2021/05/16 オナガミズアオ2齢へ

昼過ぎ、次々脱皮

昨日まで使っていた枝は切り口をさらに詰めても持ち直さなかった
ので、仕方なく新しい枝を採ってくる.根元から葉までの距離が
妙に長いのはそこに実や雄花があった事による.
この種の枝は、ひょっとすると切り花延命剤は向かないのかも.
(以前もやってた事があったけど改めて)今回からは添加を漂白剤のみ
にして生けてみる.

13時頃脱皮を初確認.

しかし、こちらはもう少々早く脱皮していた模様.

この日は6頭の脱皮を確認した.尚、成長リズムに変調を来すは避けたいので、
夜間の、特に卵~若齢幼虫の照明を用いた観察は行っていない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA