2019/08/26~09/01 オナガミズアオ孵化

8月26日

カゴに産み付けられた卵
前の晩に、親は神峰の夜空にふんわり舞い上がっていった.そしてカゴに残された卵.

8月31日

最近、卵の「目」を見ずとも、上のような図でどの位置に「目」があるのか判るように
なった.ヒントは、より平らな位置である.
枝着け準備
卵は全部で25個あった.10個、10個、5個で枝着けセットを作製.手元には10個セットを一つ
残す.尚、カゴから卵を外す際はわざわざ水に濡らす必要が無い事が判った.
飼育環境準備
飼育環境を準備した.

9月1日

孵化はじまる
5時30分頃、孵化が始まった. 慌てて撮影の準備を行った.

この日卵は7個孵化.残りは3.

食事中の1齢
食事する1齢.今度の枝にはちゃんと食いついてくれている模様.
インターバル撮影 (30秒1コマ)
羽化器3代目
現在の羽化器でも特に障害は無いが、強いて言えば以下3点が気になっていた.
・カバーの付け外しが少々しにくい
・カバーを外した後の成虫が観察しにくい
・夏型の雌において、いつものポーズをとった際、前翅の先がカバーに当たり、僅かに変形
 する(飛翔に影響は無い)
そこで、新しい羽化器の内部パーツを作ることにした(今の所、カバーの方は改善策が
見つからない).上の写真のものが試作したもの.次の羽化時期に、試しに2個使い様子を
見る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA