asahama

asahama について

日立市在住の一サラリーマンをやってます. 制限ある空間で、一癖、二癖ある、しかし魅力ある生き物達を どうにかこうにか上手く育てられるよう知恵を絞る(大袈裟^^;) のが趣味です.

2020/09/11~13 トビイロスズメNo1潜る

9月11日

9月12日

(7:45)No1、昨夜から葉を食べずひたすらじっとするようになった.少し痩せたようにも
見えるし、体の透明感も薄れ、白っぽくなったような…遂に「あがり」か.No1が終齢に
脱皮したのは9月3日.それから9日程を費やして食事期間を終えるようだ.ミズアオより長い.
No2はもりもり食事中

18:00頃

ただひたすらじっとするのみだったNo1.胸部を膨らませたり、口を大きく開ける等の
「あがり」を迎えたと見られるアクションを確認.この後すぐワンダリングに移るものと
思いきやこの後また静止を決め込み、この日は結局新たな動きなし.

9月13日

お昼頃、外出から帰ってきて見ると、No1はケースの底に降りて歩き回っていた.すぐに
新たなケースを用意し、湿した水苔を敷いた.
潜りっぱなしではなく、しばらくの間出たり入ったりを繰り返し、その内出てこなくなった.
No1、地下生活の始まりである.

2020/09/09~13 オナガミズアオNo1~No4営繭

9月9日

末っ子、昨日の内に5齢(終齢)に脱皮.
他の4頭はこんな感じ.ぱつぱつ.

9月10日

「あがり」→逃亡 対策

この日の夜、1頭が「あがり」を迎えた.asahamaの睡眠負債防止策として、まだ静止して
いる段階の幼虫を枝ごと切り取り、繭用ケースに収めてみた.結果は成功.しかし難点が.
幼虫が静止する枝に、餌に耐えうる葉が何枚か着いている場合、その葉が餌として使いにくく
なる.枝採りはなるべく少なく抑えたいのでこの点はちょっと悩ましい.

9月11日

2頭「あがり」を確認.

9月12日

未明

見づらいけど、ガットパージ中の幼虫.第三腹脚より後ろを枝から放し下に向けてのけぞって
いる.

昼過ぎ

9月13日

No4を繭用ケースに移す際、良い葉が何枚かある枝に静止していたので、予めケース
には移さず、従来通り見張って移す作戦をとったが、うっかり寝過ごしてしまう.
逃亡を許してしまう所であったが、起きる予定時刻を事前に伝えていた妻のフォロー
に助けられ、幼虫の様子を急いで見に行った所、ガットパージを丁度し終えていた
所でありセーフであった(予想よりタイミングが遅かったのも幸いした).

残るは末っ子1頭のみ.長かったミズアオのシーズンもそろそろオフに入る.

2020/09/07~13 料理

9月7日-夜

妻作 鶏肉・大根の煮物、もやしのナムルのご飯.安定の美味しさである.

9月8日-夜

妻作 おからハンバーグのご飯.鶏のひき肉を混ぜる事でハンバーグがしっかりまとまった.

9月9日-夜

エビとブロッコリーの卵炒め(豆乳味噌汁:妻作).エビの味の決め手は下処理+にんにく.

9月10日-夜

妻作 鮭のバターソテー+ラタトゥイユのご飯.鮭+バターのレシピを食すごとに秋の足音
を感じる?

9月11日-夜

クリームシチューonライス.色のメリハリを持たせるため、ライスはターメリックライス
とした.※自分用メモ:シチューの水は次回300mlで作ってみる.

9月12日

妻作 鱈の塩こうじスープ.これはまさにお鍋.季節を先取りである.

9月13日

妻作 ハム・きゅうりのトースト.きゅうりは一人1本分使用.トーストの香り、甘味
も相まり食べ応え十分.

妻作 チキンラーメン.今は即席麺も進化を遂げ、生麺に近いものも出ている中、この食感
は懐かしさを覚えた.

2020/09/05~06 ウチワヤンマ卵入手~孵化

9月5日

9月6日-孵化確認

見覚え*のある粒が動いているなと、取り出して確認するとやはりウチワヤンマであった.
*ウチワヤンマは過去にも卵から飼育した事があった.
(16:52)イトミミズを投入したのは15:10頃.1時間40分経つが、イトメの分散はこんなもの
だっただろうか?ひょっとして黒土100%は潜るのによろしくないのか!?
心配になったasahama、余計なおせっかいかも知れないが、イトミミズの生息地では
きっと砂も含まれているだろうと、水道水ですすいだ海砂を投入してみた.

→(18:03)結構ばらけてきたかな.

2020/09/06 イネ近況

「カメムシ」はまだ来てないが・・・

イネの穂に褐色の点々がついている.籾にはカメムシの姿はないので変だなあと思って
いたら、籾に紛れてウンカが沢山付いていた.どうやらこやつらの排泄物が籾を
汚しているようだ.(やはり?)カメムシ目がついていたか.すばしこくて摘み取れない
ので穂をゆすったりしごいたりして払い落とす.


2020/09/02~05 イラガ営繭

9月2日

枝の交換時

イラガの食べ跡.ミズアオよろしく葉柄の所まで食べきる.野外でこんな食べ跡を見つけて
も、それはヤママユ類、スズメガ類ではなくイラガ類と.いう事もある訳だ.
棒でつついて無理矢理新しい枝に移したせいか、落ち着きなく歩く幼虫.歩いている間は
小さな頭を出していて可愛らしい.
むちむちの腹側も好ポイント.
一枚の葉をうろうろ.
食事再開.やはりフードで頭を隠す.むしろ、このフードは食事の際、葉をがっちり固定
するのに無くてはならないのかも知れない.他のイモムシの胸脚のような位置づけで.

9月4日

早朝、何と行方不明になり、周囲を慎重に探した所何やら小さな物音が.調べるとカゴの縁
にイラガはいた.体は幾分縮んで、色合いも薄い黄色味を帯びている.暫く見ても移動を
せずもぞもぞしている所を見ると、どうやらここで繭を作るつもりらしい.(5:55)
これは丁度腹側を見せている所、繭は思ったより大分形になってきている模様.(7:07)
棘が繭に収納されてきている.(7:11)

ここで一度タイムアップ.続きは帰宅後.

恐らく頭側(向かって右側)が茶色の固い繭が完成した.