7月21日に枝着け、同日の内に孵化を
果たしていた冷蔵組の1個体を連れてきたが、この個体も食いつきは
いまいちかな…^^; 上記2齢はとりあえず落ち着いて食事を繰り返して
いるので、この1頭の追加は徒労に終わる可能性はある.

回収した卵

枝着けの卵回収(常温組) 3粒発育せず
枝着けしていた常温組の卵を2本分全て回収.全14粒の内3粒が孵化していなかった.
カッターで中を見てみると、青黒い液が詰まっているだけで、幼虫の姿は無かった.
無精卵だったのかな?或いは冷蔵の影響が出たか.

生息地で育つ個体

外に放した卵由来の個体(2齢)
(7月21日)枝着けの卵由来とみられる個体(2齢)を1頭確認

(7月22日)
屋外で発見の終齢1 屋外で発見の終齢2
今回枝を採っている地点のオオバヤシャブシの枝にて、思いがけず
オナガミズアオ終齢を2頭発見.

屋外で発見の亜終齢
亜終齢(多分4齢)の個体も発見.

屋外で発見の卵
ここで見た終齢・亜終齢は、7月4日に産卵し飛んで行った母蛾の子とは
間違いなく別と思われる.しかし、この卵はひょっとするとその個体が
産んだのかも.

イラガ幼虫
ハンノキ類にはイラガもしょっちゅう付くので気を付けないと^_^;

その他

撮ってもらって、頂いた写真
これは、鉾田のとあるネイチャーな施設にオナガミズアオを連れて行った
時に思いがけず撮ってもらい、そしてまた、思いがけず頂戴できた写真
である.匿名のブログなので詳細を色々書けず歯がゆいのではあるが、
とても鮮明で美しい仕上がりにただ、ただ感激であった.と記しておく.

2018/07/16 フィールド(マメ科の花3種)

日立の山に咲いていたマメ科の花3種
フジ
最初目にしたとき、また新手の蔓植物か?と思っていたが、近づいて
みると紛れもないフジ.夏場も稀に咲くことがあるようだ.

クズ
こちらはクズ.「秋の七草」の一つだけど、今頃から既に盛りを
迎えている.

トウコマツナギ?
人の背丈程に育ったブッシュにて開花のこの種は、トウコマツナギ
だろうか?

マメ科の樹木は他にもハギの仲間、ニセアカシア、ネムノキ、イタチハギ、
ジャケツイバラ(APGに倣って)と、数多くの種類が生えている.
まさにマメ科天国ね.

2018/07/01 フィールド(日立:海岸~林にて)

日立北部の海岸
日立市北部のある海岸に初めて寄ってみた.

浜辺にて

ハマダンゴムシの骸? いや、オカダンゴ
海岸では癖の如くハマダンゴムシ捜索.それっぽい死骸を一つ
見つけたが、尻の様子からオカダンゴ.

ハマボッス
見慣れない花を幾つか見かけた.これは調べた所ハマボッスというようだ.

林に分け入る

青いワラジムシ
日陰の石をひっくり返すと青いワラジムシ発見.
弱っているのだな?じっと動かない.

多分ノアザミ
ノアザミは見慣れている.

アザミに止まるセセリ
セセリが止まる.ノアザミは花期が終わりに差し掛かっているようで
種が出ているものも多かった.

ウツボグサ
この草、以前別の場所でも見たことがあったが、名前がなかなか
判らなかった.てっきりハマウツボの仲間かと思っていたが、

ウツボグサ上から
「ウツボグサ」というシソ科の草である事が判った.惜しいのか
惜しくないのか.むしろ、「ハマウツボ」という名はこの草が基に
なっているのね.

ウツボグサ群落
見れば、ウツボグサは群落を成していた.

テングタケ?
これはテングタケ?晩夏のイメージだが、もう出ているのか?

テングタケ?出たばかり
若いキノコもある.

オカトラノオ
林の中で清楚に咲くオカトラノオ

ギボウシ類
ギボウシの花はもうすぐ終わり.

オオバノトンボソウ
見た目地味だが、蕾の様子がいかにも「ラン」をしている植物が
幾つも見つかった.

オオバノトンボソウ 花
地味だが、これが開花している様子らしい.調べると、
「オオバノトンボソウ」というラン科の植物のようだ.

コクラン?
その下に生える下草の間にひっそりと咲くこれまた地味なラン的な
植物を見つけた.調べると、どうやら「コクラン」のようだが.

林の中は思ったよりも涼しく快適であった.しかし、蚊が詰め寄って
来たので早々に退散^^;

2018/06/04~10 オナガミズアオ全員蛹へ

家のオナガ

オナガミズアオ ガットパージ
(6月4日)3頭目ガットパージ中

最後の幼虫個体
(6月6日)4頭目も「あがり」となり、画像の個体が最後の幼虫となった.

最終個体も「あがり」に
(6月7日)夕方、この個体も枝先で佇み、「あがり」となっていた.

1頭冷蔵庫へ移動
(6月10日)「あがり」から1週間経った繭の一つを冷蔵庫に移動.
 繭の中は既に蛹である.あと2個体を、1週間経過ごとに移す予定.

フィールドのオナガ(2018/06/10)

~雨で撮影できなかったのでテキストのみ~
・4齢で放した個体は発見できず.先週の時点で5齢だったので既に
 繭になっているのかも.
・卵から放した個体と思しき者を1頭発見.5齢への眠の最中であった.