「日立」タグアーカイブ

2021/05/29 東滑川ヒカリモ公園

咲く花は週を追うごとに変遷

ドクダミが花盛り

足元から頭上まで、どこかには花がある.

一抱えはありそうな規模で茂るアシタバ
道のすぐ脇にはアズマネザサのタケノコ.
手入れを怠ると道はすぐ藪と化してしまう.

幾つかの岩の窪みの水たまりにはヒカリモ.健在.

アゲハ類幼虫発見

日立市ではよく見かけるカラスザンショウだが、そこで
アゲハ類の幼虫や卵を見る機会はそれ程多くない.しかし、
今回運よく若齢幼虫を発見した.持ち帰りたい気持ちは
少なからずあったが、何となくそのままにした.
(考えられる訳:公園だから?ウチにはもうキアゲハがいるから?
卵じゃなかったから?)

サシガメは何故目立つ?

サシガメは、このシマサシガメのように目立つ種類が沢山いる.
結構堂々と葉の上に鎮座してるし、獲物に近づくには一見不利
に見えるけど.むしろ天敵への威圧効果がメインなのかな.

波打ち際の岩肌にて

波が打ち寄せる箇所のすぐ上、堆積岩のような垂直な岩肌を沢山の
黒い小さな虫が走り回っていた.
その一角で塊になっている同種と思しき虫を発見.
調べると、これはイソユスリカの仲間らしい.
どうやらペアが成立した所に他の雄が言い寄っているようだ.
飛ぶように走り回っているのは雄か.婚活事情は熾烈の模様.
こちらでは捕食性のダニに捕まっていた.
ピンボケも甚だしいが、これはサシガメの仲間?
足が長く素早く歩いていた.

岩肌に地衣類?いや、不自然な動きをしている.これは地衣類を纏った
シャクトリムシ.てっきりシャクガ科と思ったが、調べるとどうやらヤガ科
の「キスジコヤガ」がそれらしい.周囲には同じような地衣類は見当たらない
ので、どこからか落下してきたのかも.

地表に潜むフナムシ

海に近ければ、岸壁のみならずこうした草地の土の上にも
いるようだ.守備範囲は思ったよりも広い.

2021/05/23 フィールド(東滑川ヒカリモ公園とその周辺にて)

生き物達の気配が濃くなる

動画

巣穴からのっそり出てきた所を撮影.鋏を交互に口に運んでいるが、
何かを食べているのかどうかは判らなかった.

2021/05/22~23 キアゲハ幼虫ゲット

5月22日-遂に発見

水木海岸のアシタバポイントでキアゲハ幼虫を発見.
まだ1齢.他にもいないか探してみたが、他の個体や卵は
見つからなかった.
車ですぐ行ける(羽化したら戻せる)範囲であり、
あまりない機会なので持ち帰って飼ってみる事にした.
キアゲハの飼育はここ何年も行っておらず、久しぶりである.
現在はタッパーで簡素な管理だが、
あとでグレードアップする予定.

5月23日

葉の食べ方に変化が

今までは葉の表面を舐めるように食べていたが、今見ると葉の縁
から食べているのを確認.何か変わった?

アシタバセッティング

(17:46)この葉をセットしたのは15時半過ぎであった.2時間程度で
葉はこんな感じに.水揚げはあまり良くないように見える.

尚、幼虫はこの時点で眠に入っている模様.頭の後ろを膨らませ、
移動・摂食をしなくなった.

2021/05/15 オナガミズアオ近況

1齢、十分大きくなった模様

拡大すると金平糖みたい.
この日の昼には半数以上の個体が眠に入った.

野外に結び付けた卵は・・・

5月3日に3地点のヤシャブシに結び付けた卵は全員孵化した模様.どうやら
今日が孵化日の雰囲気.

番外

近くのコナラの一部の枝がちょっと不自然…とよく見たらぎょっとした.
群れになった赤黒い芋虫がコナラの葉を貪り食っている.確かシャチホコガ科
だった気が・・・帰宅後確認すると、「オオトビモンシャチホコ」である事が
判った.画像では見た事があったが、実際目にするのは初めて.

2021/05/15 フィールド(日立)

助川城址公園

ジシバリの綿帽子

ムラサキサギゴケ?トキワハゼ?調べるとムラサキサギゴケで良い模様.

ケヤキの枝先から何かがぶら下がっているなと見てみると、
トビモンオオエダシャクの幼虫であった.

水分が多いのだろう.木立の地面は苔むしている.

朝の空をバックにガガンボ.お目覚めかな?
オオシマザクラかな?サクランボが沢山着いていた.

草原に咲いていた可憐な花達.

虫達も沢山見つかる.

鳩石とその説明.石の中央に鳩あり.

大人の背丈ほどある大きなツツジが花盛り.

この花は、調べた所多分ハナニガナ.小さなハナバチの仲間がせっせと花を
訪れていた.

キンポウゲ的なこの花は多分ウマノアシガタ.

伊師浜

ヤシャブシにつく謎のハバチ
びっくりされては申し訳ないので縮小画像で.ヤシャブシにつくハバチ
と言えばヒラアシハバチだが.体の色遣いがどうも違う.WEBを巡って
検索したが種類の特定はできなかった.

これはコンクリート壁に開けられた水抜き穴から生えるヤブソテツ.
これ自体はよく見る光景だが、注目は穴の周囲の壁面.何やら同心円の模様
が見られる.これがいわゆる「植物ワイパー」というやつか.

背の低い植物で占められる斜面に一輪のツツジの花を見つけた.
よく見るとそれは花弁が落ちていたのではなく、とても小さな株
から咲いたものだった.これ程小さい状態からも咲くとは
驚きであった.

ハマヒルガオが見頃を迎えている.

シャリンバイ開花中.
ハマエンドウ.約1月前にはすでに咲いていた.
結構花期は長い模様.

コウボウムギ.

波打ち際から顔を出していた岩を見ると沢山の穴が.その中にはかなりの割合
で二枚貝(穿孔貝)が潜んでいた.カモメガイかな.