2022/10/16 カナブン幼虫近況

1.葛の葉を処理

1週間前に採取しベランダで乾燥させていた葛の葉を刻む事に.前回は鋏でひたすら刻んでいたが、100枚余りの葉を鋏で処理するのはあまりにもしんどい.他に良い方法はないものかと目に留まったのがハンドシュレッダー.
試しに1枚処理してみる.おお、いい感じ.
100枚余りの葉はスピーディーに粉々に.
刃の様子を確認.頑丈な葉脈の一部が絡みついたようだが大した事はない.ピンセットで除去.
十分な量の葛の葉シュレッダーダストが出来上がった.
シュレッダーの刃をよくみると、刃の傍に紙が圧縮されたような体でこびりついている.刃に接している紙を調べるとどうやら元シールだった模様.シールは厄介だな.他の紙に貼り付けた状態にし、粘着面をなくした状態で今度は投入するとしよう.

2.葛の葉ブレンドのプラケース確認

「葉っぱは生っぽかったし、途中大量の微生物が沸いたようだし、ひょっとして全滅したのでは?」と心配したが育っている個体がごろごろ出てきた.

下の方には糞が沢山.マット約半分を入れ替え.新たに投入するマットには今回刻んだ葛をブレンド.
万事いい感じかと思いきや、8頭入れた筈なのに6頭しか出てこない.後の2頭は死んだか食われたか.大きい個体の体長は4cm強であった.

3.腐葉土のみのプラケース確認

こちらは7頭出てきた(実験開始時8頭).しかし、葛の葉ブレンドの方と比べると全体的に体の脂肪分は薄いようで、発育は遅れ気味のようである.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA