2019/03/31 オナガミズアオ籠工作

籠は下向きに開口させたい
いつも、羽化した♀はこのような籠に入れて生息地へ連れて行って♂を待っていたが、これまでの
籠は、開口部が横を向くようぶら下げていた.♀は籠の天井からぶら下がる傾向にあり、籠が横向き
であれば、必ず掴まりやすいメッシュ部が天井に来るからだ.
しかしその方法では、飛来した♂がなかなか籠に入ってくれない問題があった.♂は大体籠の下側
からアクセスしようとするのだ.

で、籠の向きを開口部が下を向くようにぶら下げれば良いのだが、このままでは♀はつかまりにくい
籠の底の面(メッシュでない面)にしがみ付くことになる.また、この籠はそのままでは開口部から底まで
の距離が不必要に長い気がした(♂がちゃんと下から回り込めるだろうか...^^;).
ならば籠の内部に1枚メッシュを張れば解決するか?という事で工作を開始する.
別のメッシュを調達
小さな目の粗い洗濯ネットを調達.
分解
このメッシュは切りたくないので、まずは留めている糸を外していく....つづく.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA