2020/05/25~31 オナガミズアオ成長中

5月25日

4齢に
(6:22)1頭4齢現る
オナガミズアオはボトルを2つに増やす
オナガミズアオのボトルは2つに増やす.

5月28日

ある個体の体長4cm強
全員4齢に.ある個体の体長4cm強.やはり大きな3齢から生じた4齢は終齢の気配である.
その個体は「BIG3」と名付ける事にしよう.

5月29日

そろそろ眠の4齢
2頭目、3頭目眠

5月30日

5月31日

皮は、体の真ん中辺りからずれ始めている事が分かる.20秒間隔で撮影したが、もっと短い
間隔でよかったかも.
脱皮後しばらく前ならえ
脱皮後の幼虫は決まってしばらく前ならえをする.皮膚の硬化を待っているのだろう.
「ヤシャブシ」を食べている
5月30日に交換した枝はどうやら「オオバヤシャブシ」ではない「ヤシャブシ」の感じである
(枝や葉柄等に毛が沢山生えている.裏面の独特のてかり.側脈の本数 からして).しかし、
BIG3および5齢1頭目は問題なくこの葉を食べている.
いつも飼育なら好んで食されないヤシャブシ.何故、今回の飼育では食べているのだろう?
もしかすると、同じオナガミズアオでも、ヤシャブシ節にも適応した一群・ハンノキ節にのみ適応
した一群がいるのかも知れない.昨年より前の繁殖では東海村で得た雄を用いる事があった.それ
が幼虫の嗜好性に影響を与えたが(東海村の個体群はハンノキ節で育つ.即ちヤシャブシ節を
好まない?)、昨年は一年を通じて日立市の雄を用いて繁殖できた事で、ヤシャブシ節を問題なく
食べれるようになったのかも.もしそうだとしたら、asahamaは昨年まで日立市のオナガミズアオ
の一群に悪い事をしていたかも知れない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA