2021/04/17 フィールド(諏訪-鮎川渓谷)

見つけた花たち

ムラサキケマン
ヤマブキ
クサイチゴ
テンナンショウ
ウツギ
オオイヌノフグリ(曇天の為閉じている)
ニワトコ.「この花の一つ一つがもっと大きかったらさぞかし見事
だろう」とちょっと思ったが、野生の花を楽しむ時はこちらから歩み
寄るものである.と自分を戒めた.
モミジイチゴ
コクサギ(雌花)
アオキ(雌花)

タネツケバナのような、でもより大柄.オオバタネツケバナかな.

カキドオシ
地面にたくさん落ちていたツバキの花
アオキ(雄花)
ヒメオドリコソウ
野外に蔓延らなければ結構人気があったであろう
ハルジオン.
多分ヘビイチゴ
オオジシバリかな
コウゾの雌花と雄花

同じ種類っぽいスミレでも、場所によって結構表情が異なる.

かみすわ山荘で咲いていたサクラ類

花の他にも幾つか

多分ゲンノショウコ
岩肌には「コケ畑」
はて、この特徴的な葉はいつか見たことのあるような.
と調べてみたらミズヒキの模様.なるほど.芽生えの頃
はこんな姿なのか.
よく見かけたダイコンソウのロゼット
地衣類の「華」
あいにくの空だったけど、若葉は変わりなく映える.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA