2019/07/22~29 オナガミズアオ成長中

7月22日

まさか死んだ?
今回与えた餌への食いつきがいまいちだなと思っていた矢先、朝の事、ボトルの枝挿し込み口
付近でつついても動かない個体がおり、さらにつつくとポロリと下へ落ちた.
当時は死んだものと確信し、帰宅後お別れしようかと思っていたのだが、果たして帰宅すると
その姿はどこにも見当たらず.妻に尋ねてみたら動いていたので枝に戻したとの事.
そんな事もあるのかといたく感心した.
しかし、当面は大事をとり、生息地へ放していた1個体を自宅に戻して6頭体制で飼育を
することにした.
落ち着かない幼虫
それはそうと、より良い餌が必要と判断.孵化2日目にして別な樹の枝を用意する事にした.
左が新しい枝
左の枝がそれ.より「オオバ」っぽい枝をチョイスしたがどうだろう?

7月23日

食べ進んだ葉
一晩置いた結果がこれ.十分気に入ったようだ.
ヤシャブシの葉の食べ痕
一方こちらはあまり食べなかった方の食べ痕.丸一日かかってこの程度ではなぁ.

見た目に違いはないか?

食べなかった方の葉の縁
葉を横から見てみる.あまり食べなかった方は縁が波打っている.
よく食べた方の葉の縁
一方、こちらはよく食べた方の縁.波打ちが見当たらない.

あまり食べず、そして縁が波打つのはやはり「ヤシャブシ」ではないかと見ている
が、一方、葉が波打たない方は常に「オオバヤシャブシ」なのかはもっと情報が
必要だ.

よく葉を食べる1齢
1齢幼虫が落ち着いて葉を食べる様子を見るとやはり安心する.

7月24日

大分成長した1齢
3日目にしてかなり成長した.そしてこの日大部分の個体が眠に入った.

7月25日

脱皮したての2齢
2齢現る.

7月26日

ポーズを決める2齢
ポーズを決める2齢.個人的には、何度も言うが2齢の姿が一番恰好いいと思っている.
上の個体、多分末っ子
上の個体は多分7月23日に復活を遂げた個体だろう.
頭を振って散歩.

7月27日

眠に入った2齢
昼過ぎには5頭が眠に入った.

7月28日

3齢へ脱皮.

間もなく眠
末っ子も間もなく眠
ポーズを決める3齢
ポーズを決めている.黒の縁取りが大人しめの個体

7月29日

末っ子も含め全て3齢になった.成長の進んだ1頭を生息地へ放した.

オオバヤシャブシ落葉
この(多分)オオバヤシャブシの枝は採取から1週間 経つ.幸い萎れはまだ無いが、それでも
くたびれているのか落葉が始まってしまった.新しい枝を準備.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA