「エゾシモフリスズメ」タグアーカイブ

2016/07/25~31 料理・蘭・昆虫

~2016年7月25日から31日までの記録~
<料理>
箸交換

塗装が剥げて傷んできた箸(上)を、新しいもの(下)に新調.
料理
久しぶりにイワシの刺身を...このイワシは脂がのっていて美味であった.
※この週は旅行へ行った事もあり、料理はこの1回のみ.

<植物>
Coel.pandurata植替1 Coel.pandurata植替2 Coel.pandurata植替3
セロジネ・パンデュラータ 新しい芽が明らかに鉢をはみだしているので、
適期ではないかも知れないが植替えを敢行した.根鉢の状態は良好だったので、
古いバルブの幾つかと、その付近の根鉢をのこぎりで切り離し、水苔を巻いて
一回り大きな鉢に植え込んだ.
Coel.pandurata植替4

セロジネ・オドアルディ セロジネ・オドアルディ
新芽が動き出したと思ったら、どうやら花芽らしい.購入時からの葉は健在
で、状態は悪くなさそうなので、咲かせてみることに.

Den.falconeri新芽 デンドロビウム・ファルコネリー
水リッチ化の効果が現れたか?新芽が伸びてきている.

ヒガンバナ植付1 これはHCで購入したヒガンバナの球根.
ヒガンバナ植付2 1球を選び、わざと埋めずに地上にセット.
これは、ある実験の為.目的は後程…

[他] ミルトニオプシスの交配種、株元から枯れ込んできた.栽培を断念する.

<昆虫>
[ノコギリクワガタ]
ノコギリクワガタ卵 材交換
最近、♀が餌もろくに食べず地下・地上を動き回っていたので、もしやと思い
ケースを下から覗くと卵が一つ見えた.ケース内の朽木も調べてみるともう
一つ見つかった.
朽木を交換し、次の日ケース下を覗くと卵が更に1個増えていた.
これは期待.

[オナガミズアオ]
オナガミズアオ孵化(1日目) オナガミズアオ孵化(2日目) gnoma_16.07.31-1
7月29日、3頭が孵化し、翌日には全部で9頭になった.残り1個は、卵に穴を
開ける所までいったが、途中で力尽きたようだ.
(右画像)右の個体は左の個体より1日前(7月29日)に孵化.一日遅れの個体に
比べかなり大きい.

7月31日午後、2頭が眠.

-8月1日補足-
エゾシモフリスズメ幼虫
袋田にて、コブシと思しき木の枝で見つけたエゾシモフリスズメ幼虫.
生憎ヤドリバエに入られているようであった.

2015/08/24~30 料理・植物・オナガミズアオ

~2015年8月24日から30日までの記録~
<料理>
料理
旬のサンマは甘味も感じる?気温が下がり、食欲は回復傾向に.

<植物>
カトレア
ミニカトレア.今回の蕾はしっかりシースに収まっているようだ.

キリタ・タミアナ開花
キリタ・タミアナが開花.会社で鑑賞に供すことに.

レリア新芽 レリア・アンセプス
春に出た新芽は蕾を持っていなかった.現在、枝分かれしたもう一つの匍匐茎
のバルブから別の新芽が伸びてきている.

オオヤマレンゲの子
千葉の蘭園よりモクレンの苗を得る.大きく育てる事ができたらある計画に使用
予定.
※同園のオオヤマレンゲにできた種が由来だが、モクレンの類は自家受粉を避ける
仕組みがあるので、この苗は一応「モクレン」としておく.

 

<オナガミズアオ>
2ボトルへ変更 gnoma_15.08.26 4齢眠
(8月25日)鉢から切り枝による飼育に変更.

gnoma_15.08.28 gnoma_15.08.29
(8月28日)1頭5齢(終齢)に.他の4個体も全て眠に.

gnoma_15.08.30-1 gnoma_15.08.30-2 gnoma_15.08.30-3
(8月30日)
左画像:脱皮間近の4齢
中画像:脱皮直後、腹側から
右画像:時間が経ち、瘤に黒い縁取りが現れる.

全ての個体が5齢となる.程度に多少の変動はあるが、全ての個体の大きな
瘤の周りには、はっきりと黒い縁取りが現れた.
要因は何だろう?アサハマはここ最近の涼しい気候が関わっていると予想
(即ち、気温が低い程縁取りが出易くなる.それは何故なのか?そもそも、
縁取りの出る・出ないにはどのような意味があるのかは今の所見当も
つかない).
3ボトルへ変更
ボトルを3つに増やす.一番右のボトルは1頭のみ(一番最初に葉に移した
個体).