2020/09/09~13 オナガミズアオNo1~No4営繭

9月9日

末っ子、昨日の内に5齢(終齢)に脱皮.
他の4頭はこんな感じ.ぱつぱつ.

9月10日

「あがり」→逃亡 対策

この日の夜、1頭が「あがり」を迎えた.asahamaの睡眠負債防止策として、まだ静止して
いる段階の幼虫を枝ごと切り取り、繭用ケースに収めてみた.結果は成功.しかし難点が.
幼虫が静止する枝に、餌に耐えうる葉が何枚か着いている場合、その葉が餌として使いにくく
なる.枝採りはなるべく少なく抑えたいのでこの点はちょっと悩ましい.

9月11日

2頭「あがり」を確認.

9月12日

未明

見づらいけど、ガットパージ中の幼虫.第三腹脚より後ろを枝から放し下に向けてのけぞって
いる.

昼過ぎ

9月13日

No4を繭用ケースに移す際、良い葉が何枚かある枝に静止していたので、予めケース
には移さず、従来通り見張って移す作戦をとったが、うっかり寝過ごしてしまう.
逃亡を許してしまう所であったが、起きる予定時刻を事前に伝えていた妻のフォロー
に助けられ、幼虫の様子を急いで見に行った所、ガットパージを丁度し終えていた
所でありセーフであった(予想よりタイミングが遅かったのも幸いした).

残るは末っ子1頭のみ.長かったミズアオのシーズンもそろそろオフに入る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA